読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

天然ガスへの投資を考える

マネー 仕事 論考

3・11以降、天然ガスへのエネルギーシフトが必ず起きる、と僕は読んでいる。
僕だけじゃなくて、結構各種新聞・雑誌・企業なども、同じような認識でいるようだ。
そんなにこの点には反論がないと思う。

  • エネルギー政策の流れ

日本のエネルギー政策には、明確な流れがある。
まず明治から戦前までにかけては、石炭が中心だった。
そこから段々石炭→石油へと中心が移っていった。
ところがこれが70年代のオイルショックや、環境問題から、石油依存・火力発電依存からの脱却が叫ばれ始めた。
そこで原子力の比重を増やしていったトコに、この3・11である。

脱原発がどの程度本当に進むのかは、非常に疑わしい。
10年くらいしたら、なんだかんだで原発利用が再開されているようには思う。
けれど現状、反原発派のすさまじい*1反対運動への情熱を考えると、
今のところ運転再開できるような世相ではない。

石油依存もダメ、原子力もダメ、となると、新エネルギーか天然ガスしか選択肢がない。
新エネルギーは、大半が環境へのクリーンさだけが売り物の、コストパフォーマンス的にはとても使い物にならない代物だ。
となるとやはり現実的な選択肢は天然ガス一択だ。

(データ)
電気事業連合会によれば、日本の総発電電力量に対する電源別発電電力量(2008年)は以下の表の通りである。

石炭 26.8%
石油 13.0%
天然ガス 26.3%
原子力 24.0%
水力 7.1%
その他 2.8%

●分布

中東が一番多いが、石油とは違い、ロシアが中東と並ぶくらい多い。
ただし中東にせよロシアにせよ、国策として地下資源は管理している。
サウジアラビアであれば、サウジ・アラムコという国営企業ががっちり石油を固めてるし、
ロシアならガスプロムという半国営企業ががっちり天然ガスを固めている。

天然ガス価格
[世] 国際商品価格の推移(年次:1980〜2011年)(天然ガス価格(日本)、天然ガス価格(アメリカ)、天然ガス価格(欧州))
天然ガスは世界統一市場が存在せず、国・地域によって価格が変わる。
なんでアメリカがこんな安くて、日本が高く吹っかけられてるのかというと、
それはほぼほぼ「輸送コスト」が転嫁されているだけ、と考えていい。

天然ガスのふたつの輸送法
天然ガスは地下から採掘して、輸送して、燃やすということになるのだけども、
石油とは違ってガスなので、普通に採掘して運ぼうとしても、気化してどっか行ってしまう。

そこで、二つの輸送法がある。

1.パイプライン
地下を掘って、パイプをつなげて、採掘場所と保管場所・利用場所とをつなげてしまう方法だ。
これがコスト的にはベストだ。
アメリカで天然ガス価格が安いのは、採掘場所と供給地点とをパイプでつなげてしまっているから、
日本に比べて圧倒的に輸送コストが安いからだ。(要因はもう一つあるが、それは後述)
日本のように四方を海で囲まれていると、パイプライン方式は実質不可能だ。

2.LNG
そこで最近よく耳にするLNGという言葉が出てくる。
Liquefied Natural Gas→LNGで、日本語にすると「液化天然ガス」という訳語があてられている。
本来天然ガスは気体の状態で出てくる。
それを急速に冷やす。
マイナス162度(!)という超低温まで冷やすと、天然ガスは液体になる。
液体になると、体積も約600分の1まで急速に小さくなる。

日本のようにパイプつなげない国が天然ガス使うならば、このLNGを国内に輸送して、使うしかない。

マイナス162度で冷やすことからもわかる通り、LNGの扱いは高度な技術が要る。
石油よりも扱いづらいのは確かだ。

アメリカで天然ガス価格が安いのは、輸送法に加えて、
シェールガスという技術革新があったおかげで、供給量が急増したからだ。
シェールガスというのは、頁岩層という、地中深くの層に眠っている天然ガスからとれる「非在来型天然ガス」と呼ばれる、今までは採掘出来なかった天然ガスだ。
頁岩(シェール)層は地下 100 〜 2,600m に眠る固い頁岩*2で出来た地層である。

●水圧粉砕
頁岩層にジェルを流しこみ、「フラクチャー」と呼ばれる割れ目をつくる。
割れ目が広がったらプロパントと呼ばれる砂状の物質を注入。
徐々にジェルの量を減らしていく。
するとフラクチャーは完全には閉じない状態になり、ガスを安定的に採取することができる。

●水平坑井
地表に開けた一つの穴から、複数のガスを採掘するための水平な坑道を通す掘採方法である。
これによって一坑からもたらされる産出量が飛躍的に向上したため、シェールガス事業はビジネスとして成立することとなった。

