四十三庵

蔀の雑記帳

FXのお話

【投資/行政】FXのレバレッジ(証拠金倍率)、8月から最大50倍に制限--改正内閣府令施行 [07/24] 客が預けた資金(証拠金)に対し何倍の売買が可能かを示すレバレッジ(証拠金倍率)を、最大50倍に制限する。1年後の2011年8月には、上限をさらに25倍に引き下げる。 世の中ますます儲け話が減っていくね。 ○FXって何? FXとは、簡単に言えば、円を他の通貨にかえて、その為替レート変動で儲けようという話。 もっとちゃんと言うと、Foreign eXchangeの大文字の部分をとって、FX。 日本語で言うと「外国為替」。 日本と、日本以外の国は、別の通貨を使っている。 日本は円だが、韓国じゃウォン、中国じゃ元、 アメリカじゃドル、イギリスじゃポンド、EUじゃユーロ。 国によって様々だ。 鎖国してた時代ならいざしらず、貿易や海外旅行の盛んになった現代では、 円と他の国の通貨が交換できなきゃ困る。 そこで、今は自由に円を、他の国の通貨と交換できる。 もう一つ重要な点として、現在、多くの国は変動相場制をとっている。 昔は1ドル=360円の固定相場制だった時代もあって、 そんな状況じゃ、FXはできない。 変動相場制のもとでは、日々為替レートが移り変わる。 1ドルが120円になることも、80円になることもある。 フツーの頭を持った人間だったら、この状況でこう考える。 「あれ?これって、1ドルが80円の時にドル買いまくって、 120円になった時に全部売っちゃえば、大儲けじゃね?」 そこでFXですよ!皆さん! ○レバレッジって何? FXが流行ってる理由は、レバレッジが掛けられるから、と言っても過言ではない。 株とFXを比較した場合、 株はローリスク、ローリターン、FXはハイリスク・ハイリターンであると言える。 株の場合、取引は平日の9時?12時と1時?4時に限られる。 つまり、週にたったの30時間しか取引されない。 おまけに株はレバレッジなんて制度はないので、 株が上がり下がりしても、損益はある程度の範囲に収まる。 FXは、24時間取引可能。 現実的に24時間、マーケットに張り付いてる訳にもいかないんで、 24時間取引って言うのは、個人投資家なんかには結構負担なんだけど、 その分売買のチャンスは多い。 そして、レバレッジが掛けられる。 実は、FXの取引では、1ドル=100円の時に、 100ドル買いたいから、10000円払う必要はない。 100倍のレバレッジを掛けると、100円で、 10000円分のドルが買える。 為替レート変動の損益も100倍になるんで、 上がった時は一気に儲かる、というのがFXの特徴。 もちろん、下がった時は元手以上にふっとぶので、 FXで人生が狂った人間は山ほどいる。 そういう意味では、パチンコや競馬なんつーのは、元手以上のリスクはないから、かわいいものだ。 (期待リターン低いけど) ○レバレッジがある理由 なんでレバレッジなんて、反則技が存在するんでしょうか。 答えは、「もしレバレッジがなかったら、FXなんて誰もやらないから」。 考えてみるとすぐわかるが、 一日二日で、為替レートってどのぐらい動くかって言うと、ほんとにすこししか動かない。 仮に1ドル=100円で、100万円全額ドルにつぎ込んで、 翌日101円に上がったとしても、1万円しか儲からない。 そしてこの1万円から、証券会社の手数料を引いて、 最悪税金までしっかりとられて、自分の手元に入ってくる頃には、1万円未満になっている。 そんなわずかな収益のために、一日中頭使って、 為替レートに注目して、いつ売ろうかいつ売ろうか神経すりへらすなんて、誰がやんの。 普通にバイトがんばれば、一日で一万円くらい、普通に稼げるよ。 ○最初の話 で、まあ、レバレッジの制限も、 FXで人生狂った人々への配慮なんだろうけど、どうなんだろうね。 FXの存在意義がなくなるんじゃ、と思うけど。 レバレッジ高くして派手にふっとばすって言っても、逆指値(強制ロスカット、 ここまで下がったら自動で売ってくださいという指示)を適切に設定すれば、 元手以上の損をしないようにできるしね。 人生狂わすものを規制しよう!って言うんなら、 アニメもエロゲーも文学も風俗もパチンコも競馬も、みーんな規制すべきだ。 でもまあまともな人間は、なんでもかんでも規制しろとは言わない。 問題の根幹が、それにのめりこむ人間の愚昧さにあるのは、皆うすうすわかってるからだ。 頭悪いのは、時に罪になる。 レバレッジは人の人生狂わすから規制しろ、って言うんなら、 政治だって規制すべきだ。 つい最近だって、鳩山由紀夫という、東大の理学部出身で、 海外留学経験もあり、数多くの優秀な論文を残したすばらしい頭脳を持ちながら、 政治というろくでもないものの中毒になってしまったせいで、 学者の道は絶たれ、世間の物笑いの種になってしまった人がいる。 もしきちんと学者の道に進んでいれば、今頃ノーベル賞の一つや二つとっていただろう。 それが、政治家を志したばっかりに、あんなことに。 それは、レバレッジのせいで、FXのせいで人生を狂わせるのと同じくらい、 いやもしかしたら、そんなことよりずっと、ずっと、残酷なことだったんじゃないかなあ。