四十三庵

蔀の雑記帳

ペットボトルの中の牛乳

皆さんは、リプトンのミルクティーを飲んだことはあるでしょうか。
午後の紅茶とかいう紅茶という名を騙った泥水をすすっている人は、今すぐコンビニに走ってリプトンを買いましょう。
今までマックのハンバーガー美味い美味いって食べてた人が、
モスバーガーのハンバーガーはじめて食ったくらいの感動は得られると思われます。

最近になってペットボトルのミルクティーが発売になりました。

午後の紅茶は大分前から売ってる訳なんですが、どういう訳かリプトンはなかなかペットボトルで売り出しませんでした。
なぜなのかはよくわかりません。

  • ペットボトルに牛乳を

ミルクティーはともかくとして、ペットボトルに牛乳を入れるのは長らく日本では禁止されて来ました。

1952年に厚生省が定めた「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」

これが諸悪の根源でした。

2002年の改正でドリンクタイプの発酵乳や乳酸菌、乳飲料にはペットボトルが使えるようになったが、通常の牛乳はまだ認められていない。

ペットボトルの牛乳なぜないの?
ペットボトルだと蓋を閉めて持ち運びができてしまうため、
敢えて不便な瓶・缶・紙パックで出すべきだ、ということで、ペットボトルすらなかった時代の法律を墨守し続けたようです。

でも2006年にメーカーの運動が実って、ペットボトルの牛乳が認められました。
(実は牛乳の売上は低迷しているそうだ。
言われて見れば大人になってからも毎日牛乳ごきゅごきゅ飲んでます! ってやつはほとんどいない)
が、そもそもペットボトルの牛乳の需要って全然ないし、
そのために機械がめちゃくちゃ高いそうで、法は改正されども棚には並ばず、という状態が続いています。
僕もてっきり禁止されてるもんだとばっかり思ってたんですが。

ちなみにペットボトルのビールというのも、アサヒが一瞬発売したけど、
これまた需要が全然ない上、猛烈な反対運動と、ビール業界が誰も追随してこなかったため、
サイレント撤退という事態に追い込まれたようです。
「ペットボトルビールはまずいでしょ。アサヒビールにあなたの「生」の声を!」サイバーアクションに寄せられたメッセージ(11)
そんなに叩かなくてもいいじゃないか、と思うんですが。

  • うむ

こういう雑文をもっと増やしていく方向で行こうと思うんですよ。
どうでもいいような、それでいて深い何かがありそうで、やっぱどうでもいいような感じの。