読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

四十三庵の十月〜一日のPVが500から1000の推移でした〜

論考
  • 三つの変化

十月から、若干スタイルを変えました。
1.はてブtwitter経由のアクセスを増やす

検索サイトよりも、「はてブ」とか、twitterとかで人にとりあげられるのを目指します。
どうもその方が長期的に持続するアクセスにつながるみたいです。

と先月のまとめ記事で書いたのですが、今月は本格的にtwitterをはじめました。
現在フォロー115、フォロワー47という状況です。
10月29日には一日で20ほどのツイートを受けて、アクセス数が急上昇しました。

はてブはまだまだですね。
TPPの記事は「5user」と、現在当ブログ最多のブックマークをもらったんですが、
3userに達するのが遅かったせいか、ホットエントリーには載りませんでした。がっかり。

2.本、映画の記事は「感想」から一つ内容を発展させる
今までは本読んでも「これ面白かったっすわ〜」とか、
映画観ても「これゴミだったわ。俺の時間返せ」くらいしか書かなかったんですが、
今月からもう少し人が読んで価値のあるものにしようと思って、
ただの感想から発展させて、「そこから読み取れること」とか「僕はこう解釈しました」とか、
そういう内容を盛り込むようにした。

3.「思いついた記事」を全て書かない
先月は一日に二つ三つ普通に書いてたんですけど、それは思いつたネタは片っ端から書くようにしてたからです。
しかし僕にとっては片っ端から書くのは非常に有益なんですけど、
読者から見たら玉石混交で、特にRSSなんて入れてようものならウザくてしょうがないということにようやく気づきました。
原則として「一日一記事以上は書かない」ということにしました。
時々破ってますけど。
今後は「ブログに書く程でもないネタ」はtwitterの方でやろうと思います。

  • アクセス状況

●概況

500PVから1000PVの間をうろうろしていた月でしたね。

今週ちょっとうれしかったのは、全体的にページ滞在時間が長かったこと。

●パソコンで見てるかスマホで見てるか

スマホがホント増えたんですね。
20%がandroidiphoneなどのスマホユーザーという。

●国籍


なかなかインターナショナルに読まれている四十三庵。

●どこから来ているか(トラフィック

相変わらず90%は検索から。
参照元サイト

twitterから186名、はてブから91名。
別サイトから飛んできてくれる人の何がいいって、ちゃんと読んでくれてるんですよね。
検索からだと、開いた瞬間「あ、これ違うわ」ってすぐ戻っちゃうことって結構あると思うんですけど、
別サイトの紹介だとそれがない。

・検索ワード

相変わらず「ゴールデンボンバー すっぴん」がアクセス稼ぎまくり。
「田中舜」もまあまあ。*1
注目して欲しいのは、9位の「ギリシャ 労働時間」と14位の「オリンパスまとめ」。
両方とも100名以上のアクセスを稼いでいる。
二つとも割としっかりした経済ネタなので、これでアクセスを稼げたのは大きい。

  • 人気記事



上位3つは相変わらず盤石ですね。
相変わらず四十三庵のアクセスはゴールデンボンバー依存度が50%を超える状況。
カテゴリ分けでいっそ「ゴールデンボンバー」っていうのをつくるべきなんだよね。

●4位(野球。681PV) ソフトバンク内川の畜生発言集
パリーグ首位打者にして今年シーズンを通してなんJにネタを提供し続けた内川。
なんJ民には常識の発言でしたが、一応まとめてみたところ、なかなかの高アクセスを記録。
さすが内川です。

それにしても内川の打撃センスは異常。
ケガさえなければ、もっと早く大成してたと思う。
ソフトバンクの2番本多(盗塁王)→3番内川(首位打者)の流れは鬼畜ですよねえ。

twitter見て、横浜ファンの方がこの記事見てショックを受けてましたが、
確かに横浜ファンの気持ちを考えたらこの記事はよくなかったかもしれないですね。
ゴールデンボンバーのすっぴん画像にも言えることだけど。でもそういう記事の方がアクセス稼げるっておかしくないか)
楽天で言えば鉄平(統一球前)が巨人に移籍して、
楽天だと勝っても借金が多くて喜べなかったですねえ」
とか言ったら死にたくなりますね確かに。(いや絶対に言わないだろうけど)

いろいろ言ったり、言われたりしてますが、しっかり結果残してますよね。内川。大した奴ですよ。
結局横浜がDeNA(モバゲー)に買収されたことを考えると、やっぱ内川は正しかったんですよ。
(横浜ファンを傷つけたのは責められるべきだろうけども)
一番畜生なのは内川じゃなくて、横浜という球団なのかもしれません。

●5位(経済)オリンパスで何が起こってるのか、まとめ(日本の経営の旧態依然っぷりの露呈)
僕の勉強がてら書いた記事ですが、上手く時事ネタに乗れたおかげで割とアクセスは良好。
まあでもハム速の記事の方がよかったね。うん。

