読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

ソフトバンクの優勝に全力で抗議する

ソフトバンクホークスの優勝がはやくも決定しました。
おめでとうございます!
今年のソフトバンクの試合には本当に感動しました!
圧倒的強さでしたね!
先発・中継ぎの安定感、打線の鮮やかな得点、まさに強豪チームの中の強豪チーム。
いや〜今年のソフトバンクには本当にシビれました!


……ってそんな訳あるか!!!!
このクソどもが!!!!
明らかに他チームと選手層が違いすぎて、パワーバランスおかしくなってるだろ!!!
あれだけ怪我人出てるのに代わりの選手が活躍するってただのチートじゃねーか!!!!!
あんな試合のどこに感動する要素があんだ!!!!!!
優勝して当たり前だろうが!!!!!!

実際、親会社が出す金の額と、チームの強さというのは、かなり比例する。

金を出す

強い選手が集まる

チームが強くなる

という流れだ。
今回の記事はソフトバンクの金満球団っぷりをデータから明らかにしたいと思う。
福岡ソフトバンクホークス年俸ランキング

残り10数試合となったが、現在のパリーグの順位はこちら。

1位 ソフトバンク
2位 日ハム
3位 オリックス
4位 西武
5位 楽天
6位 ロッテ

ソフトバンクの優勝は決定したが、その下はまだわからない。
もう一波乱ありそうだ。
ロッテの最下位、楽天の5位あたりはほぼ確定だと思われる。
では下から、親会社がどのくらい年俸を払っているのか、見ていこう。

ロッテ
総年俸額
21億8220万円
平均年俸
2694.074074万円
選手数
81名

ロッテの場合、西岡がメジャーに行き、サブローも巨人に放出、
去年一昨年の主力メンバーがほとんど消えたけれども
伊志嶺、清田などの俊足選手が活躍、投手では唐川がブレイクしたりして、
シーズン中盤は3位はロッテか楽天かと言われてたんだけども、
クリーンナップの井口の絶不調、今江の怪我離脱、キャッチャーの里崎の怪我離脱などで一気に暗黒化。
つい最近では11連敗の泥沼っぷり。

楽天
年俸
25億4910万円
平均年俸
3398.8万円
選手数
75名

以前は横浜と並ぶ弱小球団の代名詞で、以前は1億円プレイヤーが岩隈・山崎くらいしかいないという惨状だったが、
最近は割合選手層も充実してきて、年俸額も増えた。
今年は星野監督主導の大型補強があったが、それがことごとく失敗。
その最たるものがメジャー帰りの岩村。
年俸1億ながら打率1割台本塁打ゼロのまま今シーズンを終えた。
また統一球導入で鉄平が極度の不振など、ただでさえ貧打だったチームが更に貧打に。
震災の後だったこともあり、飛躍が期待されたが、
上位にいたのは四月だけで、特に交流戦がはじまってからは抑え投手サンチェス・スパイヤーが打ち込まれ、気づけば5位に。
8月後半から「ワシンガン継投」と呼ばれる一試合4〜5人くらいの中継ぎ投入で、急浮上して三位になった。
しかし9月のオリックスとの熾烈な3位争いに敗れ、現在五位。

西武
年俸
26億3470万円
平均年俸
3763.857143万円
選手数
70名

シーズン中盤は涌井・岸・帆足の三本柱総崩れで、
中継ぎは知っての通りガタガタの投壊状態でぶっちぎりの最下位となったが、
八月九月に驚異の巻き返し。
CS進出をオリックスと争う。
元エース、西口の復活が嬉しい。
何と言ってもすごいのは四番中村。
統一球導入にも関わらず既にホームラン43本。
ロッテのチーム本塁打を超えるという別次元状態に。
僕は西武ファンに会うたびに「山崎と岩村あげるから楽天に中村くれよ。な?」と言っている。

オリックス
年俸
23億3050万円
平均年俸
3236.805556万円
選手数
72名

ここもシーズン中盤は暗黒で、特に自慢の重量打線がTー岡田を中心に絶不調。
しかし三番後藤、五番バルディリス、六番イ・スンヨプ(いやマジで最近打つんだよ……)などが復調し、
シーズン後半から怒涛の巻き返し。
九月はチーム20勝6敗。
強すぎるだろ。

日ハム
年俸
25億7090万円
平均年俸
3837.164179万円
選手数
67名

現役選手最高額の5億円プレイヤーダルビッシュの所属チームだが、
実はチーム全体としてはそこまで年俸が高い訳ではない。
今年はシーズン序盤こそ、小谷野の不振などで苦しんだものの、
投げてはケッペル・ウルフ・斎藤佑樹が謎の勝運で勝ち星をあげまくり、ダルビッシュは知っての通りの無双。
武田勝田中将大と争うほどの防御率(なお援護点は)。
打つ方では小谷野の不振を、新外国人スケールズ、ホフパワーが補う。
ホフパワーはシーズン中盤からは扇風機化したが)
また三番糸井、五番稲葉の好打者コンビで打線が機能。
手堅く二位をキープ。
しかし終盤に来て、突然大型連敗を積み重ね、振り向けばオリックス
そして西武という状況に。

ソフトバンク
年俸
37億0090万円
平均年俸
4303.372093万円
選手数
86名

37億。
37億。
パリーグで二番目に金使ってる西武が26億だから、10億以上金使ってることになる。
その金満っぷりで他球団から有力選手をバンバンとってきた。
内川、多村、細川。。。

そりゃ優勝するわ!

