読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

知識を頭に保存しない危険性

茂木健一郎の「茂木健一郎の脳科学講義」という本を昔読んだ。 今でこそ胡散臭いワカメ野郎に成り下がった茂木健一郎がまだ真面目に本書いてた頃の著作で、 特に僕が好きだった内容が、 「脳を考えるための器官としてのみ使う」 という考えだ。コンピュータ…

あなたの文章は数字を使うと驚くほど読まれなくなる

よくデータに基づいて議論しろ、という風に巷では言われている。 当ブログも結構数字は使っている。 テーマにもよるが、特に経済やビジネスの話であれば、数字が出てこない議論はあまり意味がない。ところが、議論の中心に統計データを据えた文章というのは…

正しさの暴力性

現代の学校教育は科学的正当性に基づいている。 当たり前のように思っているけれど、昔の学校はそうではなかった。 ヨーロッパの学校では聖書の内容が必ず教授されていたし、明治から戦前の日本の学校では教育勅語を暗唱させられた。 科学よりも神が正しいと…

孤独・承認欲求・自己評価

就活に失敗して自殺した大学生が1000人を超えたそうだ。 僕も一歩間違えるとそうなるのだろうから、気持ちはよく理解できる気がする。 人はなんらかの願望を叶えるために生きているのかと思っていた。 願望の相違が人の進路の違いになると考えていた。 …

評価の過去依存性

なにごとも適切に評価することは難しい。 なぜ人は誤った評価を下すのか長らく考えていたが、恐らくは評価が過去に依存するからである。過去-------現在---------未来というタイムテーブルを考えると、評価を行うのは「現在」となる。 現在の評価対象の実績…

生活保護受給というライフハック

サラリーマンの皆さん、今日も労働お疲れ様です。 馬車馬のように毎日毎日働いて、ほとんど貯金もできてない方、多いんじゃないでしょうか?労働とは時間と引き換えに賃金という対価を得る行為です。 人間の人生で、労働時間ほど長く、そしてムダな時間はあ…

3月と4月の四十三庵アクセス

3月 ページビュー数 平均ページ滞在時間 57,563 00:02:45 4月 ページビュー数 平均ページ滞在時間 62,629 00:02:44 とまあ、ほとんど更新してない割にはそれなりのアクセス数あった模様です。 横浜旅行記や企業研究をまとめた記事を3月には書きました。 …

企業を諦めて教師を目指すの巻

前回の記事は本当に絶望感に包まれたときに書いたもので、読んだ人を心配させてしまった。 普段のブログ記事では極力感情的なもんを排除して淡々と書いてるトコあるので、余計に心配をかけたようだ。 かなり本音を吐露した記事なので、恥ずかしいといえば恥…

就活によせて

進路 近況を話すと、一次面接で悉く敗退して、後四社しか駒が残っていない。 特に第一志望だったエネルギー関連の会社がもうダメで、僕の就活は失敗した。 もう駒を増やすつもりはなく、残りの会社がダメだったら、教員採用試験を受けて、新卒で教師になる道…

2月の四十三庵

ご無沙汰しております。 3月も半分過ぎましたが、2月のアクセス状況を。 ページビュー数 ページ別訪問数 平均ページ滞在時間 48,917PV 43,483 00:02:49 全体的に2月は特に何があったわけでもなかったのに、アクセス多かったです。ややヒットした記事がこ…

大学は就職予備校だった

和民の正社員が100時間以上残業させられて自殺したのが、労災認定を受けたニュースが話題になっている。 立場は二つに大別できて、 「自己責任派」と「和民批難派」の二つに分けられる。 「自己責任派」は、「和民も悪いけど、別に職は他にもあるんだから、…

抽象論について

就活を通じて感じた記事三つ目。説明会の社員の話しぶりきくと、抽象論が多いのを感じました。 「『働く』とはどういうことでしょうか?」 「わたしにとって働くっていうのは、自己実現だとか、給料だとか、そういうものを超えて、一つの社会貢献です。」 「…

社会人の間の経験至上主義

今日も就職活動をしながら感じたことの記事なんですが。社会人の方々は「経験」を非常に重んじるんだなあ、と感じた次第です。 ESでは「○○しました。ここから私は××を学びました」は一つのテンプレになってる訳なんですが、 社員座談会みたいなものでの社…

