四十三庵

蔀の雑記帳

ギャンブルがいかに儲からないかという話

僕の大学の先輩の友達に、成績が学部一位とかだったらしく、(GPA4.0) 奨学金図書券何万円をもらったそうなんだけど、 その人はその図書券をすぐ換金して、パチンコにつぎこんで、何倍かに増やした、という人がいるらしい。 そういう話もあるけど、基本的にパチンコは儲からない。 ギャンブルの儲けを考えるには、 つぎこんだ金が、いくらぐらい返ってくるかの平均を考えればよい。 つまり、期待リターンである。 (高校数学で言えば期待値) たとえば、利子率0.1%の普通預金に貯金すれば、 期待リターンは当然0.1%。(ショボッ) 100円貯金すれば、一年後にはまあ1円増えるでしょう、と。 銀行の場合、利子率0.1%なら、確実に1円返ってくるけれど、 ギャンブル(というか期待リターン)ではそうはいかなくて、 期待リターンがプラス1%のパチンコ台があったとしても、 実際自分が打ってみたら有り金全部スった、つまりマイナス100%だった、なんてことは当然ある。 だから、期待リターンがマイナスだから絶対に損する、というのは嘘だったりする。 損する公算が高いのがホント。 情報元 (つっても、情報ソースとか調査方法とかが書いてないんで、どこまで信頼できるやら) このサイトによると、各ギャンブルの期待リターンは、 ・宝くじ → マイナス55%  ・競馬 → マイナス25% ・パチンコ → マイナス10%       ※パチンコの投資収益率の信憑性は不明。 と、なかなか素敵な数字が並んでいる。 宝くじの期待リターンはかなり信じられると思う。 だって、賞金の総和と、買った人数、宝くじ一枚の値段がわかれば、ちょっと計算すれば、すぐ出せる。 多分信頼できるデータも公表されてるだろうし。 問題はパチンコで、僕個人の見解では、マイナス10%よりも低いんでないかと思う。 (なんの根拠もないけど) まさか全国のパチンコ屋が、 「うちの期待リターンはこんなもんです^^」 なんて公表しないだろうし、 「うちの客の戦績をEXCELファイルにしてまとめました^^」 なんてサービスもやるまい。 店が公表しないんだから、自分で調査するしかないんだけど、これがまた至難の業。 いちいち店から出てきた奴に、 「今日はいくら投入して、いくら返って来ました?^^」 なんてたずねれば、そのうちボロ負けしたアホの憂さ晴らしにぶん殴られるだろう。 真剣に標本調査するとしても、サンプル数が結構要る。 最低でも千人、あわよくば一万人くらい要るだろう。 そっから、統計学使って、期待リターンを近似してやれば、 それなりに信頼できるものがとれる。とれるけど、誰がそんな聞き込み調査やるよ。 少なくとも僕はやらない。 そしてパチンコ屋もやらせない。 だって自分たちが客からむしりとってんのばれちゃうでしょ。 昔の記事 パチンコ屋の決算がまとめてある。 やっぱり売上高2000億円はすげー。 ……なんて思ってたら、もっと儲かってるとこはあった。 ダイナム 2010年3月決算公表 ?売上高が前期比で約1割減 一割減っても、売上高8571億3900万円っすか。 今手元にある資料で、日本の製薬企業で売上高一位の、 竹田製薬工業の売上高(平成20年度)でも、1兆5億万円くらい。 製薬企業三位の、第一三共が大体8500億円なんで、 ダイナムはそれと同じくらい。 あの、製薬会社って結構儲かるんですけど。 こんだけ利益上がってて、客にちゃーんと還元してるはずはない。 パチンコ・パチスロの真実 ネットで知るパチンコの正体 まあパチンコの経営者が、ほとんど在日だっていうのは苦笑ですけど、 それ以外は結構当を得てる。 特にパチンコ依存症のクズは読むべきサイト。 これ読んでやめられないなら、パチンコ玉大量に飲み込んで死ね。 「闇金ウシジマくん」の最初の話で、パチンコ依存症の主婦が、 トイレで金もらってフェラする話があったけど、結構事実に近いらしい。 んで、その他の期待リターン。 ・上場株式 → 年平均リターン約7% ・日本債券 → 年平均リターン約1?2%  ・世界債券 → 年平均リターン 4?5% 株はなぜかギャンブル(投資だ、とか、投機だ、とかつまんねーこと言う人いるんだけど、同じだ)の中でも、 期待リターンが正の値になる。 まあでも、これはあくまで過去50年の話。 これからの時代はこんなに上手くいくのかねー。 過去50年って、実は第二次世界大戦が終わって、 アメリカ、日本、ドイツを筆頭に、バンバン経済成長してって、 株価がぐんぐん上がってった時期だったりするんで、そういう特殊事情から来る数字じゃないかと思う。