●6位(経済)ギリシャ人勤勉説への反論〜ギリシャ人が働き者な訳ねーだろ〜
ギリシャ人の労働時間が先進国中一番長いというふざけた統計を出してるサイトがあったので、つっこんだ記事。
ただ同サイトでは、その後反省したのか、労働時間の定義などについて補足記事を書いて、
「単純に比較しちゃダメっすよ!」ということを書いている。
統計っていうのは、こっちが正確に読むっていうことばかりに注意が払われがちなんだけど、
向こうが正確に集計してくれているかということにも同じくらい注意しなきゃいけない。

●7位(経済)TPP反対派の「アメリカが85%を占める」のウソ(ついでにアメリカ陰謀論もウソ)
中野剛志の主張にミスリードがあったので指摘した記事。
僕としてはTPPにはツッコみたくなかったんだけども、已むを得ずという感じ。
案の定コメント欄は荒れた。
TPPへの注目度の高さもあって、当ブログ最多の5つのはてブを獲得。

●8位(経済)いまさらきけない欧州債務問題
書いたの微妙に9月なんだけど、まあいいでしょう。
今後も要注目の欧州債務問題の基礎知識がまとまってる、自分でも割と自信のある記事です。
これを読んでみんなでギリシャショックに備えよう!!!!!!!!

●16位(野球)ソフトバンクの優勝に全力で抗議する
ソフトバンクの年俸の高さを指摘した記事。
「高い金使ってるけど、巨人と阪神は弱いじゃないか」
という反論があるかもしれんけど、アレはラミレスとか高橋由伸とか金本とか城島とか、
完全に老害と化した選手にムダ金使ってるから弱いんすよ。

  • 人気はないけど読んでほしい記事

●49位(IT)映画「バトル・オブ・シリコンバレー」に見るパソコン黎明期〜microsoft vs apple〜
パソコンの歴史をまとめた記事。
かなり興奮しながら書いた割に、アクセス数は稼げませんでした。
今見ると初期マックのデザインなんてめっちゃダサいけどね。いやあ時代だねえ。

●35位(経済)リーマンショックとはなんだったのか
昔、ある講義でリーマンショックの解説をしたこともあったんですが、
証券化がよくわからなかった」という感想が多かった。
その内容を記事にしたんですが。
結局欧州債務問題の遠因はここにあるからね。

●44位(死・社会制度)僕が1年以内に死ぬ確率は0.053%です
いかに日本が「死なない社会」かを統計を用いて明らかにした記事。
自分でつけといてなんだけど、あらためてみるとすごいタイトルだなw

●57位(英語)あなたのTOEICスコアはなぜ伸び悩むのか?〜TOEICスコア算出法〜
要するに
TOEICスコア900というのはそれだけ重いのだ・・・! ゴミども・・・ッ」*2
ということがわかってもらえればよろしい。

●20位(経済)Q.年収一千万以上稼げる仕事を教えてください。A.弁護士、医者、パイロット、大学教授のどれかになりましょう
これも割と人気出るかなーと思って書いたんですけど。
惜しむらくはこの記事の表、ものすごい見づらいんですよね。
もっと見やすく編集してから出せばよかったと後悔。
(僕の大学の労働経済学で配られた統計を元に作ったことをここで告白します。出島さんありがとう)

医者や弁護士を目指すというのは非常に経済合理性に則った行為であるというのは、はっきりしてます。
女の子が男の職業にこだわって合コン組むのも同じ。
スポーツ得意な奴がプロ野球選手目指したり、歌上手い奴が歌手目指したり、
かわいい女の子がアイドル・モデル目指したりするのと同じく、頭のいい人間は医者や弁護士を目指すべき。
中学生や高校生に、
「勉強なんかしなくても生きていけるんだぞ」
って教える大人っているんだけど、それってもしその子が信じてしまった場合、すごく残酷なことになる。
高所得の親の子供が高所得になるっていうのは、その辺りが大きいんだと思うんだよね。*3

  • 月間まとめシリーズ

九月の「四十三庵」まとめ〜アクセス急上昇から沈静化するまでの激動の月〜

*1:今何してるんだろうな彼・・・割とどうでもいいけど

*2:カイジ

*3:昔から親の所得が子供に与える影響っていうのを統計的にだそうと思ってるんだけど、イマイチ網羅的に集計されたものが見つからない。これほどクリティカルな情報もないと思うんだけど、文部科学省が統計とらない理由ははっきりしている。「教育的配慮」だろう。貧しい家の子は低学歴になって、豊かな家の子は高学歴になるんだったら、努力なんかしてもムダだ!と短絡的に決めつけてしまうガキはいっぱい出るだろうから。でも違うんだよなあ。「そういう現実」を隠すんじゃなくて、「そういう現実」があるから、お前らはがんばってクソボンボンどもを追い落とせ、っていう風にした方が僕は絶対にいいと思う