読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

TOIECが終わる

○TOIEC雑感 TOIEC終了。 最後の5問が終わんなかったんで、テキトーにマークした。 どうだろうなあ。 公式問題集の方が語彙レベルは難しかったんで、本番は若干簡単に感じた。 けど点数にはあんま反映されなさそう。 700は超えるといいなあ。 スコアが返ってくるまで、自分の点数が想像もつかない。 一橋での受験以来、すっかり試験というものに対して、緊張しなくなってしまって、 大学一年の漢、英、数検2級、今年の簿記三、二級も全く緊張しなかった。 けどTOEICは、なんか途中でちょっと緊張した。 僕の中にある英語コンプレックスがstimulateされるんだろうか。 試験官の側で、二回もやってたから、試験官の動きなんかもよくわかる。 受付やってとか、「受験票Bは回収しますので云々」とか、携帯の電源オフ確認してとか。 しかしなんでTOEICってあんな微妙な時間から始まるんだろ。 僕は飯食わないで行ったんすけど、皆どうしてるんだろ。 終わったらモスに行って、テリヤキとバニラシェィクを食らう。 なぜか3時頃だったのに、飯時より混んでた。なぜだ。 時間が足りない、足りないと思ってたんだけど、 公式問題集やってた時は、リスニング60分、リーディング60分でやってたんだけど、 そりゃ時間足りないはずで、実際は45分対75分だった。 (二回目の問題解いてる時に気づいた) ○英語について もしかしたら河合塾で英語教えることになるかもしんない僕だけど、英語はもっとレベルあげたい。 ブロンド美人を篭絡できるくらいになりたいなんて思ってたけど、 色々調べているうちに、話はそうそう簡単じゃないことがわかってきた。 ・英語公用化の流れ まーサービス業が世界進出する中で、英語が重要な要素になるのはわかる。 日本企業だから日本語という考えが、足枷になるのも確か。 楽天が英語公用語にしたのは、ちょこっと触れたけど、 ユニクロも似たようなことやるらしい。 ユニクロ:新世界戦略 英語公用化…12年3月から ユニクロ:新世界戦略 英語公用化…12年3月から  2010年6月24日 2時32分 更新:6月24日 11時6分  カジュアル衣料のユニクロを展開するファーストリテイリングは23日、12年3月から社内の公用語を英語にする方針を明らかにした。日本のオフィスも含めて、幹部による会議や文書は基本的に英語とする。海外展開を加速させており、グローバル化に対応した言語の共通化が不可欠と判断した。 ・反対意見 主に右の方向から、感情的な反対意見を言う人が多いんだけど、 企業戦略としてはそうそう的外れでもない。 まっとうな反対意見としては、 英語公用語化について 英語至上主義が結局は ネイティブ 帰国子女 純ジャパ のヒエラルキーをつくって、企業の中で暗い雰囲気が漂うだけだよ、という話。 どっかの大学できいた話だな。どこだっけな。 死ぬほど英語を勉強してきたからわかる、英語学習の限界 英語を死ぬほど勉強してきたからわかる、英語学習のありかた 死ぬほど英語を勉強してきたこととは別に関係ない、英語との付き合い どんなに日本人が努力しても、ネイティブの大卒並の文章力、表現力は身に付かないという話。 むむむ。 ・英語勉強法 英語上達完全マップ 僕自身の能力について言えば、受験生だった頃よりは英語力伸びてる、と思う。 特にリスニング力。 実際週に二日、外人の先生が、内容はくだらねーけど、英語で九十分なんかしら喋ってるのを 真面目にきいてるだけでも、全然違う。 目の前に人がいるとやっぱききやすい。 まああの人たちも、ちゃんと言葉選んで、僕達にわかるように喋ってるんだと思うけど。 直読直解も、英検二級・センターレベルなら割と簡単にできる。 ただ文章の難易度があがるとダメ。 さっぱり伸びないのが、スピーキングとライティング。 つまり、インプットは出来るけど、アウトプットがさっぱりできない。 ホントに中学生レベルのことが言えなかったりする。 (多分ネイティブ的には幼稚園児並のこと) このサイトによると、バネみたいに、 中学生レベルの内容から、英作文をしろって言うんだけど、ぶっちゃけやりたくない。 さっぱり思い浮かばないんだもの。 でも本気で英語を習得しようとしたら、そういう作業もやらなきゃいけないんだろうな。 後、発音とも向き合わざるをえないだろうし。