四十三庵

蔀の雑記帳

宮尾龍蔵「コア・テキストマクロ経済学」

理論と実証のバランスが意識された良著だと思います。
今まで読んだ教科書の中では一番好きかも。

    • GDPと物価
    • 消費
    • 投資
    • 貨幣
    • IS-LM
    • 国際マクロ(為替レート決定要因)
    • 景気循環と経済成長
    • 資産と銀行
    • 財政政策と金融政策
    • 日本の政策

がトピック。


トービンのqの解説が非常にわかりやすい。
教科書って著者によって同じことを言ってるのに、説明が全然違って、
わかったりわからなかったりするのは面白い。