四十三庵

蔀の雑記帳

2017年、刺さったマンガの感想を真剣に書く

心、死んでませんか?
心、死んでますよね?
そんな死んだ心に刺さる五作のマンガを紹介していきます。

※2017年といっても、僕が2017年に読んだというだけで、
 必ずしも2017年に発売されてるとは限りません。

東京五輪前の東京で、家を買うということ。---池辺葵「プリンセスメゾン」

未曾有の低金利政策により、歴史的な低金利となった日本。
住宅ローンの金利は、たとえばふらっと35なら1%前後。
マンションの価格は高騰を続け、一等地の高層階は一部屋億を超えることも珍しくない。

マンションの説明会には、将来の暖かい家族生活への夢でいっぱいになった、
小金持ちの若い夫婦がたくさん参加していた。
そんな幸せオーラに包まれた雰囲気の中で、主人公の沼越幸26歳は、一人で説明会に参加して、積極的に質問し続ける。
年収270万円で、居酒屋勤務。
彼女はなぜマンションを買おうとしているのか?
生活とは? 幸福とは? 家族とは? 人生とは?
衣食住の「住」という切り口から、もっと何か深いものを書こうとしている。
その深いものを、はっきりと言葉にはせず、あくまでマンガという表現の中で、淡く描いている。

「いつくるかわからない日を待つよりは、今のベストをつかみたいんです。」
f:id:st43:20171225205241p:plain
f:id:st43:20171225205101p:plain


浅野いにおのリアルと自己愛 ---浅野いにお「零落」

f:id:st43:20171225205457p:plain
昨日読んだばっかなんですが、エグってくるなあと思った。
主人公は青年誌で15巻くらいのマンガをスマッシュヒットさせた、三十後半くらいの漫画家。
(大ヒットではなさそう)
「おやすみプンプン」くらいの長さ。
てゆうかまあ「おやすみプンプン」。

次回作のアイディアはまとまらず、妻とも離婚寸前、アシスタントからは罵詈雑言を浴び、
編集者に相談しようとしても体よく断られてしまう。
そんな中風俗で、猫のような目をした、不思議な雰囲気の女子大生と出会う---

風俗嬢と主人公のやりとりが完全に村上春樹だったりするのはさておき、
ラストシーンで昔の彼女に罵倒されるところが好き。
漫画家というか、創作に人生を捧げた人間の深い業、終わることない孤独を感じた。


「私はいつも少し取り分がすくない方にいる」---鳥飼茜「先生の白い嘘」

ガンガンにジェンダーの話とスクールカーストの話が混ぜられて、
それが途中破綻すれすれになって、最後なんかきれいにまとまった感じだった。

blog.stm43.com
前に「地獄のガールフレンド」は記事書いたんだけども、
「おんなのいえ」と「先生の白い嘘」も書く!って息巻いてたが、結局一年たっても書かなかった。
やっぱこのレベルの連載を三つ同時並行はキツかったのか、「おんなのいえ」は結構ぐだぐだな終わり方だった気がする。
「先生の白い嘘」も途中でめちゃくちゃ危なかったが、最後盛り返した。
(玄関先で美鈴と新妻君が絡み合ってるのをミサカナが、
隠れて撮るとかいうレベルじゃなくて、普通にスマホで撮ってるシーンとか。「気づくだろ!」みたいな)

現実にいそうなキャラの妙なリアル感。
(最初の方は緑川椿っていうイケイケの女の子がいたが、現実感がなさすぎたため、作者の中でいなかったことになったらしい)

他のマンガはあらすじみたいなの書いてるんですが、
このマンガに関してはKindle版が一巻無料らしいので、それ読んでください。
リアルかどうかはともかくとして、美鈴と美奈子の歪んだ友情が好き。


河原で大阪の高校生がダベるだけのマンガ……と思っていた---此元和津也「セトウツミ」

あらすじとかは映画にもなったしドラマとかもやってるしいいですか?
皆知ってるよね?