ES書きながら気になった「ビジネス文書について」

積み重なったES*1が瘴気を放ち始めてから一週間ほどたちました。 ブログ書いてる場合ではないので、短めの記事を刻んでいきたいと思っています。 ESかきながら思ったことを書いてこうと思います。 ビジネスの文章 ビジネスで使う文章は、平易・明瞭に書…

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」とは

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」 とは有名な福沢諭吉「学問のすすめ」の書き出しです。 確かにいい言葉ですが、迂闊に引用するのは避けた方がいい言葉でもあります。 この言葉を引用して、 「一万円札に載ってる福沢諭吉さんは人は平等だと・…

原価厨につける薬(原価計算)

「外食する奴はアホ。原価考えろ」とはよく言われることで、 2ちゃんねるなんかでは、そのあまりのウザさから「原価厨」という素敵な名前をつけられている。 原価数十円のカレーを外食する奴はアホ。見てるだけでイライラする14 : 名無しさん@涙目です。(…

コメント承認 & 移転告知

久しぶりに戻って来ましたが、web拍手含めて、結構な数のコメントがついていて、すべて読ませて頂きました。 コメントを承認制にしているのは、ほとんどこちらのブログは観察してないので、 業者のスパム受けた場合削除できないから、承認制にしてるだけです…

原子力を正しく恐れるための放射線・放射能基礎知識

2007年に出版された図解雑学シリーズの「放射線と放射能」のまえがきにはこう書かれている。 人間が放射線や放射能を意識下にとらえてから100年以上が経った。以来、放射線や放射能は人間生活の多くの場面で多面的に利用され、とりわけ医療の面では欠くこと…

価値相対化の限界

帝国主義的世界観や、文明/野蛮という二分法が、 第二次世界大戦を起こす思想的裏付けになったのだ、ということで、 戦後六十年は日本だけでなくヨーロッパなどでも左派が台頭して、思想界では「価値相対化」は基本原則のようになった。「まともな人」或いは…

1月の四十三庵〜地味に増加〜

ページビュー数 38,811 平均ページ滞在時間 00:03:31 ていう感じでした。ゴールデンボンバーのすっぴん画像が21,454PV/月で、大体はそれに対するアクセスなんだけですが、 1月はこの記事がヒットしました。一円にもならないことをやる人を集めて一億稼ぐ方…

天然ガスへの投資を考える

3・11以降、天然ガスへのエネルギーシフトが必ず起きる、と僕は読んでいる。 僕だけじゃなくて、結構各種新聞・雑誌・企業なども、同じような認識でいるようだ。 そんなにこの点には反論がないと思う。 エネルギー政策の流れ 日本のエネルギー政策には、…

いかにして余は自意識過剰を抜けだして生きやすい自我を手に入れたか

ネット上でブログ書いてる人で、生きるの辛そうな人々の根本的な原因は、基本的には自意識過剰にもとづいていると僕は思っている。 それが行き着くトコまで行き着くと、変な思想に目覚めたり、宗教にすがったりすることになる。 自意識過剰の到達点が、「セ…

平凡な僕らでもできる あたる「予言」のつくり方

予言者はどこに消えた? ノストラダムスの大予言から、本屋に並ぶ経済の未来の「予言」まで、(例;「金は暴落する!2011年の衝撃 ロスチャイルド黄金支配のシナリオを読み解く」) 世の中「予言」というものはたくさんあるものである。最近ではネット上に、…

Twitterのツイート拡散過程理論(アイデア倒れ)

Twitterをやってると、自分のしたツイートが100RT超えて、見知らぬ人々のTL(タイムライン)に表示されることになる。 これが「拡散」と呼ばれる現象だ。 twitterの基礎知識(やってる人には当たり前なので読み飛ばし推奨) Twitterやってない人のために簡単…

2ちゃんねる化するTwitter

昔は「Twitterのブームは一過性で、絶対廃れる、廃れろオラ」というスタンスでずっといたのだが、 ことここに至って、ようやく僕の方が間違っていたことを認めた。 僕自身数ヶ月前から本格的に宣伝アカウントにしたり、ミニブログとしてちょっとしたことを書…

ポール・ウィリス(Paul Willis)「ハマータウンの野郎ども」(Learning to Labour)と所謂DQN文化

1977年に出版されたイギリスの教育の現状を、生活誌と分析にわけて書いた本だ。 分析はやや「ありがち」な社会学っぽい散漫な文章になっていて、 学術的にどうなのかは知らないが、個人的にはあまり感心しなかった。77年執筆ということもあり、状況は古い…

