読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

「FXの勉強」と言われても何やったらいいかわからない人のために

2015/02/10 くま じゃ蔀君から見て「最低このくらいの本読んでないと強制退場じゃボケ」って本教えてください! 自分も理系出身なんですが、さすがにそのレベルでFX始めるのはすごいですね…経済学部出身でちゃんと勉強してた人達とディスカッションできるよ…

FXで失敗する人の三つのパターン

会社入って、周りでFXをやっているサラリーマンがいっぱいいることに気づいた。 経済学部に居たが、実際に投資やる学生は1割いるかいないかだった気がする。会社で働いていると、月に安定した給料が入ってくるかわりに、突然大きな金が手に入ることはない。…

ブログのデザインをいじりました

IT

いい感じのデザインにしました この土日で、四十三庵のデザインをいじった。 はてなブログはCSSがいじりやすいので、こんなこともできるようだ。 (JavaScriptとかも入れられるような話を聞いたような)使い続けてくと色々問題点・不満点が出てくるのかもし…

インターネットがつまらなくなった人と、Facebookで楽しそうな人

ブログ移したらアクセスが減った 一月末に、突然思い立って、はてなダイアリーからはてなブログへ移行した。 FC2ブログ→はてなダイアリー→はてなブログ と、もう三代目になる。 2009年3月からブログを書いているようなので、今年の3月で6年書き続けたこと…

複雑なものに対処するための方法

仕事で、複雑なものと向き合うことが多い。 たまにわざと複雑にしてるんじゃないかと思うくらい、複雑になっている。 そこで、複雑性を一般化して、それに対して対処法を考えてみた。基本的には「ソフトウェアの複雑性」のイメージで書いてるが、他のものに…

オウム真理教に学ぶ組織づくり(森達也「A3」)

森達也「A3」という本を読んだ、読書レポート。 僕はこの本を、単にオウム真理教のまとめ本だと思って読み始めたんだけど、 実際は単に事実を追ってるのではなくて、オウムがなぜサリン事件を起こしたのかとか、 メディアの報道姿勢とか、日本の司法とか、 …

2015年1月15日 スイスフラン暴騰の記録

ここに記す。 10分の間に30円あがって、すぐに下がった模様。 これはさすがに…… 経緯 スイスの無制限為替介入 この記事も、2011-09-07の記事なんだなあ…… 感慨深い東日本大震災後のドル円相場まとめ(2011/3/14~2011/3/18) (※画像編集が下手過ぎてすげーチ…

「健全な精神は健全な肉体に宿る」は願望だった

「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉は、 「体を鍛えると自然と心も健康になる!」という意味で捉えられている場合が多い。 しかし、これが元々は「健全な精神が、健全な肉体に宿っていたらなあ」という、 願望の形だったというのをどこかで誰かに聞…

自己正当感の消失と「上から目線」「承認欲求」というワードの関係性

導入 はてな界隈では、定期的に 「凡人として生きるしかないのだから、凡人としての運命を受け入れろ」 という趣旨の記事はバズる。 「きっと何者にもなれない」云々で検索すると、自意識が爆発した記事*1がたくさん出てくるので、 もしも読んだことがなけれ…

vbsのスクリプト内のファイルパスを相対パスで指定する方法

IT

ちょっとしたことなんだけど、意外と探したら書いてなかったのでメモしておく。 すごい便利。 状況 vbsを書くときに、ファイルを指定する場合がある。 たとえば、 Dim FSO Dim TSO Set FSO = CreateObject("Scripting.FileSystemObject") Set TSO = FSO("fil…

思考について

正月休みに「考えるってなんだろう」と考えていた。 思考とは 「思考・論理・分析」という意識の高い本がある。 昔パラパラめくっただけの本だけど、戦略系コンサルタントとかいう職業を目指す人の必読書らしい。 この本の定義では、 思考とは思考者が思考対…

2014年何をしていたか

2014年の蔀さんの生活を振り返ろう、という記事です。 とりとめもなく。 蔀さんと労働 なんといっても今年から働きはじめた、というのが大きな変化だった。 中学、高校、大学と、新しい環境に適応するのに結構苦労した記憶があったけども、 会社では別にそん…

