読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

「メジャーはバントしない」は本当か

2017年4月からようやくメジャーリーグを真面目に見始めた。
その中で長年自分の中で疑問だった、「メジャーはバントしない」説について、一つの見解が得られた。

普通にメジャーでもバントはする

僕が見ているのはヤンキースの試合だけだけども、普通にバントしている
「メジャーリーグではバントなんて普通しない」は完全にウソ。
全然バントはする。

どういうときにバントするか

ただ日本のプロ野球と違うのは、
「ノーアウト一塁orワンナウト一塁になったら、確率論的にバントで二塁に進めた方が得点する確率はあがるので、送りバントすべき」
という、送りバントのセオリーというのが存在しない。
僕が見る限り、メジャーリーガーがバントを使うケースは、
・ランナーなしから、ファースト/サードの位置的にこれならセーフティバント決められるという状況
・ナショナル・リーグルールのときのピッチャーの打席で、ランナーが一塁にいるとき
とかだった。
正確に言うと、「送りバント」というセオリーだったら、確かにメジャーにはないように見える。

なぜ送りバントがないのか

これをもって、「じゃあ送りバントなんてやっぱムダに相手にワンナウト献上するだけやん!」と思うのは早計である。
メジャーとプロ野球の一番の違いは、バッターの実力・意識にあるのではないか。
メジャーは年俸が桁違いに高いというのもあるのか、下位打線といえども、
普通にフルスイングして、ホームランを打つことが期待されているし、そういう選手がレギュラーに選ばれている。
2013年の報道ステーションでの、ダルビッシュと工藤公康との対談で、下記のようなダルビッシュのコメントがある。

全文表示 | ダルビッシュ「報ステ」インタビューが反響 「ちょっとみんなマー君持ち上げ過ぎじゃないかな」 : J-CASTニュース

また、大リーグでは、バーランダーのような名投手に対しても、打順が下位のバッターまで本気になるとダルビッシュ有投手は言う。チームメートで8番打者のソト選手が「今日ホームラン打ったる」と公言したのを聞き、実際実現したこともあったとした。だから、逃げようと思うようなことがあれば、やられてしまうというのだ。

ダルビッシュの所属するレンジャースは、ナ・リーグなのでピッチャーも打席に立つが、ア・リーグだとDHがあり、
本当に一番から九番までホームラン狙いでガンガン振ってくる。
下位打線であってもホームランが打てるポテンシャルを持っている選手で九人バッターを並べたならば、送りバントをする必然性はどこにもない。
これがメジャーに送りバントがない理由だと思った。

日本が学ぶべきこと

日本人がメジャーを見て学ぶべきことは、短絡的に送りバントは悪だと思うことではなくて、
ヒットを打てる期待値がどのぐらいならバントさせるべきかという、合理的な判断を下すことだろう。
日本だと二塁手、遊撃手あたりは守備のスペシャリストみたいな扱いになることが多く、打てなくてもいいや、となりがちである。
それなら、たしかに送りバントさせた方が合理的だろう。
今のプロ野球だと、二番バッターだから一番が出たら送りバントするのが基本とか、わりと思考停止する傾向がある。
実況解説を聞いてても、「オッここはバントさせずにヒッティングでいきます」みたいなことを実況が言って、
失敗したら解説が「確率論で言えばやっぱ送りバントなんですよね」とか言うのがお決まりの流れになっている。
「日本人は非力なので送りバントしたほうがいい」というのは、十年前くらいならそうだったのかもしれないけれど、最近のプロ野球選手のフィジカルは強くなっている。
進んでいる高校では、高校時代からウェイトトレーニングをしている。
大谷翔平を代表として、ルーキーの身体能力は確実に向上している。
いつか「送りバントさせるくらいなら打たせろよ」という意見が、正論になるときがそう遠くなく来るのかもしれない。
(了)

ブログを生活のために書く奴のせいで息苦しい

cild.hatenablog.com
という記事を見て、やっぱ今のブログ界隈には違和感があるなと思ったので書く。

「今日はブログ書きます」と宣言して書かない人

Twitter見てると、「今日はブログ書きます」って宣言して、書かない奴が結構いる。
別にそれ自体はいい。
書こうと思ったけど結局眠くなって寝て、書かなかったよー。以上終了。
けどなんでそもそも「ブログ書く」なんて宣言するんだろう。
宣言する意味ある?
書きたければ書けばいいし、書きたくなければ書かなければよくない?
そんなにブログ書くの、立派なことではないよ?
会社に行って一日働くとか、大学の講義行ってちゃんと物事を考えたとか、
実家帰って親を温泉連れてったとか、そういう方が立派だと思うが、
ブログ書くことはそれと同ランクか、と言われるとそうではないだろう。

アフィリエイトの存在

2017年のインターネットがなんでこんな最悪な感じになったかというと、間違えなくアフィリエイトがそれなりに収益稼げるようになってきたからだろう。
「ブログで食う!」みたいなのは眉唾としても、
アフィリエイトで短期的に収益出すのは、昔に比べてすごい簡単になった。

僕自身は金儲け否定派ではないので、全体としてブログの質が上がっていって、
その結果優良ブロガーが金儲けて、それだけでメシ食えるレベルの収入になってもアリだと思っている。

WEBの質めちゃくちゃ下がってない?

