四十三庵

蔀の雑記帳

エリーゼ、明治大学博物館、梅むら

エリーゼ食べログ
五時ちょい過ぎくらいに、四ツ谷駅に行って、
アパートに全く食料がなかったので、よし遂にエリーゼで食ってみようと、
意を決して行くと、並ばずに入れたので拍子抜けした。
オムライスと杏仁豆腐を食べる。
店内は客が十何人しかいないのに、なぜか店員が四人もいる。そして結構元気で、愛想がいい。
同じ洋食店でも、キッチンジローなんて、食事時でも店員一人で回してたりするのに。
店内狭い。
いつも行列ときいていたが、単に椅子が少ないせいだろうこれ。
オムライスは卵が甘くない奴。
ケチャップがたっぷり乗ってるので、それをかけながら食べると美味い。
杏仁豆腐はジャムがあんまり好きじゃなくて、失敗したと思った。


正直言って、並んで待つ程、「すごく美味い!!!」という感動はない味だけど、普通に美味しい。


明治大学博物館(公式サイト
御茶ノ水の楽器街を抜けて右手にある、リバティタワーとかいう建物の、地下が博物館になっている。
地下一階は、企画展と明治大学の歴史。
企画展は埴輪の展示らしく、あんま興味なくて三百円払う気がしないので、スルー。
地下二階の展示が一番面白い。
三つに分かれていて、
・商品
・刑事
・考古
の順。
商品は織物とか陶器・漆器なんかの民芸品、考古というのが旧石器〜古墳時代までの土器・石器などのコレクション。
刑事が、かの有名な拷問器具コレクション。
特にギロチン・アイアンメイデンが見物。
鉄の処女」なんて最低で最高のネーミングセンスだ。
破瓜の血という訳か。


内容自体はまあ大したことなかったかな。
二十分くらいで全て見れた。
ただ大学に博物館があるっていうのは、いいかも。


○梅むら(食べログ
孤独のグルメ」に登場する豆かんの元ネタになった店。
ホントに漫画そのまんまで笑いそうになった。
場所がちょっと大通りを離れた所にあるので、見つけづらい。
豆かん(450円)とぜんざい(600円)を頼む。クソたけえが、話にはきいてたので、耐える。
豆かんは頼むと一瞬で出てくる。
確かに美味い。
ぜんざいはちょっと時間が掛かる。
出てきたのは、溶けたあんこに餅が入ってますみたいな、どろどろのぜんざい。
美味しかったけど、液状のものが食べたかったかな……


浅草はなんか面白かったけど、人でごったがえしてたし、何より外人が多い。
外人ってああいう「いかにも日本」って感じの場所好きね。
川越も浅草みたいな方向性で行けばいいと思う。