人間の初期賦存量(格差社会の根元)

こんなゲームを考えて欲しい。 わかりやすいようにドラクエにしよう。プレイヤー1は、スタートからステータス平均より高め、所持金1000万円でスタート。 プレイヤー2は、スタートからステータス平均、所持金500万円でスタート。 プレイヤー3は、スタート…

四季報をざっと見て

FXから株へのシフトを粛々と進めてるんですが、冬休みを利用して「四季報」から頭から尻まで読んでみました。 自分の中で買い銘柄(と売り銘柄)をリストアップしてみました。 主にPERで見てますが、業務内容や業界順位、業界の見通しなども加味してるので、…

12月のアクセス状況 & 2011年のアクセス状況

12月の状況 ページビュー数 27,624 ページ別訪問数 24,527 平均ページ滞在時間 00:04:11 まなめはうす効果 株・FXをやりたい人は、最初にまずこれを読もう を「まなめはうす」で紹介して頂き、ものすごいアクセス数をいただきました。 以前もこういう「ヒッ…

僕が好きだったインターネット

ノスタルジーに浸る記事です。その昔、わーるどわいどうぇぶは今よりもずっと情報量が少ないところでした。 wikipediaは今よりずっと使いものになりませんでした。 僕が小学生や中学生だった頃。 2002年から2006年くらいの話です。 そんなに昔ではないですね…

「年金が資産運用で目減りしている」という神話

我々日本国民の年金を扱っている機構が、資産運用を行なっているのはご存知だろう。 そしてこの資産運用で出した損害が、たびたびTVタックルだとか新聞だとかで問題になる。 「年金運用、何千億円の損失!」 という見出しが出ると結構センセーショナルに扱わ…

どんなスタイルであれ、感情を揺さぶる記事が書けるブロガーがアクセスを得るという話

アクセスを得るブログの共通点ってあるだろうか? というと、実はあまりない。 いや一点だけある。 あるけれど、基本的にはあまり共通点はない。 クールで客観的に、アカデミックな記事を書き続けてる方もいれば、 逆に感情100%で書き殴ってるだけで、内容は…

若者を食いつぶす日本社会

リスクをとらないリスク。 起業しないリスク。 転職しないリスク。 内向きのリスク。 競争しないリスク。 大企業というリスク。 公務員というリスク。 ベンチャーに行かないというリスク。 若者にリスクをとれと言いつつ 日経とか大前研一*1とかを読んでると…

パクリへと追いやられる人々

昨日の記事は「まなめはうす」の紹介もあり、望外のアクセス数を得た。 はてブが早い時期に2つついて、新着エントリーに載ることを狙って自分で自分の記事に3つ目のはてブをつけるという行為に走ったりもした。 結局新着エントリーには載らなかったけど、…

「もしドラ」と「うすらバカの時代」

「ぼくたちは知識レベルをひどく下げられた時代を生きているんだよ。すべてのメディアが、ニュース・メディア、音楽、音楽誌における情報の提示の仕方は、受け手がただのうすらバカであるという前提に立っているんだね」 モリッシー、現代とは人々が薄らバカ…

社会、あるいは集団

集団の問題 「鳩山が馬鹿だから政治が悪くなる」「菅が馬鹿だから〜」 という短絡的批判は横行している。 しかし鳩山総理が学生時代に書いた論文なんか読めば、 批判してる人間の数倍頭がいいということは判然とするだろう。官僚も批判に晒されているが、僕…

太宰治「斜陽」は駄作

三島由紀夫は太宰治を嫌っていたらしく、 坂口安吾よりも太宰治が売れている状況を、 「木が沈んで石が浮くようなもの」 と書いたり、 12歳の頃、『虚構の彷徨 ダス・ゲマイネ』を、同じ痛みを感得して読む。その後、『斜陽』は雑誌連載時から読み、川端康成…

就活ぶっこわせデモが間違っているところ

新宿で学生らが「就活ぶっ壊せデモ」開催…見物人「就職できなかった連中がわめいても…」 学生の就職活動、いわゆる「就活」のシステムに異議を唱える「就活ぶっこわせデモ」が2011年11月23日(勤労感謝の日)、東京・新宿で行われた。デモには学生ら100人超…

