読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

お盆ちょい前に金沢行った話

旅行

金沢行った話を書きます。
仕事でやってた案件が諸々の事情で一ヶ月半程度後ろだおしになって、急に暇になったので、
急に四連休がとれそうになったので、じゃあなんか金沢とかいってみようかと思った次第。

北陸新幹線

「はくたか」と「かがやき」という2つのタイプがあるそう。
f:id:st43:20160814100437j:plain
↑これがかがやき

自由席があって、途中駅で止まるのがはくたかで、全席指定席かつ途中駅を飛ばすのがかがやき。
今回僕は行きをはくたか、帰りをかがやきで行きました。
自由席で乗ったときは、マジで座れなかった。
車両と車両の連結部分に一時間ほど立ってたんだけども、
(なぜ旅行なのにこんな通勤電車みたいな目に……と思いながら)
軽井沢まで行ったところで突然客がおりだして、奇跡的に座れた。

交通事情

金沢駅自体はものすごい立派な駅だし、バス・タクシー・レンタサイクルなどなど交通インフラは充実している。
f:id:st43:20160814205341p:plain

初日は「まちのり」というレンタサイクルを使った。
金沢レンタサイクル「まちのり」
基本料金が200円かかって、街の各所に駐輪場があり、
30分以内に返すと無料、30分たつと、そこから30分ごとに200円という料金体系。
タクシーを使うこととか考えると、普通に良心的だと思う。

まあただ金沢は街全体がコンパクトなので、普通に歩いて行動できることに二日目以降気づいてしまってからは、あんまりレンタサイクル使わなかった。
レンタサイクルのデザインが一目でレンタサイクルとわかるようになっねいるので、かなり恥ずかしいというのもあった。
暑かったのでバスは使ったけども、春秋の観光であれば歩けばいいと思う。
金沢駅→近江町が10分程度。
近江町→片町が15分程度で、片町→21世紀美術館が10分程度の感覚だった。
市内観光であればバスで十分だろう。
片道200円程度。

宿事情

お盆の時期だったしえか、とにかく宿がとれなかった。
初日は片町ツアーホテルに泊まった。
travel.rakuten.co.jp
なんてことはない繁華街に隣接したビジホ?なんだけども、ここですら8000円くらいだった。
本気で飲み屋街の中にあるホテルだけども、意外と静かだった。
二日目はアパホテル片町に泊まる。
ここも8000円くらいだったかな?
アパホテルに泊まるのははじめてだったけども、本気で部屋が狭かった。
けれど、ベッドはすごい寝やすかった。
総合的な満足度はすごい高かった。
アパホテル片町にはアパホテル名物らしい大浴場がないので、注意。
(金沢はアパホテル三つあって、金沢中央と金沢西口には大浴場がある)
三日目は金沢駅前の東横インに泊まった。
東横インに泊まるのもなにげにはじめてだったが、まあ普通のビジホって感じ。
いずれの宿にせよほぼ満室だったので、金沢の宿事情は結構逼迫してんなあと思った。
交通インフラに関しては、官製でめちゃくちゃ整備されているが、宿に関しては完全にキャパオーバーな気がした。

飯事情

とりあえず近江町で海鮮丼か廻鮮寿司を食べると幸せになれるらしい。
matome.naver.jp
このNaverまとめを見ていったのが、以下の2店舗。tabelog.com
金沢近江町市場 山さん寿司 本店 | 北陸自然の恵みが全て集まる金沢近江町市場で60年の老舗寿司屋「山さん寿司本店」のホームページです
時間帯にもよるだろうけども30分〜1時間は確実に待つので、その覚悟は持っていくべき。
f:id:st43:20160813122928j:plain

観光事情

兼六園
f:id:st43:20160811152231j:plain
f:id:st43:20160811152545j:plain

二十一世紀美術館
f:id:st43:20160811163515j:plain

まとめ

やっぱ新幹線が通るってすごいんだなあって思いました(小並感)。
(了)

ポケモンGOと他人の行動を規制できると考えている日本人の傾向について

論考

7月22日にポケモンGOが日本でも配信が始まった。
近所の公園とかマクドナルドとかにスマホ片手にした老若男女が集まっている。
歩きスマホが懸念されているが、実際は不自然な位置に立ち止まってスマホをじっと弄る奴が大量発生している。
都内のレアポケモンが出るスポットでは、こんな光景が発生した。
(ちょっとサイバーパンクっぽい雰囲気だ)



