四十三庵

蔀の雑記帳

携帯各社回線増設

LTE、WiMAX…携帯各社、高速通信へ投資加速
スマホ普及でデータ急増 回線混雑を解消
2011/8/22 2:01


 携帯電話各社は現行より通信速度が速い高速携帯電話サービスの設備投資を加速する。NTTドコモは設備投資計画の一部前倒しを検討、KDDIは4年で約3000億円を投じる。スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の普及によるデータ通信量の急増で回線容量が追いつかない事態を回避するため、利用者の新サービスへの移行を促し通信網の混雑緩和につなげる。


 NTTドコモは昨年12月に開始したLTE技術を使った高速携帯電話サービス「Xi(クロッシィ)」の基地局投資を前倒しする。従来計画では2011年度に約1000億円、12年度に約1700億円を投じる予定だが、12年度分のうち200億〜300億円程度の前倒しを検討する。


 同社は今秋から年末にかけてXi対応のタブレット型端末2機種やスマートフォン4機種を発売する予定。利用者拡大を視野に基地局の拡充を急ぐ。


 KDDI(au)は15年3月期までにLTEサービスに約3000億円を投じる。サービス開始はドコモから2年遅れの12年12月を予定しているが、今年度から基地局の設置を進めてNTTドコモを一気に追い上げる。すでに基地局を整備を始めた。


 総務省は地上アナログ放送の終了により空いた周波数を、早ければ今年度中にも携帯電話向けに割り当てる予定。通信量増大を受け各社が割り当てを希望している。ソフトバンクモバイルは新周波数を前提にLTEサービスを検討しているとみられ、12年3月期と13年3月期の2年間で計1兆円の設備投資を計画している。


 LTE技術だけでなく、高速無線「WiMAX(ワイマックス)」サービスを展開するKDDI系のUQコミュニケーションズ(東京・港)も契約数と通信量の拡大に伴い、基地局の建設を計画より1年前倒しで進める。事業開始以来の設備投資額は今年度末で約1300億円に達するもようだ。

僕も今、wimaxを使っているけど、かなり「使える」。
僕の自宅はかなり辺鄙な所にあるせいで、辛うじてアンテナが受信できて、
動画を見るとなると少し辛いかな、というレベルだけれども、
駅周辺であれば、かなり早い速度でインターネットができる。
これは嬉しい誤算だった。
スマホ嫌いの僕としてはこのままノートで就活に望もうかと思っております。