このほど八巻が出て完結したんですけど、最終巻読んで完全に圧倒されてしまった。
伏線の張り方がエグすぎる。
瀬戸は間違いなくスーパースター。
部活で全国大会出たとか、バンドでなんかするとか、クリティティブなことするだけじゃなくて、
こういう風に何気ない会話を通じて、人を救っていく人間って稀にいるんだろうなあ。
あと登場人物のクセがすごい。


ムダにかわいい女の子の不条理ギャグマンガ---栗井茶「+チック姉さん」

今まで紹介した四作は「深い……」みたいな感想だったけど、
このマンガに関してはマジでただただギャグとして面白いので読んでほしい。

模型部(模型部ってなんだ……)の女の子三人を中心に繰り広げられる学園日常モノなんだけど、とにかくギャグセンスがいい。
ポプテピピックみたいな、かわいいいキャラがひたすらキレてるのがツボな人ならまずハマる。
メンヘラの佐々木さんとか、ホモで最強キャラの国木とか、美しさの人とか、みんなキャラが立っている。
このマンガの存在、面白いわりに、全然知らなかったんだけど、ヤングガンガンとかで連載されてるせいなのだろうか?

f:id:st43:20171225213907p:plain


あとタイトルだけ列挙

最近仕事のメールくらいで、あんまり自分の考えたことで文章書かないので、
(仕事はなんか「無」から何かを書いている)
このぐらいの長さの感想でも結構辛くなってきた。
最後に、感想なしで、読んだマンガをタイトルだけ列挙して終わろうと思う。
感想を書いてないからつまらなかったというわけではないです。
もっと暇だったらもっと色々書いていたと思います。
もしかしたら読んだの2017年じゃないかも
「ぼくは麻理のなか」
「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」
「いいよね!米澤先生」
「1日外出録ハンチョウ」
「インベスターZ」
「事件屋家業」
「かぐや様は告らせたい」
「課長島耕作」
「神々の山嶺」
「クズの本懐」
「食の軍師」
「東京喰種」
「東京喰種 :re」
「東京タラレバ娘」
「東京都北区赤羽」
「私の少年」
「闇金ウシジマくん」

最近思うんですけど、ある作品を誰よりも深く解釈したとか、
誰よりもたくさん作品を読んでるとか、そういうのを誇るんじゃなくて、
普通に自分が好きなものを好きなだけ、好きなペースで、好きな浅さ/深さで読むのが、一番楽しい気がしてきました。
それが人から見て浅いこともあり、人と同じこともあり、深いこともあり。
(了)

炭焼きレストランさわやか攻略法を考える

周回遅れ感はあるのですが、さわやかについて書こうと思います。

さわやかって?

静岡県にあるハンバーグ中心のファミリーレストランです。
基本的にハンバーグが美味しいですが、ステーキとかハンバーガーとかもあります。
(みんなハンバーグ食べちゃう気がしますが)

なぜ人気なの?

「これがきっかけ」というのは特にない気がします。
テレビで特集とかされてるんだと思うんですが、テレビに疎いのでよくわかりません。
何年か前から、地方ぶらぶらしてるTwitterのフォロワーとかが
「静岡行ったら必ず食う」「美味すぎる」みたいなこと書いてて、僕の中で認識はあったんですが、
最近の人気の加熱っぷりはすごいですね。

SNSとかを中心に、おたくどもから広がっていったんじゃないかな〜と思っています。

静岡に行く

さわやかに行く

ハンバーグを頼む

ハンバーグを写真撮ってTwitterなりInstagramなりにあげる

食べる

美味しい!

という一連の流れなのではないかと。

火付け役になったマンガ

山本さほという漫画家が、さわやかへの愛について書き綴ったマンガがTwitterで拡散されてましたが、
これが火付け役なんじゃないかなーと僕は思っています。
(このマンガの前から人気はありましたが……)
www.e-aidem.com

実際にハンバーグが出てきたときの動画がこちらです。
www.youtube.com
なんかインターネット映えしますね
(ちなみに店内はめちゃくちゃ煙臭かったです)

ポケモンGOでレアポケモン出したら鳥取砂丘にめちゃくちゃ人が来たのもそうですが、最近はSNSの拡散力は馬鹿にできないですね。
ソーシャルでマーケティングしようという人がいるのもわかる気がします。
ただ自然発生的にしか起こってない感じがするんで、あんまり狙ってバズらせるのが難しいのがあんまり商売との相性よくないですね。
(企業がこれ買わせようとちょっとSNSで頑張ったらみんなが一斉にそっち動く社会も怖いですが)

深刻な待ち時間

で、そんなわけで大人気のさわやかなのですが、
人気が加熱しすぎて、待ち時間が深刻になっています。





日曜15:20の待ち状況なのですが、確実にランチタイムはずれてるのに皆待ちまくっててすごいですね。
特に御殿場インター店は四時間半待ちなので、15時に整理券とって19:30にハンバーグ食うことになりそうですね。

上のbotで待ち時間が見れますが、平日でも御殿場インターは二時間以上待つのが常態化しているみたいです。
(それにしてもこのbotどこから時刻データとってるんだ……?)

