読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

結婚とファイナンス理論〜女のコは皆投資家〜

ファイナンス理論というのは、経済学のかなり異端な立ち位置の分野で、
徹頭徹尾「金儲け」のために考えられた分野です。
株式市場や先物市場が主な分析対象ですが、
ミクマクみたいに「モデルを立てて、一般的な理論を組み立てる」というのが目的ではなくて、もっと端的に、
「どの株を買ったら儲かるんだよ」
「どういうポートフォリオ組めばリスクが低くなるんだよ」
というのを知るのが目的です。
なので、あんまり本筋のミクロ・マクロ理論の中にはファイナンス理論というのは関係してません。
(1990年になって、ようやくファイナンス理論からノーベル経済学賞を受賞する人が出ましたが、
これがよく経済学の中でのファイナンス理論の立ち位置を示していると思います)

CAPMやブラックショールズモデルなんていうのもありますが、
ファイナンス理論の一番大元になっているのが、「平均・分散アプローチ」という考え方です。
マルコビッツというノーベル経済学賞をとった大教授が考えだしたものです。
投資で考えなければいけないのは、リスクとリターンです。
マルコビッツは

リターン=平均
リスク=分散

という風に考えました。
これによって数学的に株式投資が考えられるようになったのですね。

  • 結婚と投資

投資っていうのは基本的に「アコギなことやってんな」という目で見られがちです。*1
しかし実はこれと同じようなことを女の子は皆やっているのです。
そう。結婚です。
投資と同じように考えると、結婚もファイナンス理論から多くの示唆を得ることができます。

  • なぜ大学進学を機に上京してきたエリートOLは高卒で地元に留まった同級生に比べ行き遅れるのか?

「負け犬の遠吠え」という本が少し前に話題になりましたが、
三十代高学歴OLというのは、基本的に結婚が遅れるものです。
出生率も婚姻率は東京都が最も低い、というのは統計的事実です。
なぜ大学進学を機に上京してきたエリートOLが、高卒で地元に留まった同級生に比べ行き遅れるのでしょうか?

これはファイナンス理論を応用すると、実に整合的に解釈できます。

こんな二つの証券市場を考えてみましょう。
100銘柄くらいしか上場してない四国証券市場。
一方2000銘柄以上上場している東京証券市場。

四国証券市場は銘柄数も少ない上に、上場している企業の食品業や地銀など、
あんまり業績に大きな波がない企業が多いです。
大暴落もないけれど、大幅な値上がりも期待できないという銘柄ばかり。
反対に東京証券市場には、ベンチャーから世界中で知られた大企業まで、様々な銘柄が集まっています。

さて、この二つの証券市場で投資するとしたら、あなたはどういう行動をとりますか?
多分四国証券市場であれば、10銘柄くらいスクリーニングして、
「あ、これまあまあいいな」と思う銘柄があったら、割とすぐ買ってしまうのではないでしょうか。
反対に東証で投資するならば、10銘柄程度で投資対象を決めてしまうのは不安なはずです。
もっとよく調べてからにしよう、と慎重になるはずです。

実は、これが都会と田舎の結婚の違いです。
田舎では男性の収入の分散はそんなに大きくないのです。
だから田舎の女の子は、幼馴染で顔はイマイチだけど優しい市役所勤めのタカシ君と、
イケメンだけど性格悪くて自動車整備工のカズヤ君で迷ったとしても、
結局タカシ君が先にプロポーズしてくれたからタカシ君にしよう、と決めてしまう訳です。
どうせ他の人も収入面では大して変わりませんから。

都会では違いますね。
下はコンビニの深夜バイトで生計を立てるフリーターから、
上は年収数億円の実業家やスポーツ選手まで、たくさんいます。
よって「もっと良い人がいるかもしれない。ここはガマンだ」とプロポーズされても断ってしまう訳です。

投資の世界でも、勝ち組と負け組が出るように、
結婚界でも同じように勝ち組と負け組が出ます。
結婚界のウォーレン・バフェットとして有名なのが、ダルビッシュ紗栄子でしょう。

俳優としては大成しませんでしたが、
ダルビッシュの種を受けるという最高の投資に成功しました。
ダルビッシュは月100万の養育費・慰謝料を提示しましたが、
それを1000万円に釣り上げるなど、女優としては微妙でも、見事な「投資家」っぷりを発揮しています。

宮崎あおいは女優としては、紗栄子みたいなゴミと比べればよっぽど成功しています。
しかし投資家としては完全に負け組です。
彼女は高岡蒼甫というクソ株をつかんでしまいました。
その結果がこれです。
宮崎あおいと高岡蒼甫が別居 離婚へ
高岡は俳優としても大して成功してないくせに、浮気報道があって、
おまけに最近はネトウヨに目覚めるという、オリンパス並のクソっぷりを発揮してしまいました。

この二人の事例からもわかる通り、結婚という投資は、
株式投資並に、いやもしかしたら分散投資*2ができない分、株式投資以上に難しい投資なのです。

  • 注意

当たり前ですが、結婚はお金だけ考えるもんじゃありません。*3
あくまでこの記事は「一つの解釈」なので、不快に感じた人はあまり怒らないでください。

*1:事実そうですけど

*2:重婚は民法で禁止されている

*3:まあそういう女もいなくはないですけど。。。