四十三庵

蔀の雑記帳

Italy Versus Japan

ポール・クルーグマンのブログ「The conscience of a Liberal」で、
日本の国債に関する記事があったので、転載。

Italy Versus Japan
A question (to which I don’t have the full answer): why are the interest rates on Italian and Japanese debt so different? As of right now, 10-year Japanese bonds are yielding 1.09%; 10-year Italian bonds 5.76%.


I ask this because in a number of ways the two countries look similar. Both have high debt levels, although Japan’s is higher. Both have awful demography. In other respects, the numbers if anything favor Italy, which has a much smaller current deficit as a percentage of GDP.


So what’s going on? I normally argue that members of the euro zone that have excessive costs — which certainly includes Italy — face a straightjacket in the sense that they will be forced to go through a period of grinding deflation to restore competitiveness. But while Japan has its own currency, it’s suffering from its own deflation all the same.


What is true is that the Bank of Japan is keeping rates at zero, while the European Central Bank seems determined to raise rates. Is that enough to explain the difference? Or is it something about the absence of a proper lender-of-last-resort function?


Or, finally, do Japanese politics — for all their disappointments — just look more mature than those of Italy?


I actually don’t have a firm view. But it seems to be an important puzzle to resolve.

(拙訳)
問題(まあ私は十分答えらんないけどね);日本国債とイタリア国債の利子がこんなに違うのはなぜか。
現在日本の10年物国債利回りは1.09%、イタリアのそれは5.76%である。


二つの国はほぼほぼ同じ状況にある。両国とも債務残高がかなり高い(日本の方が高いけど)。
更に人口構成も酷い。
その他の観点からも、どちらかと言えば、今現在GDP比で見た債務残高の低いイタリアの方が
よさげではないかと思われる。


なのに、一体どうしたんだ? 
私はいつもユーロ採用国は多大なコストを払っていると主張している。
(それはイタリアも含めて)
つまり競争の回避がもたらしたデフレを、
皆一緒に耐え忍ぶことになるという制約に対処しなければならないからだ。
これに対して日本は自国通貨を持っていて、
「自国の」デフレに苦しんでいる。


事実として、日銀はゼロ金利政策を維持していて、ECBは利上げを決意している。
これで質問の答えになったかな?
それとも「最後の貸し手」機能の部分を補足した方がいいかな?


それとも日本の政治(多くの日本人を失望させているアレ)は、イタリアの政治よりマシってことかな?


実は私は確たる見解は持っていない。けどこれは重要な問題だと思うね。