さわやかの受付システム

四時間半待つのは厳しいですが、御殿場インター店では受付システムが導入されており、
整理券をとったら、あとはスマホとかでリアルタイムに待ち状況を確認できるので、外ブラブラして、順番が来そうになったら戻ることができます。
このシステム、全店舗にあるもんだと思ってましたが、一部店舗のみみたいですね。
あの「さわやか行列」が無くなる!? 予約システムが続々と導入されているらしい。ひゃっふーーー!!1 : 浜松つーしん

結構デザインも洗練されてて、使い勝手もいいなと思ったら、リクルートのアプリだそうな。
airregi.jp

とにかくさわやかが食べたい人へ

さわやかのハンバーグは食べたい……
でも二時間以上待つのは耐えられない……

とすると、戦略としてはただ一つで、「空いてる店舗に行く」しかありません。

さわやかは静岡県内に2017/11/26現在31店舗あるようで、分布としては上のようになっています。
静岡駅を超えて、掛川とか浜松とかまで行くと、待ち時間はグッと減って、まともな時間になります。

上で紹介したさわやかにドハマリした漫画家の人も、富士錦店まで行ってましたし、
(当時単に御殿場周辺の店舗がまだなかっただけかもしれないですけど)
本当にさわやかを食べるだけが目的なら、静岡の奥まで入り込んじゃうのがベストでしょう。

それでも御殿場周辺でなんとかしたい人へ

そうは言っても、首都圏から静岡市街まで行くのは結構キツいですよね
細かくプラン立てずにフラっと日帰りで行く場所としては、御殿場がギリギリのラインというのが感覚的にあります。

場所的には御殿場インター店は、インターおりてすぐあるので、本当に行きやすいです。
その分、殺人的な待ち時間になります。
沼津学園通り店とか長泉店とかは、常識的な待ち時間なので、
昼飯を食べてから御殿場で諸々楽しみたいのであれば、先にそちらへ行って、御殿場に戻るという選択肢がきっといいのでしょう。

ただどちらの店も、高速使って片道30分程度あり、
行った先も一時間くらいはなんだかんだで待つことになるので、
結局時間と交通費のムダ感は否めないので、それなら御殿場でひたすら待つのが最適解になるんでしょう。
御殿場でやることもなく、たださわやか食べたくて、なるべく近くて待たないところというのであれば、沼津学園通りと長泉はよいのでしょう。

御殿場ならさわやか以外にもいっぱいやることがあるので、到着して最初に整理券をとって、
なんかイベントを消化して、最後にハンバーグ食べて帰る流れが一番いいんじゃないでしょうか。

御殿場インター店に行くとしたら何時に行けばいいか

そんなわけで色々考慮していくと結局関東の人間は御殿場インターの激混みを待つしかないということになるのですが、何時に行けばいいんでしょう。
普通の発想としてはピークタイムズラせばいいんじゃないかと思うでしょうが、残念ながら混んでない時間というのが存在しない状態のようです。

営業時間が平日11:00~24:00で、休日は10:45開店なので、開店同時に突っ込んで整理券とるのがいいんじゃないかと一瞬思うのですが、
試しに金土日の11:00の待ち状況を拾ってみますと、




という状態で、11時には既に二時間待ち状態が完成しているっぽいです。

なんで店開いた瞬間に二時間待ち発生してんだよと思いましたが、どうも開店前に来た客は紙に名前を書いて待つシステムになっているみたいです。
予約なしで混雑回避!さわやかハンバーグ御殿場インター店を解説!!
上のサイトの2016年10月13日情報によると、9:30から順番待ちが可能になったみたいです。
したがって、9:30に御殿場行って順番とって、そのまま10:45の開店を一時間ほど待てばよいようですね。
そこまでいくと、もはや何が目的なのかよくわからなくなりそうですが……

あと大事なこととして、御殿場インター店はほぼ確実に駐車場が満車になってると思われるので、
車で行くんであれば、第二駐車場の場所を確認しておきましょう。結構わかりづらいところにあります。