十一月の四十三庵まとめ〜安定したアクセス〜

基本データ 20,545 訪問 26,668 ページビュー数 平均ページ滞在時間 00:04:13 という状況でした。 月初は1000PVでずっと推移してなかなかいい滑り出しだったんですが、伸びなかったですね。 「ゴールデンボンバーのすっぴん画像」*1以外でアクセスが多か…

駅員に切れてる奴は大体中年

キレる中高年男性目立つ、脳内物質も関係? 駅・空港・病院などで激高、軽視され自信喪失 駅や空港、病院などの公共の場で、ささいなことでキレて駅員や職員らに手を出したり、言い寄ったりする中高年男性が目立つ。一見普通で分別のありそうな大人の男性が…

「若者は投票率が低いから意見が届かない」のウソ

あまり政治ネタは書かないようにしていますが、本日は扱おうと思います。 大阪府知事・大阪市知事が決まりました。 橋下徹が当選したようで、なかなか話題になっています。*1 名ばかりの平等選挙 市長選は「橋下効果」もあって、投票率は60%を超えたそう…

(ネトウヨのための)韓国経済の「今」

貿易の自由化で東アジアの先頭を走る韓国。電機などの輸出企業は通貨ウォン安も追い風に、世界市場で存在感を高める。国を挙げた経済開放が成長の原動力だが、社会では貧富の差の拡大など競争の弊害も目立ってきた。隣国経済の光と影を追う。 トップ交渉の効…

インターネットは自分が情報発信主体になると無限に時間を奪い始める

ここ数日、ブログを更新しなかった。 単に書く程のネタが思いつかなかったというだけで、他意はない。 すると一日でPCに向かう時間が極端に減った。 おかげさまで本も何冊か読めた。 よく家族に、 「そんなにパソコンでやることがあるの?」 と尋ねられる。 …

処女厨を論破する文豪芥川龍之介

ネット上には近年処女厨と呼ばれる存在が増加しつつあります。 → → この漫画がわかりやすいと思います。 ただまあ現実問題ネット上の処女厨たちに女の子と二人でベッドに入るチャンスがあるとは思えないそもそも日本は性的倫理がかなりゆるい国で、処女云々…

孤独について

@yamauchitaiji: 山田詠美の『ぼくは勉強ができない』が1993年、『僕は友達が少ない』の1巻が2009年。この16年の間に、若者にとって最大の関心事は、「勉強」から「友達」になったのだ。URL2011-10-30 19:28:49 via web自慢ではないですが、ずっと中学高校…

真面目系クズと教育

大学の単位認定は、多くの場合教授各位の判断で行われています。 評価基準の統一が不可能なのは、教えてる内容・目的が違うから*1ですが、 僕はおおむね学生を「習得度」と「やる気」をもとに、次の4つに分類して、 習得度も低く、やる気も低い学生の単位を…

四十三庵の十月〜一日のPVが500から1000の推移でした〜

三つの変化 十月から、若干スタイルを変えました。 1.はてブ・twitter経由のアクセスを増やす 検索サイトよりも、「はてブ」とか、twitterとかで人にとりあげられるのを目指します。 どうもその方が長期的に持続するアクセスにつながるみたいです。 と先月…

久々に載せるけど欧州利回り格差

10月31日 21時50分現在 PIIGS債利回り格差=(各国10年債利回り)−(独10年債利回り) P ポルトガル 9.720% (前日9.626%) 前日比+9.4bp I イタリア 4.091% (前日3.846%) 前日比+24.5bp I アイルランド 6.122% (前日5.559%) 前日比+56.3bp G ギリ…

僕が1年以内に死ぬ確率は0.053%です

死生観とそれを渦巻く現代人の価値観・社会制度 この記事に触発された訳ではないですが、今回は「死」についての記事です。 『配偶者もいない、子供も生まない、贅沢ややりたいこともやり尽くしていく。じゃあ、歳をとる・生き続けるという目的意識はあるん…

IT能力の三つの階層〜メーカー、ユーザー、非ユーザー〜

映画「バトル・オブ・シリコンバレー」に見るパソコン黎明期〜microsoft vs apple〜 情弱の僕たちでもノートパソコン購入に失敗しないためにという風なITの記事を昔書いたんですが、 どうもかきながら自分の立ち位置にむずがゆさを感じました。 というのは、…