読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

ギリシャ人勤勉説への反論〜ギリシャ人が働き者な訳ねーだろ〜

論考

勤勉なギリシャと怠け者のフランス・ドイツ(データで見る欧州ソブリン危機)

上記サイトがトンデモ論を書いてるんですが、コメント欄がないので、トラックバックで書きます。

このデータはOECDの出している、労働者一人あたりの一年の平均的実質労働時間です。*1
このデータによれば、ギリシャ人は、年平均2119時間働いていることになります。
日本人は1714時間。
ドイツは1390時間。*2
上の記事はこの数字をもって、

ここ10年間(2000−2010)のデータで見てもその傾向ははっきりする。データから見ると、ヨーロッパで一番勤勉な国民はギリシャ、ドイツ・フランスはPIIGS平均どころかOECD平均すら下回る怠け者国民ということになる。

と、かなり乱暴な結論を導いています。
絶対にギリシャ人が勤勉などという事実はありえません。
どこが間違っているのか。

  • データそのものが間違っている

まずギリシャは国家ぐるみで財政赤字を粉飾していた経歴のある国です。
「国家の出す統計は信頼できる」と思うのは、日本やアメリカのような、まともな国限定の話で、
ギリシャの報告は信頼できません。

ただ労働時間を嵩増ししても、ギリシャ政府は何も得しません。
「国際社会から働き者だと思われたい!」と思ったから、データを嵩増ししたというのは、
さすがのギリシャ政府でも考え難いでしょう。

考えられるのは、次の要因。

1.パート・アルバイトが平均を下げる効果
たとえば日本では失業率が比較的低く、非正規雇用が結構な数存在します。
ギリシャの事情はちょっとわからないんですが、
日本ほどバイトの口は多くないのではないかという風に想像します。
それを含んでいるのか、除外しているのか。
細かいことはOECDのサイトからはわかりませんが、もしかしたらそれすら統一されていないのかもしれません。

2.法定労働時間で申告していない
日本では当然休憩は労働時間に含みません。
でも多分ギリシャ人はその辺りかなりテキトーにやっているのでは。。。

3.公務員の労働時間詐欺
恐らくギリシャの公務員は世界でもトップレベルの腐敗っぷりを誇っています。
ギリシャの労働者の10〜20%くらいが公務員だったと思いますが、
多分彼らの申告している労働時間はかなり怪しいと思われます。

  • データが正しいのならば

1〜3の疑いはかなり濃厚だと僕は思うんですが、
いかんせん証拠がないので、「立証しろ」と言われると困難です。

という訳で、仮に労働時間が正しいとしましょう。
実はそれでもギリシャ人が勤勉だとは言えません。
ていうかむしろデータが正しい方がやばいです
なぜかといえば、ギリシャと日本のGDPは、大体16倍くらいの開きがあります。
あ、もちろん日本が勝ってます。
日本が約5兆ドル、ギリシャが約3000億ドル。
人口規模・国土面積を考慮してないでしょ、と言われても、
一人あたりのGDPでも日本は勝っています。
ギリシャが約27000ドル、日本が約43000ドル。
本当にギリシャ人が日本人より年間400時間多く働いているなら、
彼らの労働は何をつくってたんですかね?
少なくとも富は増えていないようですが。
だからこのデータはおかし……あ、データは正しいと仮定するんでしたね。

まさか手作業でオリーブ畑に水撒いたり、
アテネのお土産屋で隣の店主とダベってたらいつのまにか十時間くらい働いてたり、
住民票のコピーをとるのに一時間かけたりしてるんですかね?

いずれにせよ、このデータが正しいのであれば、
ギリシャ人は異様に効率の悪い働き方を、世界的に異常な長時間している、
かわいそうな国民ということになります。

(参考)
# 556 財政破綻国は“働きすぎ” ? ( その 1 )
ほぼ同趣旨。
内容をパクった訳じゃないですよ。同じ事を考えてたんです。

(追記)

「ギリシャ人の一日」がヤバイと話題に*3
あれれ〜? 一日六時間の労働でどうやって年平均2000時間超えるの〜?

ギリシャの話で一番すごいのは、
普通ここまで世界中で叩かれて怠け者呼ばわりされると、
「いやこういうギリシャ人もいるんだ!」
っていう例を誰か一人くらい出すもんなんですが、それを見たことがないこと。
旅行した人は大抵「お土産屋の店員は長蛇の列を放置してお喋りに夢中だった」とか、
僕の英語の講師だったアイルランド人は「ギリシャは賄賂の文化がヤバい」とか、悪い話しかきかない。

あ、もし「僕の見た働き者のギリシャ人」を知ってる人がいたらぜひコメントお願いします。

(追記2)2015/03/22
聞いた話によると、ギリシャ人、正業の給料がクソ安いんで、
本業をさっさと切り上げて、副業へ行くパターンが結構あるみたいです。
だから「公務員の労働時間」として見るとめちゃくちゃ短いんだけど、
ギリシャ人一人の労働時間となると長い、というのが実態なのかも。
いずれにせよ、あんまよく知らないままツッコむもんじゃないですね。

*1:Average annual hours actually worked per worker

*2:ドイツ人は勤勉なイメージが強くて、それはある程度事実ですが、割と労働者保護は手厚くて、夏休みは3週間くらいたっぷりとるので、労働時間はさほど長くないはずです。「ドイツサラリーマン事情 ーー夏休みーー」参照

*3:ソースは若干あやしい