四十三庵

蔀の雑記帳

「原価」について

○itunseがクソすぎる プログラムというのは、 「軽い、便利、シンプル」 の三本柱が、個人的には基本だと思う。 そういう観点から、僕はgoogleがyahooより好きだし、 デスクトップにアイコンごちゃごちゃ置く奴は大嫌いだ。 (大学にはよく、デスクトップにぎっしりアイコン詰めてる奴いるけど、 ホントにお前はそんなに色んなソフトを使うのか、必要なのかと。ただ置いてるだけなんじゃないのかと) で、僕はipodを二つも持ってて、(片方がいっぱいになったから、もう一つ買ったんだけど) itunesは使わざるをえないプログラムなんだけど、これがまた最高に使いづらい。 「重い、不便、複雑」 の三拍子がそろってる。 ホントに重い。ちょっと異常なくらい重い。 そして不便。複雑。どこに何があるのか、よくわからない。使いづらい。 なぜ突然文句言い出したか、というと、 東京大学学術俯瞰講義 2007 「数理の世界」 こういうpodcastがあって、 「うわあ東大の講義が見れる」 と大興奮して、ダウンロードしようとしたら、 上手くいかないわなんのって。 はじめにどこ押せばダウンロードがはじまんのかが、まずわかんない。 ようやくダウンロードの場所がわかって、ダウンロードはじめたら、おっそい。 我慢して待ってたら、終わったらしいので、見ようとすると、見れない。 なんでかなーと思ったら、終わったんじゃなくて、 途中でダウンロード中断してて、ダウンロード完了してなかった。 かれこれ四回ぐらい再挑戦して、ようやく第一講がダウンロードできた。 itunes嫌だ。 いくらデザインがかっこよくても、機能がこんな使いづらかったらしょうがないじゃないっすかappleさん。 ○keyholeTVはダメだった この記事で、P2P形式のフリーソフトKeyHoleTV」でテレビが見れると書いたけど、 今日を持ってアンインストール。 画質がクソなのは我慢するとしても、やっぱ長時間見ると、映像がとまる場面が多くてね。 実用には値しない。 大体携帯でワンセグ見れんだから、パソコンでもできるだろ、と調べてみたら、 USBでつなぐタイプの、ワンセグチューナーをつければ、パソコンでも見れるらしい。 これ買うかなー。 ○原価販売最高! 話は変わって、原価について。 原価を知ったら驚いてしまう真実 よく誤解されているけど。 マクドナルドのポテトをつくるのに15円かかります。 そのポテトを240円で売ってるんで、 ハンバーガー屋は225円、客からぼったくってるかというと、そうじゃない。 「原価15円のものに、なんで200円も出すんだ!」とお怒りの方々は、 自分がコンビニ経営する時は、是非「全商品原価販売」を徹底してくださいませ。 まず、従業員なんて雇ったら赤字ですから、全部一人で切り盛りしましょう。 電気代払っても赤字なので、電気もクーラーもなし。 そもそもコンビニの店舗の建設費用が出ると赤字になるので、 なんかビニールシートでも敷いて、露店形式でやることになるでしょう。 商品を仕入れる時も、運送会社を使ったら赤字なので、全て自分でとりにいって、自分で運ぶことになるでしょう。 なんて良心的なコンビニなのでしょうか!原価販売最高! ○そもそも15円は原価じゃないよ、という話 簿記2級やると、工業簿記というのがあって、そこで原価計算をする。 上の、ポテトが15円というのは、原価とは呼ばない。正確には材料費。 原価計算は、細かくやるとめんどくさいし、僕も初学者なんでぶっちゃけよくわかってないんだけど、 簡単に書くと、こういう感じ。 100kgポテトをつくった。 Mサイズ100gで販売。原価は一つあたりどうなるか。 ○製造原価 1、材料費 まず材料費が、100gにつき15円なんで、全部で15,000円かかる。 材料っていうのは、ここでは、油とかじゃがいもとか。 