四十三庵

蔀の雑記帳

為替相場(2011年8月4週)

自分がポディションとらないと全然為替相場って興味湧かないもんですね。
まあレート自体が狭いレンジで小さく上下してるっていうのもあるんだろうけど。
二週間くらいFXから離れて思ったんだけど、やっぱFXが目的になっちゃダメなんだね。
4月くらいからはじめて、8月2週目までやって、かれこれ4〜5ヶ月FXやった訳なんだけど、
一時間に一回は為替レートチェックして、睡眠時間はしっかりとってたけど、
まさに寝る間も惜しんで為替相場を血眼で注視してたのは、やっぱり軽い中毒だろうなあと思う。
ギャンブルに依存するのはいかんねえ。
FXやめて、二週間たってみると、本当に凪の海のような穏やかな心持ちがしている。
自分では冷静なつもりだったけれど、一種の熱狂状態だったんだろう。
トータルで損失出さなかっただけマシだけれど、やはり投資に熱狂状態は厳禁だ。
そういう訳でFXで損失出してる人は今すぐやめることをオススメするし、
利益出てる人も、調子が鈍ってきたら、何週間か離れてみると、頭の中がリフレッシュするんじゃないかな。
●ユーロ円

●ドル円

金曜日のバーナンキ議長の会見で乱高下したみたいだけど、まあ基本的に緩やかな円安傾向かな。
我ながらいい時期にやめたと思う。
このまま続けてたら確実にトータルでも損が出ていただろう。
最近やはり明確なトレンドが出てる時以外は、一時間足の未来を予測するのは
ほぼ不可能なんじゃねーかと考え始めていて、チャートも日足を見るべきなのかなと思ってきた。
日足とファンデメンタルで中期的な予測を立てて、持ってくと。
あんまりポディションは動かさない方針で。
その予測が外れると致命傷なんで、よっぽど自信がある時でないとポディションはらない。
ポジらない勇気。
もしユーロがこのまま順調に回復していってくれたなら、
PIIGS問題がまた再燃する時がいずれやってくるだろうから、
上がりきった所でレバ低めにして、大きなSポディションを持ちたい。


あるいは金(きん)。
CFD口座を一応持ってるんで、これも十分上がり切った所でSしたい。
けどユーロ以上に怖いな。
確実に金(きん)バブルと見ていいんだけど、崩壊のタイミングを読むのが難しい。
2011年内は何だかんだで上がっていく気がする。
まあ予想より早く暴落しちゃったら悔しいだろうけど、それはそれで。