四十三庵

蔀の雑記帳

ヤクルトはなぜ儲かるのか?〜乳酸菌帝国の秘密〜

ヤクルトが好調ですね。
交流戦に入って猛烈に失速してますが、さてどうなるか。
僕は神宮でバイトしてたこともありますが、ぶっちゃけヤクルトはそんな好きじゃなくて、
つば九郎は好きだけれど、球団自体はあんまりだったりします。
で、ふと疑問に思ったのが、
「なぜヤクルトみたいな会社が球団持ってるのか?」
ということです。

こんなちんまりしたもん売ってる会社が、どうして球団を一つ持つ程の金があるのか?
十二球団の親会社は、どこもビックビジネスばかり。
ソフトバンク→携帯・通信事業
楽天→ネット販売・銀行・証券
阪神・西武→鉄道
巨人→新聞、テレビ
中日→新聞
横浜→TBS
オリックス→金融

                          • -

ロッテ→菓子
日本ハム→ハム(これもアレだけど)
広島→市民球団マツダが)


下三つも微妙ですけど、広島はまあ貧乏球団なのは有名ですし、
ロッテと日ハムはすげー売れてます。
なんで乳酸菌を売ってる細々としたヤクルトがこの中に入れるのか?
その秘密は実は三つありました。


●利益がちゃんと出てるヤクルト
財務諸表
実はここ十年、ヤクルトは赤字を出したことがありません。
リーマンショックの時でも景気後退の影響をほとんど受けず、(株価は下がりましたが)
むしろ利益は前年より高くなったくらいでした。
粗売上(2010)は、290,678百万円。およそ2900億円です。
純利益が13,251百万円で、およそ132億円。
かれこれ10年くらい安定して100億円台の利益を計上し続けています。
実はヤクルトは超優良企業なのです。


なんでこんなに利益が出るかというと、
ヤクルトレディを使った直売方式というのがかなり効いてるみたいです。
人件費が低く抑えられる割に、一個100いくらとはいえ、毎日売ってると結構な額になるようです。
それにその他の商品(食料品、医薬品、化粧品など)の売上を考えると、この利益もうなずけます。


参考
ヤクルトレディについて、あの活動単独でみると単価と人件費を比べてどうしても利


財テクで利益を得るヤクルト
四半期のPLによれば、
ヤクルトの営業外収益は3,900百万円、約39億円。
営業外収益というのは何かというと、主に投資活動から得た収益です。
ヤクルトは財テクでも大きな利益を出しています。
ただもちろん投資活動というのは、損失を出すこともあって、
バブル期にはそれで大損こいた話は有名(※)ですが、現在はまあまあの利益をだしています。



ヤクルトのデリバティブ巨額損失 元副社長、67億円賠償確定

ヤクルトのデリバティブ巨額損失 元副社長、67億円賠償確定
2010.12.7 05:00
 デリバティブ金融派生商品)取引で巨額の損失を出したヤクルト本社の当時の経営陣が、約533億円の賠償を求められた株主代表訴訟で、最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は6日までに、株主側の上告を退ける決定をした。熊谷直樹元副社長=旧商法の特別背任罪などで懲役7年、罰金6000万円が確定=だけに約67億円の賠償を命じた1、2審判決が確定した。決定は3日付。

 2004年12月の1審東京地裁判決によると、ヤクルト本社は1991年10月から98年3月にかけ、金融機関との間でデリバティブ取引を行い、最終的に約533億円の損失を出した。

 地裁はまず「デリバティブ取引は会社の目的の範囲内」と判断した上で、当時の取締役や監査役について「ヤクルト本社は当時の水準として一応のリスク管理体制をとっていた」と指摘、資金運用責任者の元副社長以外の注意義務違反を否定。元副社長がかかわった取引のうち、97年2月以降分に限って「管理体制下の制約に反するものがあった」として違法性を認め67億円の賠償を命じた。株主側は「ほかの役員にも注意義務違反があった」と控訴したが、2008年5月の2審東京高裁判決は1審判決を支持し棄却した。

                   ◇

【用語解説】ヤクルトの巨額損失問題

 1990年代、株価急落で財テク資金運用に行き詰まったヤクルト本社は、投機性の高いデリバティブ金融派生商品)取引などを積極的に手掛けたが失敗。98年3月期で1000億円を超える損失を計上し、当時の桑原潤会長(故人)と資金運用責任者の熊谷直樹副社長が引責辞任した。熊谷元副社長は、米国の投資運用会社が発行したドル建て私募債「プリンストン債」の取引でリベートを受け取ったとする旧商法の特別背任罪などで懲役7年、罰金6000万円が確定した。


●特許で利益を得るヤクルト
ヤクルトは特許使用料によっても利益を得ています。
株式会社ヤクルト本社の特許一覧
まさに乳酸菌帝国ですね。
最近ではヤクルトの容器が商標だとして裁判になっています。
(これはどうかと思いますけど……)
医薬品の特許なんかも持ってるそうで。