読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

情弱の僕たちでもノートパソコン購入に失敗しないために

以前も書きましたが、最近僕はノートパソコンを購入して、
そのためデスクトップはほとんど使っていません。
愛機はこちら。
acer Aspire Timeline X 3830T


実質8万8千円(マイクロソフトオフィス付)でしたが、今調べてみるともうちょっと安く買えたみたいですね。
(1万円くらい安くなったかも)
基本的に家電量販店で買うと、そういう目にあうことになりますね。。。

そんな情弱な僕ですが、このノートPCには満足しています。
多少金銭的に損しても、やっぱり満足の行く商品を買えるのが一番いいと思いますね。
僕自身がノートPCを買う前によくわからなかったこと、疑問だったことを、
「情弱のためのノートパソコン購入前の参考記事」としてまとめます。

  • メモリについて

(メイン)メモリというのは、プログラムを起動した時、それを処理するための部分です。
MB(メガバイト
GB(ギガバイト
のどちらかの単位で表されています。

1バイトが半角文字1文字分だそうなので、1KB(1000B)で1000文字、
1MBで1000×1000文字、1GBで1000×1000×1000文字が一度に処理できます。

もちろん「メモリがでかい方がいい/速い」というのはわかっていると思います。
ただ普通メモリが大きいPCはそのぶんお値段が格段に高くなります。

出来るだけ安いPCを買いたい、という気持ちから、
「お、安いのあるじゃん」と思って買って、家で使ったらフリーズしまくりで動画もろくに再生できない、
よく見たらメモリが1GBしかなかった、なんていう「安物買いの銭失い」になってしまうことがないよう、
メモリにはこだわりたいところです。

でも実際使ってみないと動作がどのくらいの速さか、というのはわからない部分があります。
同じメモリ数でも、メーカーやOSによって、動作は随分違ってきます。
(同じメモリサイズでも、OSがVistaなのと7なのとでは全然違います)
家電量販店ではノートパソコンの見本があって、起動した状態で自由にいじくれるようになっているので、
少しいじくってみましょう。

一応の目安としては、最低でも2GBは欲しい、と個人的には思います。
2GBくらいだと、複雑な処理だと時間食うでしょうが、十分に実用に耐えるレベルだと思います。
1GBになるとかなりストレス溜まると思いますね。
最悪メモリ増設という手段もあるんですけど、それはそれでめんどくさいです。

  • HD容量について

メモリと混同しやすいのが、HD容量。
メモリ容量が4GBで、HD容量が500GBなんて言われると、単位が同じなんで、
情弱だとよくわからなくなるんですが、HD容量は「記録できる量」のことです。
最近はネット上で画像も何も保存できるし、USBメモリも安いですから、
そんなにHD容量にこだわることもないと思うんですが。

家族写真や音楽ファイルをPC上に大量に保存してる人なんかは、こういうのも気にした方がいいと思います。

CPUの名前なんですが、正直僕もあまりわかりません。
情弱が気にする必要はあまりないと思っています。
(コメント欄でツッコミが入りましたので、参照のこと)

  • どうやってネットにつなぐのか?

ノートPCをネットにつなぐ方法は、基本的には3つです。

1.有線
2.無線LAN
3.wi-fi

1.
有線はコードでインターネットにつなぐ方法です。
普通にデスクトップと変わりません。
外でネットをするつもりがないなら、別に有線で何も問題ないと思います。

2.
無線LANは、建物の中で電波を飛ばしてインターネットにアクセスする方式です。
BUFFALOとかがすごく安い装置を売っていて、割と使い方も簡単なので、
外でネットをしない人なら、これが一番快適だと思います。
家の中ならどこでもノートを持ってネットができます。

3.
wi-fiというのが使ってみないとわかりづらいんですが、これは広域無線LANみたいなもんです。
無線LANの場合、たとえばso-netとか@niftyとかとプロバイダ契約して、
インターネットをつないで、それを無線装置使って、電波を飛ばしている訳なんですが、
wi-fiの場合、wimaxとかイーモバイルとか、契約した所が最初から電波を飛ばしていて、
それを契約した人は受信して、ネットを楽しむ訳です。
だから当然外でもネットができます。
電車でノート出してネットやってるうぜえ奴がいると思いますが、
そいつらは大体この方式でアクセスしているのだと思われます。

ネット中毒者の方々にはこれを薦めます。
大体月額3000円〜4000円くらいかかります。
wimaxは速度に優れていて、イーモバイルは室内の電波が強いという特徴があります。
僕はwimaxですが、家の中だと窓際にルーター置かないとネットがつながりませんが、
近所の公園のベンチでやろうとすると、結構サクサクつながります。
wimaxは青いガチャピンとムック、イーモバイルがあのAKBの板野友美がうざい広告をそれぞれ出しています。

  • メーカーについて

これが一番悩みどころだと思います。
どのメーカーを選ぶか?
僕もすごく迷いました。

基本的にノートPCのメーカーは、

アメリカ型(てかapple
中国型(台湾、DELL含む)
日本型

の三つがあります。

  • アメリカ型

アメリカ型の代表はappleです。
代表というか、appleしかいないんですけど。
apple型と言ってもいいかもしれませんね。
高い価格と高性能の、ブランドで攻めるタイプのメーカーです。

appleのPCの特徴はとにかく高いことです。
OSもMacなので、正直使いづらいと思います。
(たとえば仕事でノートを使うとして、プロジェクターにノートつなごうと思ったら、windows用で……とか)
ただ「使いづらい」というのは、「慣れないと使いづらい」というのと、
「世間一般でwindowsが主流」という二つの理由で使いづらいのであって、
モノそのものが悪いかというと、けしてそんなことはありません。
windowsと違ってフリーズもほとんどしないそうですし、特に画像処理のなめらかさはすごいです。
僕のきいた話では、windowsだと画像を拡大すると画素数が粗くなってしまって、
本来の画像の輪郭を失ってしまうんですが、Macでは拡大しても変わらないそうです。

実はDELLもアメリカの会社なんですが、
これはどっちかっていうと、中国型に入れさせてください。

  • 中国型

僕の使ってるacerは台湾のメーカーです。
ASUS(アサス)も台湾。
lenovoレノボ。中国では聯想集団と書くそうです)なんかがこのタイプですね。
あんまりノートPCでは存在感ないですけど、サムスン(韓国)も入れていいでしょうか。
中国型は価格競争をガンガン仕掛けてきます。
コストパフォーマンスに優れ、「この性能でこの値段で売れるのか!」という風な戦略。

日本企業では例外的にエプソンをこのカテゴリに入れていいと思います。
アメリカ企業ではDELL

Googleのchromebookつくったメーカーが、
パナソニックでもSONYでもなく、acersamsungだった、というのは、
実によく日本企業と中韓台企業の関係を象徴している気がしますね。

  • 日本型

appleほどブランドゴリ押しもしないし、中国型ほど価格競争力もない、
中途半端な存在が、この日本型です。
日本企業って全部そうですね。
Panasonic東芝SONYNEC富士通などなど。
イマイチパッとしない商品が、そんなに安くもない値段で売られている印象です。

技術的には依然として中国には負けてないと思うし、
たとえばPanasonicの出してるLet's noteなんかはすごく魅力的だと思うんですが、
いかんせん10万円以上というハイプライス。
こういう所がね。。。

  • 以上

僕より情弱の人たちはこの記事を見て、ノーパソ選びの参考にしてください。
僕より情強の人たちはアドバイスをくれ。
以上です。