読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

「山田孝之の東京都北区赤羽」

本当は「カンヌ映画祭」がはじまる直前に記事を書こうと思っていたけれど、なかなかやる気がでなくて、書けなかった。 ようやく書く。 「山田孝之がおかしい」と言われ始めたのは、どのぐらいからだろう。 もともとウォーターボーイズとかで美少年俳優として…

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(The Big short)

エミレーツ航空の飛行機の中で見ました。 ちなみに最近話題になったシリーズの、My Internも見ようとしたのだが、 30分くらいで受け付けられなくなって見るのをやめてしまった。 ストーリー 感想 ・音楽がよかった。Nirvanaの「Lithium」のカバー、Gorillaz…

映画「ゴースト・ワールド」

【五十嵐隆】透明な日【生還】 - YouTube2001年作成のアメリカ映画とのこと。 Wikipediaとか見ると「高い評価を受けた」とのことなんだけども、 Google PlayにもiTunes Storeにもなかったので、興行的にどこまで成功したのかは疑問。 アメコミが原作らしい。…

アニメ映画における宮崎駿の呪縛

アニメ映画について思うところを書いた後、PCクッションとMicrosoftOfficeの値段について書こうと思う。 アニメ映画と宮粼駿 テレビで放送されていた、「おおかみこどもの雨と雪」を見た。 ストーリーはもともと全体的な流れは聞いていて、狼男と学生結婚し…

映画「ブラック・スワン」の現代における少女が女になる残酷さ〜セックス・ドラッグ・バレーダンス〜

「ブラック・スワン」を遅まきながらみました。 映画評論家からも素人からも批判されているのを見たことがないくらいの好評映画で、しかも興行的にも成功しているという、 なかなか稀有な作品だと思うんですが、実際見てみたらやっぱ面白かったです。*1パッ…

映画「ザ・バンク 堕ちた巨像」

タイトルに銀行の陰謀をめぐるサスペンスみたいなことが書いてあったので、 うっかり手にとってしまったが、実際はガンアクションとか、 尾行とか、陰謀とか、半ばアクション、半ばサスペンスみたいな変な映画で、 とにかく僕のイメージしてたものとはだいぶ…

映画「ゴッド・ファーザー」

1972年の映画。 全編175分って何事だよという話で、120分映画が続くのでさえ 余程面白く無いと退屈してしまう僕には非常にきつかった。 (あらすじ) 第二次世界大戦が終わった1945年。高級住宅街の一角を占めるコルレオーネ家の屋敷では主人であるドン・コ…

映画「グッド・ウィル・ハンティング」

ガス・ヴァン・サント監督、主演マット・デイモンの有名映画。 MITで数学の教授が黒板に難問(にはどう見ても見えないけど)を書いといたら、 学生じゃない掃除婦の少年が解いてしまって、教授がその少年を追うと彼は札付きの不良少年で、 暴行事件で裁判に…

映画「12人の怒れる男」

面白かった。 ロシア語で独特の言い回しなんかがあって、そこも面白い。 すぐ罵倒しはじめるトコとか、 「モスクワの男なら殴られても、父親を罵って家出してそれで終わりだ!」って台詞とか。 (いやロシア語はわからんけども) ホントはアメリカ映画だった…

映画「マネーゲーム 株価大暴落」

「マネー・トレーダー 銀行崩壊」と間違えて借りてきたDVD。 仕方がないから見たけど、これがまあつまらない。 駄作。

映画「インサイダー」

アル・パチーノとラッセル・クロウ主演。 僕はてっきりインサイダー取引の話だとばっかり思って借りたのに、 内部告発社の話だったという非常にしょうもないミスをした。 パッケージの説明もちらっと読んだんだけど、なんでかなあ。 ラッセル・クロウは「ビ…

映画「ソーシャルネットワーク」

面白かった。 最初頑張って英語で見てたけど、全然ストーリーがわからなかった。 何分ザッカーバーグ役のセリフがはやすぎてききとれない。 いきなり彼女にふられるシーンから始まる訳だけど、酷い会話シーンだ。 映画至上有数の会話シーンだろう。 「中国は…

映画「人類創世」

「火」をめぐる原始人の物語ということで、期待して見てみたら「まあこうなるかな」という感じ。 前衛映画ってどうも退屈でいかんね。 内容そのものはケチのつけようがないんだけど、でもこれは退屈だよ。

映画「少年メリケンサック」

宮藤官九郎脚本。 まあまあおもしろかった。

映画「ショーシャンクの空に」(The Shawshank Redemption)

(Rita Hayworth。古きよきアメリカンビューティーって感じ?) 有名な名作。 実際面白かった。 あまりストーリーは事前に調べないで、ぼーっと見るが吉。

映画”Slumdog Millionaire”

Slumdog Millionaireを見る。 思った以上にすごい話だった。 本筋そのものは非常に陳腐なハッピーエンドなんだけど、 そこにいたるまでの過程がすさまじい。。。 インドの貧困の描写が気合入っていて、感心した。 主人公はインドのスラムに生まれて、兄弟二…

映画「A beautiful mind」

傲慢なエリート主義の天才数学者にして、若くして大学教授になりながら、 統合失調症を患ってその輝かしいキャリアを台無しに、結局「ゲーム理論」における貢献で ノーベル賞を受賞したジョン・ナッシュの生涯を(多少誇張・粉飾・美化して)描いた映画。 二…

映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」(Bowling for Columbine)

つば九郎君の年俸が上がったようで、よかったですね。 相変わらずのマイケル・ムーア(Michael Moore)作品。 タイトルはコロンバイン銃撃事件の犯人の生徒が、学校行く前に2ゲームボーリングをしたので、 「コロンバイン事件へのボーリングの影響」という…

「アメリ」

普通に英語だと思って借りたのに、フランス語だった。 "Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain" ストーリーとしては、神経質な母と無愛想な父を持って、 学校にも通っていない(フランスって義務教育ないの?)、内向的なアメリちゃんが、 カフェで働いて、悪…

「エレファント」

「エレファント」("Elephant") コロンバイン銃乱射事件を描いた映画だが、 別にドキュメンタリーではなく、犯人の心理に迫ったり、丹念な取材にもとづいていたりはしない。 事件が起こる一日を、それぞれの人物の視点から、同じ時間軸で描いているので、 …

「ウォール街」、「アホでマヌケなアメリカ白人」

○「ウォール街」("Wall Street") ・あらすじ 航空会社の父を持つ、ウォール街の新人証券マンの主人公バド・フォックスは、野心に燃えて、金融業界に入った。しかし実際の彼の生活は、年収五万ドルは、ニューヨークの高い所得税、家賃、自動車ローンなどに…

「John Q」と「Sicko」

アメリカ医療制度の問題をえぐった映画二作を見た。 「医療経済学」っつー講義をとって、そこで紹介された二作が、ちょこっと気になってた。 ○John Q こっちはヒューマンドラマ。 割とかっこいい黒人の主人公が、病気の息子のために病院に立てこもり事件を…