2015年の経済について

2015年あたりから、景気後退が進むと考えている。 以下、メモ書き程度に書いておく。 日本の消費 アベノミクスで金融市場を好転させることには成功したんだけど、 結局のところ実物経済にはあんま波及しなかった。 給料も消費も大して好転していない。アベノ…

ソフトウェア運用が属人化する一番の理由

IT

企業は「属人化を排せ」とは言うものの、現場では属人化が起きまくっている。 ドキュメント類を整備したとしても、そのドキュメントが理解できなかったり、 勉強会を開いてみても、全員が「わかっている人」レベルには達しない。 結局は何か問題が起こったら…

賃金を時間単位で払う是非

給料というのは、「時間」に対して支払われるのが現在では常識となっている。 残業代という制度も、そこから生まれている。しかし、現代の先進国では、職業のサービス化が進んでいる。 農業・工業中心だった社会と比べ、サービス業中心の社会は労働者の疲労…

カケホーダイ時代のケータイ料金プラン

最近機種変更したので、そのときに調べたメモ書き。 カケホーダイプラン docomoはカケホーダイ必須。 au、SoftBankは旧プランも選択可能。 ただSoftBankはなんかそのうちカケホーダイ強制にしそうな雰囲気も出している。通話だけでなく、データ通信もプラン…

フラットデザインという暴力

IT

Windowsもフラットデザインだし、iOSも7からフラットデザインを採用した。 僕は頑なにフラットデザインを受け入れたくないので、 iPhoneのOSアップデートを拒んでいる。 そのせいで使えないアプリがちょいちょいあるけども、それでもフラットデザインは嫌だ…

メモ:仕事をはじめてからよく使うショートカット

IT

一日パソコンカタカタしてるだけのお仕事をはじめたので、ショートカットキーというの使うのと使わないのとじゃ、 だいぶ作業効率が変わってくることに気づいた。 しかし、僕の場合、家だとMac使ってて、職場ではWindows使っているので、 ショートカットキー…

消費税増税がヤバイ

消費税増税がヤバイ。 アベノミクスがヤバイ。 減り過ぎた消費 政府の発表によると、今年の夏は天候不順だったため、 7〜8月の消費が鈍ったそうだ。ご丁寧にこんなPDFまで作ってくれている。 天候不順により消費支出の減少に寄与したとみられる主な品目等…

売れる音楽:マイナー路線を装って全力でキャッチーな曲をつくる

就職してから本当に世の中の流行がわからなくなった。 「社会人」などというが、完全に社会から隔離されてる感覚しかない。 別に会社で働いたからといって経済がわかるわけでもないので、ただただ会社に詳しくなっていくだけなので、 社会人というかただの会…

世界史はたった6つの飲み物で語れる

世界史はたった6つの飲み物で語れる、と言ったら暴論だろうか? そういう試みで書かれた本をたまたま図書館で見つけたので、 読んでみたら面白かった。「世界を変えた6つの飲み物」とは、 1.ビール 2.ワイン 3.蒸留酒 4.コーヒー 5.茶 6.コーラ の6つのこ…

定期メールを日付だけ変えて自動送信する方法(Windows)

IT

先週、仕事で定期メールの自動化をしたので、そのメモを。たとえば毎週金曜日に会議があって、その会議の議題募集メールを水曜日に送っている、とする。 「◯月☓日(金)に会議やりますが、議題ある方は返信してください」 という風なメールを毎週送らなけれ…

もしも内川聖一がSIerからWeb系企業に転職したら

IT

「僕自身SIerを出ていく喜びもあった」 「SIerの時はエビデンスExcelスクショから始まっていた」 「SIer時代はSEと呼ばれるのは道化の材料として使われているようで嫌だった」 「SIerの時は悔しい思いしかできなかった」 「SIでは味わえなかったスピードとイ…

入出力(I/O)について

IT

人類最初のパーソナルコンピューターであるAltairの入出力は、入力:スイッチをパチパチやる 出力:ライトが光るというショボイものであったらしい。コンピューターというのは、CPU内部の演算処理は高速なのだが、 それにキーボードやマウスの入力を待たない…

最近知ったMacbookの三つの機能

IT

Apple製品は感覚で操作できるように設計されているので、 MacBook Airとか買っても説明書とかが入っていない。 別に同封されてても分厚いマニュアルなんてどうせ読まないので、正しいと言えば正しいのだが、 その戦略のせいで、一年くらい使ってても知らない…

