読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

金銀暴落中


僕の描いてたシナリオでは、ここ数日の経済不安から、
2000ドル突破すんじゃねーかと思ってたんですが、意外や意外、暴落しちゃいましたね。
為替相場もリスク回避が起こってるんですけど、でもまあまだ何とかギリギリの崖の上で踏みとどまっている感じ。
何かきっかけがあれば、風船を針でつついたように一気に動きそうなんだけど、その「きっかけ」がない。
だから今日は何とか踏みとどまると予想して、
2万円の損切りもやったんですけど、うーんどうかなあ。。。
もし今日パニック相場がになったら泣くに泣けない。
今一番怖いのが、大損するより、目の前に大チャンスが転がってるのに、儲け損なうことです。

Hirlog;金下げ

さて、金がフライングして下げてきましたが、この下げは以前にも見たことがある傾向ですね。

リーマンのときにみられた、金をキャッシュに変える動きです。その後の動きは既知のとおりですが、まだホールドには早すぎるんじゃないですか?

なんで下がったのかな、と疑問だったんだけど、金をキャッシュに変えている模様。
でも僕の目論見だと、リーマンショックと今は類似してるけど、決定的に違う所があります。

1.市場が「第二のリーマンショック」に対して警戒姿勢をとっている
生々しい記憶が残ってますからね。
2.ギリシャは当面の資金繰りに関しては目処がついていて、恐らく九月中のデフォルトはない。
そのうちユーロ圏が抱えきれなくなって、最終的にデフォルトになるのは必定なんだけど、「今」ではない。
この見方はかなり投資家の中でも一般的になってきていて、
先延ばしをしてデフォルトを避けても、なかなか株価低迷は去らなくなっている。
3.金は上がりすぎている
完全にバブルですからね。。。
僕は適正価格は1000ドル切っていいと思ってるくらいなんですが、その二倍近い過大評価を受けていて、
ちょっとしたきっかけがあれば暴落する下地は出来ていると思うんですよ。

1,2から、リーマンショックのような、一晩で大惨事、という風な暴落は恐らく(今の所は)ない。
ずるずる下がって、ガクッと下がって、少しずつ回復して、またずるずる下がって、ガクッと下がって……
という感じで下がっていくでしょう。
(欧州債務危機が解決せず、アメリカの景気二番底懸念が払拭されない限り。
まあ間違いなく両方とも解決しないし、払拭されないです)

だから今日は……僕は寝ていいと思ってるんですが、
「万が一」ということを考えると、怖いなあ。
ダウ先物、朝〜昼間はプラスだったのに、いつの間にかマイナスになってるんですよね。
パニックで売りが売りを呼ぶ時代もありえなくもない。。。

でも多分、多分ですよ、ある程度下がった所で、
アメリカの勇気ある(無謀とも言う)ヘッジファンド辺りが、
大口の買いをぶちこんで急浮上してくと思うんですよね。
何はともあれ開場してみないとわからないんですが。

お金の動きとしては、今までこういう時に集まってたのは、



スイスフラン

という三強が本当にお金を吸い込みまくってたんですが、
知っての通りスイスフランが脱落。
(参考記事)
スイスの無制限為替介入
おまけに金もこの体たらくとなると、ますます円が強くなる一方ですな、
と思いきや、円も確かに強いんですけど、これ以上買いが進むと、
確実にスイス政府と同じ方向進む水準まで来ているので、
特にドル円に対しての買いは鈍り始めています。

ここで金が流れているのが、どうやら国債のようです。
あ、国債っつっても、ヨーロッパのあの国のやつとかではなくて、
米国債だの、日本国債だの、その辺りですね。

PIIGS−独債利回り格差、スペインを除いて拡大
09/23 21:06

9月23日 21時5分現在
PIIGS債利回り格差=(各国10年債利回り)−(独10年債利回り)

P ポルトガル  10.200% (前日10.032%) 前日比+16.8bp
I イタリア     4.022% (前日3.988%) 前日比+3.4bp
I アイルランド  6.938% (前日6.920%) 前日比+1.8bp
G ギリシャ    22.062% (前日21.889%) 前日比+17.3bp
S スペイン    3.613% (前日3.619%) 前日比-0.6bp

(関連)
金と銀が底抜け暴落、リスク回避資産からリスク資産へ
金下げ2
まあ僕は金に手ぇ出す気はないんだけども。