今後予想されること

ちょっとした社会現象になっているが、一部では懸念があがっている。
www3.nhk.or.jp

多分日本で最初に配信されてたら、もっと批判は大きかっただろうけど、
アメリカで一度流行らせてから日本に輸入されてきたので、まだそんなに批判されていないような印象だ。
ただこれだけ社会現象になると、批判し始める人も増えてくるだろう。

他人の行動を規制できると考えている日本人の傾向について

なぜ日本人は何か問題が起きると、すぐに規制しろと訴えるのだろうか。
何かを規制するというのは、よっぽどの理由がないといけないと僕は思う。
我々は憲法が国民の自由を保証している国に生きているはずで、
殺人や人身売買など、犯罪行為でなければ、基本的には何をしてもいいはずだ。
時代によっては、酒やら貿易やらも規制がかかっていた。
最近ではドローンが規制されたが、日本という国は何か問題があるとすぐに規制をかけることで対応しようとする。

なんで日本人がこんなにすぐ規制をかけたがるのかについて、いくつか理由を考えてみた。


1.元々自由権が欧米から輸入した概念で、歴史を通じて培ったものではないから
 江戸時代はガチガチの相互監視の元に社会が成り立っていた。
 明治維新で、大日本帝国憲法が出来たが、日本人の精神は陰湿な村社会のままなのではないか。

2.人口密度が高いから
 土地が狭くて、人口が密集しているので、他人の行動が気になるのかもしれない。

3.メリットとデメリットを比較する文化がなく、空気で物事が決まりがちだから
 何かを議論するときに、メリット/デメリットをちゃんと検討して、
 デメリットがこれだけ上回っていて、規制する以外にいい手段がないので、仕方ないから規制をかけよう、というのではなく、
 「こんなヤバいことが起きてるんです! これはもう規制しないと世論が納得しません!」みたいに強硬に主張する人がいて、
 その人に賛同者がたくさんいて、規制すべきじゃないかという空気になると、それだけで規制がかかってしまう。
 (これはどちらかというと政治の問題なのかもしれない)

まとめ

日本は何か問題があるとすぐに規制かけようとする傾向があるけども、
1.歴史的理由
2.地理的理由
3.政治的理由
の3つがあるのではないか。
何にせよ、ポケモンGOを規制する流れになるのであれば、全力で反対です。*1
(了)

*1:Ingressはどうだったのか。ユーザーが少なかったからいいのか

ソースコードは書いた瞬間にブラックボックス化していく

IT

最近仕事でブラックボックスになったシステムをどうにかするみたいな流れになっている。
そんな流れで、システムのブラックボックス化について考えたことのメモ書き。

  • ソースコードは書いた瞬間にブラックボックス化していく

新規システムは、開発というフェーズが必要となる。
誰かがプログラミングして、ゴリゴリ開発することになるんだけども、
その瞬間に既にブラックボックス化が進行していく。
今日書いたコードは明日には忘れていくし、一年後には他人が書いたようにすら見える。
開発者の中で忘れていくプロセスがまず存在する。

次に、システム会社の中で、人の流れがある。
仮にソースの中身をよく知っている人間がいても、転職やら異動やら定年退職やらで、いなくなってしまう。
その人が後輩にきちんと引き継いでいるのであればいいけども、
たいていの企業で開発や運用について成果をあげれば評価されるが、
引き継ぎは評価対象になっていないので、おざなりになってしまう。
blog.stm43.com
そのあたりの問題についてはこの記事を参照。

  • コードを書くべきではない

インターネットでこういうことを言うと怒られるんだろうけども、
長年使うシステムであれば、なるべきコードを新規に書くべきではない。
(もちろん書くことと書けることは別だが)
既存のモジュールを使うとか、DRY原則を守るとか、オープンソースを活用するとか。
ただ新しく書かかないで、既存のコードをコピペし続ける文化が定着すると、
新人が全然技術力つかなくなるので、そこは気をつけた方がいい気がする。

  • ドキュメントは銀の弾丸ではない

ブラックボックス化したシステムでよく使われる解決策として、ドキュメントを整備するというのがある。
もちろん最低限の設計書・手順書がなく、属人化した運用がなされているのは論外だけども、
だからといってドキュメントをガワだけ整備することにあんま意味は無い。
IBMとかOracleとかMicrosoftとか一応ドキュメント用意してくれてるけど、
そのドキュメントを見たら余裕でシステム開発できるかと言えばそんなこともない。
だいたい教科書があれば知識の継承が100%完了するのではあれば、学校教育は要らないだろう。

知識の継承において、ドキュメントが整備されていることは一つの条件でしかない。
実際はわかっている人が、わかってない人に教えることが必要だったりする。

以上、最近思うことをとりあえず文章にしました。
(了)