(了)

ポジティブな発言の難しさ

仕事をしはじめて、ポジティブな発言というのを求められている。
前向きで、明るいコメント。
何かを褒める言葉。
これがなかなか難しい。

もちろんそれっぽいことは言える。
問題はそれが嘘くさくならないことだ。
どうしても嘘くさくなる。
人間的な問題というのもあるが、基本的には誰が言ってもくさんくさいものだと思う。
テレビのグルメレポーターが「美味しい!」と言っていて、
「ああ、あの店は美味しいんだ!」と素直に思う人間がどのぐらいいるだろうか。
逆に「あの店で一回食事したんですが、あまり口に合わなかったですね」と言っても、
「そんなこと言っても実は美味かったんだろ?」とはあまり思わないはずだ。
ホントにまずいかどうかはともかくとして、そのときその発言者がそう感じたんだろうな、というのは信じる。

なぜポジティブな発言は、嘘くさくなってしまうのか。
いくつか要因を考えてみた。

日本には褒める文化がない

日本に限らず、中国の儒教文化に影響が強いと、褒める文化がない。
「論語」にも「巧言令色鮮し仁」と書かれているように、
むしろ褒めまくる人は軽薄であると見なされることが多い。
あやしい自己啓発とかあやしいベンチャー企業とかはやたらと人を褒めるけれど、
まともな組織であればそんなことはない、という雰囲気がある。

アメリカ的な文化圏だとけっこーそんなこともないのではないかという気がする。
スタンディングオベーションで賞賛したり、野球の監督も選手を褒めたりする。
「お世辞」というのが文化的に扱いが違うっぽくて、
ちゃんとしたお世辞が言える人間が、ちゃんとコミュニケーションがとれる大人の人間として扱われているのではないかと思う(知らんけど)

出る杭を打つ文化

日本には出る杭を打つ文化がある。
そのため褒めることで、相手を出る杭のようにする場合がある。
なので、褒められた相手も「いやいやそんなことないです」と自分を卑下しなければいけない。
「私は出る杭ではないのです。
 あなたたちと同じ高さの、なんでもない杭なのです」
と言わなければいけない。

陰湿な京都民は、相手を批判したいときに、相手を褒めるらしい。
「えらい立派な帯どすなあ」と言われたら、
「帯、派手すぎて悪趣味やで」という意味らしい。
京都の人間が、本当に立派な帯で褒めたいと思ったときはいったいどうするのかはわからない。

批判する方が論理的に楽

批判が強くなりがちで、称賛が弱くなりがちなのは、論理的な弱さによるものだと思う。
何かを批判したい場合、その論理的な根拠は一つで良い。
「人を殺す場合があるから、飲酒運転は悪い」など。
逆に「◯◯はよい」という主張は、多くの反例を潰さないといけない。
「Suchmosはいいバンドだ」という主張をしたくても、
「雰囲気が嫌い」とか「神奈川出身なのに田舎者感出しすぎてムカつく」とかいう批判を潰さなくてはいけない。

冷静に考えると、批判とか悪口とかもすべての反例を潰さなくてはならないんだろうが、多くの場合許されがちな気がする。

教育で批判的思考を学ぶ

大学に入って、教授が強調しがちだったのが、「批判的精神の重要さ」だった。
日本のインテリは「筋の通った批判できる=知識人」みたいな空気がある。

「イジる」コミュニケーションスタイル

あとあんまり人を褒めても面白くない。
人の変なところを指摘して、笑いをとったほうが雰囲気が良くなるし、親密な感じがする。

褒められるような行為をすることはそんなにない

ノーベル賞とったり、野球で勝ち投手になったり、
テストで学年一位になったりすれば、それはさすがに褒められるだろうけども、
人間普通に生きているとそんなに褒められるようなことはしない。
普通に仕事してるだけだと、そんな褒めるようなケース自体がない。

特に会社で部下を褒めるとなると、ここが難しい気がしている。
大きな功績をあげてるなら褒めやすいが、ルーティンワークをきちんとこなしたとか、
地味だけど会社組織としてけっこー大切なこととかは褒めづらい。
無理やり褒めても「お、おう……」みたいになりがちである。

まとめ

そんなわけで、人を褒めるのは難しいという話でした。
(了)