ガンダムからエヴァへ・昭和から平成へ

ガンダムが初放映されたのが1979年らしい。 エヴァンゲリオンが1995年。両作品とも、放送時は視聴率が低かったが、その後1〜2年たって大ヒットして、 国民的アニメになったという経緯がある。 このアニメは、同じようにロボットでの戦いを描きなが…

電子書籍普及を阻む、日本の出版業界事情

こんな本を読んだ。以前から四十三庵では、電子書籍についていくつか記事を書いてきた。 上記の本は、光文社で「女性自身」編集部などに居て、フリーランスのジャーナリストになってしまった方が執筆した本だ。 そのため、日本の出版業界事情にリアリティが…

SIer(受託開発)がダメな構造的理由

はてな界隈を中心としたネット上では散々SIerはDisられている。SIerの闇・Excelにエビデンス貼付けまあ、Excelエビデンス貼り付けみたいなんは僕もさすがにどうかと思うが…最近では本屋にまでこんな本が並び始めた。 なぜ日本のSIerはクソなのだろうか。(※S…

モテるかモテないかは所属してる集団で決まる

という風に最近感じる。小保方晴子のSTAP細胞問題と、「研究所の姫」問題は大いに関わりがある。 小保方の容姿は、世間全体で考えれば、すごく美人だとは言えないだろう。 けれども、もしあのレベルが研究室にいたらどうだろうか? おそらくはテレビの前でワ…

電子マネーまとめ〜最強の電子マネーとは〜

電子マネーを利用したことがない人の方がもはや少ないのではないか、というくらい電子マネーは普及している。 日本の電子マネーを簡単に比較してみた。 まとめ 名称 発行会社 チャージ/クレカ方式 ポイント 使える範囲 1.Suica/PASMO JR東日本/PASMO チャ…

すき家ゼンショーの社長は東大全共闘運動出身だった

本当の地獄をつくるのは悪意ではない。 悪意によって作られた地獄には実利的な目的があり、制裁が入るからだ。 本当の地獄をつくるのは、強烈な思想によるものだ。すき家を経営する株式会社ゼンショーの社長、小川賢太郎は全共闘の出身だった。 東大中退で、…

大学で統計を学んで思うこと

導入 僕の場合、大学の専攻と就職先で必要な知識は全然違った。 なんか書き残しとかないと忘れてしまいそうなくらい。 しかし、全然違うことをやっているおかげで、 自分が大学時代に学んでいたことが客観的に見れるようになった気がする。 計量経済学 大学…

自分中心に生きることを強いられている社会

今の日本は自分中心に生きることを強いられている社会かもしれない、と感じている。 禁欲主義と利己主義 基本的に、小学校や中学校では、「あなたのやりたいことをやりなさい」「夢を追いかけなさい」と教えられる。 こういう教育は、昔から行われていたわけ…

ノート:ハードウェアの記憶装置(メモリ、ハードウェア)のまとめ

IT

ブログにはあまり反映させていなかったが、IT関連の勉強を粛々と進めている。 一年目はとにかく知識を詰め込んでいる段階なので、全然頭の中で整理できていない。 けれども、それはそれとして、ちょいちょいブログの方にまとめることで、アウトプットしてい…

伝説の自己啓発本「7つの習慣」を読んで人生変わった

タイトルは釣りで、自己啓発本読んだくらいで人生変わりはしない。 けれど、いい本だったし、色々思う所もあったので、簡単に要約しておきたい。 全部要約しているわけではなくて、僕が読んでいて記憶に残ったところを書き残しているだけなのに注意していた…

ロックは既に若者向けの音楽ではない???

ロックは既に若者向けの音楽ではなくなっているのかもしれない、と最近感じている。 そもそもロックってなんなのか、っていう話なんだけども、 基本的にはボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人構成で、 スリーピースバンドだったらギターボーカルがいると…

リーマン・ショックを起こした金融マンたちの群像劇

2000年代、アメリカの五大投資銀行はこんなランクだった。 1.ゴールドマン・サックス 2.モルガン・スタンレー 3.メリルリンチ 4.リーマン・ブラザーズ 5.ベア・スターンズ ご存知の通り、リーマン・ブラザーズという投資銀行は倒産して、リー…