2、労務費 ポテトを揚げる人が要る。そいつらもタダ働きさせる訳にもいかないから、 たとえばマクドナルドだったら、自給800円で、油ぎとぎとのポテトを揚げさせて、ピラピラ言わせてる。 あのポテト揚げる器具を、修理する人とかへ払う金も、原価に入れる。 直接ポテトを揚げるバイトどもの人件費を、直接労務費、 ポテトを揚げる訳ではないけど、実際ポテトを揚げるのに必要な人件費を、間接労務費と言う。 あんま直接とか間接とかは気にしなくていいけど、材料費も一応直接と間接の区別をする。 3、経費 設備にいくら掛かったか、とか、 (減価償却を使う訳だけど、詳しく説明はしない。 要するに、実際は測れない、長く使い続けることによる消耗を、会計上テキトーな基準で処理してるのが、減価償却) ポテト揚げるためにどれだけガスを使ったか、とか、 そういうのを経費として、原価に加算する。 これにも直接と間接があるけど、そんなことはもうどうでもいいじゃない。 以上の123をまとめて、製造原価と言います。 ポテトを製造するための原価ね。 ○販売費及び一般管理費 原価計算はこれだけで終わらなくて、これに 販売費 一般管理費 を加えてやる。 販売費って言うのは、 マクドナルドでレジ打つバイトの連中に払う、雀の涙みたいな人件費だとか、 CMのために北島康介にバイトの時給の一千倍から一万倍くらいのギャラを払う時に使う広告宣伝費だとか。 一般管理費っていうのが、 管理部門全般で発生する費用。 一般的には管理業務に従事する者の経費、すなわち給料、交通費、通信費、事務用設備の減価償却費などである。 (∵一般管理費) らしいけど、販売費とどう違うのかっていうと、よくわからん。 一応管理業務関連の出費、という区別なんだろうけど、意味あんのか。 ○総原価 以上から、やっとこさポテトの総原価が出せる。 Mサイズのポテト1つの総原価 =ポテト100kgの総原価/1000(100kg=100,000g/1000=100gっすね)……☆ ポテト100kgの総原価 =製造原価+販売費及び一般管理費 =材料費+労務費+経費+販売費及び一般管理費……◇ ☆に◇を代入してやれば、めでたくMサイズのポテトの総原価が出せますね。 実際、店頭で売られる価格は、これに利益が上乗せされるんで、総原価よりもうちょっと割高になってる。 ○上の説明がわかりづらい人へ 材料費が15,000円。 単純化のために、時給800円のバイト一人が、5時間ぶっ通しでポテト100kgを揚げたとすると、 労務費が4,000円。 経費がまあ3,000円くらいとする。 販売の中の人件費は、そのポテト揚げたバイトが売るんで、労務費と一緒。 広告宣伝費に、100,000掛かったとする。 一般管理費がテキトーに1,000円くらい掛かってたとしようか。 この設定をまとめると、 材料費  15,000 労務費 4,000 経費        3,000 販売費及び一般管理費  101,000 ------------------------------- 合計 123,000 なんで、上の◇っつーのは123,000。 これを☆に代入してやると、123,000÷1,000=123円。 この設定だと、材料費15円も総原価123円って、結構な差になるけど、 実際人件費だとか、宣伝広告費だとかを、どのぐらい削るかで、全然総原価は変わってくる。 はじめ僕は広告宣伝費0の設定で計算したら、28円になってしまって、 材料費と総原価が13円違うだけという、極めてつまんねー結果になってしまったぐらい、 人件費と宣伝広告費の設定は大事。 実際の価格は、この123円に利益を上乗せするから、これよりは高くなる。 240円で売ってると、一つ117円の利益。 まあだから、いくら不景気だからって、 居酒屋に外で買ったビール持ち込んだり、あんまケチくさいことしちゃダメだよ、という話。