四十三庵

蔀の雑記帳

三島由紀夫「永すぎた春」

三島の書いた大衆小説。
よく三島を「頭のいいキチガイ」のように認識している人がいるけれど、
実際はもうちょっと彼は複雑な人物で、俗っぽい価値観もある程度理解していたし、
理解しているということをたびたび誇示しようとした。


この小説の文章は、三島にしては簡単で読みやすい。
こういう文章でも、端々できちんと均整がとれているのはすごいね。