四十三庵

蔀の雑記帳

小松章「基礎コース 経営学」

経済学の理論で、「企業」をどう考えるか。
経済学を学べば、企業経営に何か寄与するか、というと、そうは思えない。
生産関数をおいて、利潤最大化問題を解いて、
じゃあいざ企業のCEOに出世して、
「よしこの会社の生産関数はこうだから・・・利潤を最大化する設備投資はこう!!!><」
なんてことをやるはずもない。


経営学はかなり実際に即しているように思う。
もちろん経営学も、「机上の空論」に近い側面は持っている。
今まで経営学は見下してたから、意外と面白くてびっくりした。