理性と感性の相克について

会社に入ってから、周りに理系っぽいと言われる。 就職活動もコンサルとかの面接がすいすい進んだので、論理性があるように見られるようだ。 しかしながら、僕自身は、自分のことを論理的な人間というよりは、感覚的に生きている人間だと思っている。 外から…

個人がインターネットで金を稼げる仕組みが求められている

インターネットは基本的には無料コンテンツで成り立っている。 青空文庫に行けば、著作権が切れたものであれば、過去の文豪の傑作がいくらでも読める。 Youtubeの動画も素晴らしいし、ニコニコ動画で素人が面白いことやってるの見るのもいい。しかしその流れ…

誰もが自分を正しいと思って生きている

研修の中でグループワークをやった。 そのときにあらためて思ったのだが、カーネギーの「人を動かす」は正しい内容だった。 「人を動かす」という本を僕が手にとったのは、就活の新規事業を立案するタイプのグループワークで失敗したときだった。 それまでは…

「終わった会社」だったIBMを復活させる方法(ルイス・ガースナー「巨象も踊る」)

なんか本の感想メモばっかりになって申し訳ない。経営者の書いた本というのはたくさんあるけれども、創業期のものが多くて、 一時代を築いた大企業だけれども、最近は低迷していたところを立て直した「中興の祖」が書いた本というのはあまりない。 ジャック…

猪瀬直樹「ミカドの肖像」を読んだメモ

リンクはめんどくさいので貼らない。 猪瀬直樹「ミカドの肖像」を読んだ。 簡単なメモだけを残す。 東京の巨大な空虚 東京の中心には皇居がある。 天皇は戦後、「象徴」となったが、経済や政治に与える隠然たる影響は大きい。 本書ではその例として東京海上…

ピーター・バーンスタイン「リスク」はいい経済学のまとめだった

この本、以前からほうぼうで薦められていた本で、テーマ的にも非常に興味深かったのに、なかなか積んだまま手が出なかった。 その理由は、あまりに書き方が歴史的過ぎたからだ。 「リスク」というタイトル(原題はAGAINST THE GODS)からして、リスクに対し…

駄作の価値

僕には、「いいものだけを提供したい」という気持ちが昔からあった。 しかしながら、本にせよ音楽にせよブログにせよ何にせよ、「いいものだけ」というのは不可能なようだ。 一つのいいものを生み出すためには、多数の駄作(ゴミ)を生み出さなければならな…

先進国と途上国では命の価値が違う

発展途上国、あるいは昔の日本もそうだったと思うんだけども、「人が死ぬ」ということは、 現代日本の感覚よりも、ずっとありふれたものであるらしい。1)衛生環境が悪く、病気が流行りやすい 2)栄養状態が悪くて抵抗力がない 3)医療が整っておらず、医…

学校と企業との間における文化の断絶について

僕は就職活動と教職課程をどっちつかずでやっていた時期がある。 今は結局民間企業で働くことになったんだけども、そのことに対して違和感がない訳ではない。 で、最近特に感じる、「学校と企業の文化の違い」について、ひとつ記事を書いておこうと思う。 日…

SONYとかいう金融会社

書きたい記事はいくつかアイディアがあるんだけど、時間があまりないので、全部書く必要もないかなと思っている。勉強しなきゃいけないので、ブログを書いている場合ではない。 けれども文章を書くというのは、僕の中で一つのストレス解消法になっているので…

リクナビは就活生を煽るけれどもタダでサービスを提供している

これリクナビのトップだけど、これ私がおかしいというよりは周りの連中か就活の仕組みそのものがおかしいと思う pic.twitter.com/9kna5JZDO2— JS魔法少女すねこちゃん (@s_suneco) March 26, 2014以前Twitterで話題になって、ずっとモヤモヤしていたことをブ…

一連の経済政策の評価について

この4月から消費税が8%になった。 半年くらい前に決定されて、色々議論もし尽くされたような気がしていたが、いざ実際に上がると突然不満があがりはじめた。クラスの文化祭の出し物決めるときにも、アイディアが三つくらいあがって、 「じゃあこれにしま…

43個の電子書籍サービスを試して感じたこと

Nexus7買ったときに、「これでポツポツ電子書籍でも読もう」と思っていたのだが、 いざ買ってみるとすっかりプロ野球動画再生用端末と化していた。 そろそろちゃんと電子書籍読もうか〜ということで、電子書籍アプリを色々試してみることにした。 さて、今日…