ぶっちゃけセ・リーグはどうでもいいんだけど、一応出しといた。

中日
年俸
34億1475万円
平均年俸
4493.092105万円
選手数
76名

地味に金出してる。
しかし今の岩瀬に4億払う価値はあるのか。

阪神
年俸
39億6500万円
平均年俸
4956.25万円
選手数
80名

一時期の「ダメトラちゃん」っぷりはどこへ。
気づけば巨人以上の金満球団に。
城島・金本への高額年俸の無駄遣いをなくせばええんやないか?

巨人
年俸
38億7960万円
平均年俸
4310.666667万円
選手数
90名

元祖金満球団。
スンヨプに年間6億払った太っ腹っぷり。
(4年間30億円)
ただ金使ってる割には弱いじゃねーか、と思うかもしれない。
それは「金払ってる相手」の問題で。。。

1 ラミレス 45,000万円 外野手 11年 36歳 1974/10/03 180cm 86kg 不明 右右 ベネズエラ
2 小笠原 道大 43,000万円 内野手 15年 37歳 1973/10/25 178cm 83kg A型 右左 千葉
3 阿部 慎之助 40,000万円 捕手 11年 32歳 1979/03/20 180cm 97kg A型 右左 千葉
4 高橋 由伸 35,000万円 外野手 14年 36歳 1975/04/03 180cm 87kg O型 右左 千葉
5 大村 三郎 13,000万円 外野手 17年 35歳 1976/06/01 181cm 85kg B型 右右 岡山
5 谷 佳知 13,000万円 外野手 15年 38歳 1973/02/09 173cm 77kg O型 右右 大阪
7 内海 哲也 12,000万円 投手 8年 29歳 1982/04/29 186cm 90kg A型 左左 京都
7 MICHEAL 12,000万円 投手 7年 35歳 1976/09/06 178cm 82kg A型 右右 奈良
7 坂本 勇人 12,000万円 内野手 5年 22歳 1988/12/14 184cm 75kg AB型 右右 兵庫
10 山口 鉄也 11,000万円 投手 6年 27歳 1983/11/11 184cm 83kg A型 左左 神奈川
10 ゴンザレス 11,000万円 投手 8年 32歳 1978/12/21 178cm 90kg 不明 右右 プエルトリコ

ラミレス、小笠原、阿部、高橋という老害ベテランの費用対効果が悪すぎる。
西武の中村なんてホームラン43本打って年俸1億2500万円(まあ今年は大幅アップするだろうけど)なのに。

ヤクルト
年俸
27億6410万円
平均年俸
3735.27027万円
選手数
74名

今年なぜか首位をキープし続けた。
結構すごいことだと思うんだけど、なぜかあんまり話題にならない。

広島
年俸
19億2040万円
平均年俸
2526.842105万円
選手数
76名

12球団中最も金を使わない球団。
これは親会社がいない(実質マツダが親会社状態らしいけど)市民球団なので、
仕方ないといえば仕方ない。
1億円プレイヤーが4人。

横浜
年俸
23億0975万円
平均年俸
3253.169014万円
選手数
71名

12球団最弱だが、実はそんなに金を使ってない訳でもない。
それなのに広島に勝てない。


以上見てきた通り、親会社の払う年俸総額と、順位には明らかに関係がある。
今年のセ・リーグはちょっと例外的にヤクルトが一位だけど、
例年中日阪神巨人がAクラスを独占している。
年俸額から見ればそれが当然の状態で、今年はちょっと確変中。
横浜が最下位なのは、もはやお金とかそういうものを超えた何かがあるんだと思う。
なんか多分TBSが50億円払っても、横浜は普通に最下位にいそうな気がする。

  • これが年俸総額でつけたランキングだ!!!!!!!!!

パリーグ
1位 ソフトバンク(37億0090万円)
2位 西武(26億3470万円)
3位 日ハム(25億7090万円)
4位 楽天(25億4910万円) 
5位 オリックス(23億3050万円)
6位 ロッテ(21億8220万円)
セリーグ
1位 阪神(39億6500万円)
2位 巨人(38億7960万円)
3位 中日(34億1475万円)
4位 ヤクルト(27億6410万円)
5位 横浜(23億0975万円)
6位 広島(19億2040万円)
●両リーグ合わせて
1位 阪神(39億6500万円)
2位 巨人(38億7960万円)
3位 ソフトバンク(37億0090万円)
4位 中日(34億1475万円)
5位 ヤクルト(27億6410万円)
6位 西武(26億3470万円)
7位 日ハム(25億7090万円)
8位 楽天(25億4910万円) 
9位 オリックス(23億3050万円)
10位 横浜(23億0975万円)
11位 ロッテ(21億8220万円
12位 広島(19億2040万円)

巨人と阪神は金の使い方を間違えてるから、金額ほどチームは強くない。
グラフにすると、

  • まとめ

「四十三庵」はソフトバンクのリーグ優勝に全力で抗議します!!!!!!!!
そしてクライマックシリーズ敗退を全力で望みます!!!!!!!!!

(関連記事)
ヤクルトはなぜ儲かるのか?〜乳酸菌帝国の秘密〜
「ヤクルト」という企業の儲けの秘密。