読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

TOEIC対策(3)

公式問題集1のTEST1を解く。

ただしバイトが忙しくて、120分の時間がとれなかったので、partごとに分けて解いた。
■■■■■素点■換算点
Listening  89■450-490
Reading   74■330-375
total■■■■■780-865

part1 0/10 0%
2 2/30 6%
3 5/30 16%
4 4/30 13%
5 5/40 13%
6 3/12 25%
7 18/48 38%

part7の大量失点が響く。
早く解こうと思って、読むのを早くしたらこのザマですわ。
どこまで行っても外国語は外国語なんだよなあ。
頭ん中で音読しないと意味がとれないんですよ。
僕は日本語読む時もう頭ん中で音読はしてなくて、だから日本語だと結構読むの早いんですが、
なかなか英語はそこまで持っていけないですねえ。

結局「正確に早く読む」のを根気よく求めていくしかないんですが、
まあー僕そんな英語好きじゃないしねえ。

僕の大学の英語学科は、恐らく帰国子女が半数以上を占めている模様で、
海外在住経験のない日本人学生は「純ジャパ」と呼ばれて、かなり少数派である。
日本の大学がそれでいいのか、という教育機関としての欠陥はあるだろうけど、
英語をbrush upしたいんならいい環境ではある。(過酷だけど)
ちなみに僕が会った英語学科の女の子は一年の時受けたTOEICのスコアが800点だったっていうけど、英語科では底辺らしい。

これからも英語学科はたくさんの「英語バカ」を輩出し続けるんだろうな。
僕の大学なんかは、英語が出来てコミュニケーション能力の高くて、
ルックスがかわいい女の子を輩出することが社会的使命なんだろうから、
ある意味英語学科が一番世の中から需要が高いトコなんだろう。
大学もちゃんとわかっていて、丸善にも「JJ」など女性ファッション誌は入ってすぐの場所に置いてある。

いやていうかね、「タイムショック」に慶應のギャルが出てたんだけど、
多分早慶でも状況は同じなんだよね。
大学は教育機関としてとっくに破綻してる。
マーチ以下の大学はもっと酷いことになってるだろうし。
じゃあ国立はマシですか?というと、そんなこともなかろうと思う。
というのは、僕が今まで会った一橋生とか、横国生とか、数少ないサンプルからの推測でしかない。
理系は多少状況が違うのか、というと、これも怪しい。
文系よりは相対的にマシだろうけど、大差ないんじゃないか、というのが僕の主観的な感じ。

もう社会全体に学問の需要がないんだと思うんですよね。
理系だと電気・情報行けば、技術職につながるから、多少価値があるとは思うんです。
医学部もそう。
でも「学問」そのものの需要かというとそうでなくて、自然科学・医学の需要っていうのは、
現世利益的なものであって、別に「医学を研究して、癌の特効薬発見して人類貢献したい!」なんていうアツい需要ではない。
文系は言わずもがな。
なぜか。
学問全体が停滞してしまっていて、もうあまり進歩の余地がないのが一番の原因なんだと思う。

僕の学問の知識は経済学以外は、仄聞レベルでしかないですけども、
ここ数十年で「世の中を変えるような発見」ってあったんですかね?
或いは「教科書を丸々書き換えなきゃいけないレベルの発見」とか、
「我々の現実への認識が根底から覆るような発見」とか。
なかったと思いますよ。
別にこれは人類の知能が劣化しているというよりは、もっと単純な話。

たとえば、始発電車を想像してみてください。
ドアがあきます。
一番前に並んでいた人が車両に入って、まず長椅子の両端をとります。
そいつらの後ろの人は、長椅子の真ん中辺りに座る。
更に後ろの人はその間。
更に更に後ろの人は、かすかに空いている一人分のスペースに「すいません」とか言いながら座る。
更に更に更に後ろの人はもう席がない。
だからドア脇のスペースに立つ。
その後ろは吊革のある所へ。
そして満員電車状態になっていくと、もう選択の余地はほとんどなくなって、
体をねじこむようにして、辛うじて電車に乗り込む。

電車内の自分の席の位置/立ち位置が、「学問的な発見」で、
列の前の方に並んでいた人が「先祖」、一番後ろに並んでいたのが「我々」です。
いい席は全部とられてしまっている。
今では入門レベルの教科書に載っているようなことでも、学問黎明期は「大発見」だった。
経済学の論文なんて、高度な数学技法が使われていて、
学部レベルだと全然読めないんですが、それから何か世の中の凡愚どもの目を覚ますような発見や、
無能な政治家の道しるべになるような示唆があるかというと、ほとんどない。
労多くして実り少なし。

なんか長くなっちゃいましたが、これTOEIC対策の記事なんですね。
途中から忘れてました。

  • 備忘録

trade magazine 業界誌
balance=remainder;「○○円払った残り」の意で使う用法
ailing(金銭的に)苦しんでいる、不況
holding 資産
constraint 制約