四十三庵

蔀の雑記帳

今週のドル円相場(2011/5/30〜6/3)


今週でやっと収支がトントンになりました。
本当にダメリカ様様でございます。


6月1日21:15に出た「5月ADP雇用統計(前月比)」という指標が、
市場予想+17.5万人を大きく下回り、+3.8万人というヤバい水準で、
もうこの時点で米景気の失速感は否めず、翌日の新規失業保険申請件数も予想41.7万件が42.2万件。
ただADP雇用統計に関しては、アメリカのADPっていう会社が
調べてだしてるんだけれど、先月はADPは悪かったのに、実際の雇用統計は市場予想よりよかった、
ということがあったので、今月もイマイチ信じきれない人も多かった。
「決戦は金曜日」ということになったんだけれど、
僕は多分悪くなるだろうな、と思っていた。
「仮にADPの計測方法に、実際の雇用者数とのラグがあるとしても、
1ケタ違うレベルの大きなギャップは埋まらないだろう」と思っていた。
木曜日は内閣不信任案のゴタゴタがあって、可決されればドカンと円安が来るかと期待してたのに
とんだ三文芝居を見せられてしまった。
さて金曜日。
5月非農業部門雇用者数(前月比)予想+16.5万人実際+5.4万
と、大きく下回った。
バイト先で携帯のドル円レートを見て、「よし悪かったんだ」と大喜びした。
このまま円高トレンドに入るのかどうか。