DeNAのキュレーションの件でも思ったのだが、
単純にGoogle検索でヒットする情報の質は、ここ数年でものすごく下がったと思う。
ちなみにDeNAのキュレーション問題の第三者報告書↓
http://v3.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1450400&code=2432&ln=ja&disp=simple

何か特定のワードで検索すると、Googleの1ページ目にヒットするのは、
「◯◯(検索ワード)という言葉が近年流行っています。◯◯とはなんなのでしょう? ◯◯とは、(他サイト)によればこのように説明されています。
(中略)
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!」

集合知は結局衆愚に収束するのか

僕が大人になってしまっただけなのかもしれないけれど、
昔のインターネットはそれなりの集合知だった。
少なくとも集合知に近いものだった。
けど今は、衆愚そのものな気がする。
やっぱスマホなんだろうなとは思う。
大衆化そのものはいいけれど、それによって、これまで良質なコンテンツを提供してくれていた諸々が、
どんどんテレビみたいな、衆愚そのものに収束していくのが悲しい。
とても悲しい。
(了)

タイムズカーシェアを三ヶ月ほど使った感想

タイムズカーシェアを三ヶ月ほど使った感想つらつら書きます。

タイムズカーシェア知らない人向け

カーシェアとは何かとか、タイムズカーシェアとはとか、
そういう基本的なところは、公式サイトでも十分わかりやすいし、
色々解説してくれてるサイトがあるので、そちらを参照してほしい。

【わかりやすい提灯記事】
カーシェアリングならタイムズが断然おすすめ!使い方をわかりやすく解説する | SPOT

【使い倒した人の記事】
タイムズカープラスを使い倒して気付いたメリット・デメリット。カーシェアリングで得する使い方。 | KJ新谷のビジネス幼稚園

【タイムズカーシェアの好調要因など】
パーク24のタイムズカープラス、ただいまカーシェアリング市場で1人勝ち : 市況かぶ全力2階建
僕はこの記事を見て、興味を持った。

メリット

とにかくシステムが洗練されている。
会員カードをつくるときに、実店舗に行かないといけないのが少しめんどうだけど、手続きは10分もかからずに終わった。
車乗るときもすごい楽。
スマホアプリorWEBサイトで予約して、時間になったら車のトコ行って、会員カードあてたら乗れる。

システムが、ユーザーが望ましい行動をとったとき、
ユーザーに利益を与えるという、経済学的に正しい制度設計になっており、
ガソリンを給油したら15分割引(値段にして200円くらい)とか、すごく上手くできている。

あといろんな車に乗れるので、各自動車メーカーの比較ができる。
スズキの車はなんか色んな機器の場所が独特だな〜とか、もし将来的に車買うつもりなら、
どのメーカーが自分に合うかの参考になるかも。

デメリット

カーシェアという特性上、自分が乗りたいときに絶対その車に乗れることを保証してくれないのが一番のネックだろう。
たとえば休日の昼間は、当日予約しようとするとだいたい満車になっている。
また自分の前の利用者が返却時間遅れたり、事故ったりすれば、乗れないケースもある。
ゴルフ場行く朝の車とか、そういう時間がタイトなときは避けたほうが無難。
周囲に空きがあれば代わり探してくれるけれど、希望通りの車種ではないかも。

あと何回も使ってると、カーシェアのある駐車場と、自分の家に微妙な距離があるので、そこまで移動するのが地味にダルい。
自分の家の駐車場では感じないめんどうくささだろう。
だからといって、マンションの下にカーシェアがあっても、それ使うとなると知り合いに見られるかもしれなくて、
なんとなく嫌な感じがするだろうし。

安い?

15分206円という価格設定なので、1〜2時間の利用であれば、半端なく安い。
2時間で1,648円。
保険やガソリン代とか諸々込みで。
ただ実際のところ、車で2時間走ってじゃあ何ができるかって考えると、2時間以内でできることってあまりないし、
何かするんであれば、その何かする時間がかかって2時間じゃ到底足らない。
「チョイ乗り」ならたしかに安いが、普通に乗るとなると、レンタカーとそんなに変わらない料金体系になる。
でも、利用時間&走行距離&プランにもよるけれど、感覚的にはレンタカーのマイナス3000円くらいな感じ。
レンタカーの場合乗り捨てができたり、社員の人がその日乗れるように準備してくれたりする分、ちょい高くなってると考えている。
カーシェアも乗り捨てができると選択肢がグッと広がるのだが、現状厳しそう。

死ぬほど安い夜間料金

単に車走らせたいっていうだけであれば、夜間がオススメ。
18:00から翌朝9時まで使って、2,580円+距離料金(16円/km)。
僕もこの時間帯を有効活用したいのだが、未だできていない。
会社の飲み会で、終電逃してタクシー代わりに使って、翌朝9時までに駐車場に返してから出社、とかの使い方が便利な気がするが、
飲み会で酒飲んだ時点で車乗れないのでこの使い方はできない。
車中泊とかするんならいいのかな?
プライバシーが保たれる分、ネカフェとかよりはマシかもしれない……

終わりに

都内で車買う維持費がだいたい月三万くらいみたいなので、
タイムズカーシェアに月三万以内で消費するのは、割といいお金の使い方な気がする。
しかし都内、本当に車停める場所がなくて、どこもかしこも有料駐車場だらけなので、
仕方なく停めたりしたんですが、(路駐はもっと怖い)
たしかにこれは都市圏の駐車場ビジネス儲かるなあと思いました。
むしろ全然供給足りてないのでは。

昔は余った土地があったらアパートなりなんなり建てて家賃収入だったのが、
今は駐車場にして安定収入っていう時代っぽいんだけど、
何か人から金とる商売から、車から金とる商売にシフトしてる感じがして、地味に人口減少社会を感じるなと思いました。
(了)