シェールガスの問題点
まさにエネルギー革命と言えそうなシェールガスであるが、問題もある。
まだ詳細なメカニズムはわかっていないが、採掘の際に地下水を汚染するらしく、
採掘場の近隣の井戸水・農作物などに影響があらわれた例が報告されている。
そのためカナダで3000人の反対デモが行われる等、深刻な環境問題を孕んでいる。

基礎知識・シェールガスの記述でもう既に大分長くなったが、
そんなに詳細に調べて書いてる記事多くないと思うので、書く意義はあるかと思って敢えて体系的に書いてみた。
金のことだけしか興味がない人はここから読んでもらえばよい。

●CFD
一番安直に個人が天然ガス買いてえとおもったら、CFDが一番いいんだろうと思う。
僕が口座もってる証券会社のCFDは天然ガスは扱ってない。
(原油は扱ってる)

扱ってる証券会社はそんなに多くないだろう。

ETF(上場投資信託
ETFでも天然ガスは買える。
【1689】ETFS 天然ガス上場投資信託
という商品だ。
よく見るとETFじゃなくてETFSと書いてあるが、
これは「ETFセキュリティーズ・リミテッドという会社およびその会社が扱うETFだそうだ

連動してるのはどうもアメリカの天然ガス価格なのだけども、なかなか値動き的にはいい。
ちょうど買い時の匂いがする。
ただ案の定わたくしの利用している国内証券会社では扱っておらず、日本国内で扱っているのは、

岩井証券
カブドットコム証券
大和証券
高木証券
立花証券
内藤証券
楽天証券

の七社だけの模様。(ソース
ただコモディティへの関心は高まってるから、今後対応を進める証券会社増えるだろう。

上場以来アメリカの天然ガス価格下落にあわせて下がりっぱ。

CFD、ETFいずれにせよあんまりポピュラーとは言いがたく、
ていうか僕の証券会社扱ってなくて、同じような境遇の個人投資家は多いと思われる。
どうしてもCFDかETFにこだわるなら、「海外証券会社の口座開く」という手があるが、正直僕はやりたくない。

そこで代替的な手段として、天然ガス取引増加でベネフィット得る会社の株を買おう、
というのを三番目の手段として提唱する。

番号 銘柄 株価(2012/2/3終値
5631 日製鋼 603
6366 千代化工建 917
6369 トーヨーカネツ 175
7012 川崎重 217
8031 三井物産 1,308
8058 三菱商事 1,765
9104 商船三井 324

この辺りがどうやら来そうな銘柄。
以前は銘柄列挙という恐ろしい記事を書いたことがあるが、今回は多少解説を加えようと思う。

○(5631)日本製鋼所(機械)
かなり渋い機械をつくってる会社。
知名度はあんまないけど、この不況の中でも安定した利益を出し続けてる、素晴らしい優良企業だ。
「電力・原子力製品が収益柱」だそうなんだけど、
原子力ポシャったとしても、火力発電所への揺り戻しで、そっちの需要が増えるので、どちらにせよ美味しい。
LNGの本格利用がはじまれば、恐らく火力発電所需要で潤うと考えられている。
ただし、現状「予想PER17.89倍、実績PBR1.81倍」という過大評価株なので、今から入るのはやや躊躇われる。

○(6366)千代田化工建設(建設)
LNGプラントをつくってる会社。
公式サイトの「あなたとはどこかでつながっている」というヤンデレみたいなキャッチコピーが素敵。
国際石油開発帝石がオーストラリアで始めてるイクシスプロジェクトの大型受注も入ったらしい。
ここも予想PER21.68倍、実績PBR1.55倍とかなり高騰してる銘柄。

○(6369)トーヨーカネツ(機械)
石油・LNGタンクの世界大手。
予想PER26.12倍、実績PBR0.72倍というPER厨の僕からするとブチ切れそうな水準だけども、
2011,12年の利益があんま出てないだけで、今後指標は改善してくと思われる。

○(7012)川崎重工業(輸送用機器)
バイクで有名な川崎。
LNG関連でもプラント、輸送船・車、圧送設備など作ってるようだ。
これは割と今入ってもいけるかも。

三井物産三菱商事(商社)
これはテキトーでいいでしょ。
商社ども、エネルギー事業で結構儲けてるんで、天然ガスも当然儲かるでしょ、というアレ。
(テキトーすぎる)

○(9104)商船三井(海運)
応酬債務危機で地味に傷めつけられてる海運業。
株価も長らく低迷してたが、最近底打ちのきざしが出てきた。
LNG需要で、関連のタンカーなんかの需要も伸びると思われる。
今のところ世界景気低迷の影響の方が大きいので、収益が悪化してるけども、
LNGの需要がもっと高まれば、収益は好転すると見込まれる。

○その他注目
敢えて挙げなかったけど、天然ガス開発といえば、(1605)国際石油開発帝石も注目。
1株521,000円なんで、10株買ったら500万円要る訳で、ちょっと投資対象としてはどうなのっていうのがあるんだけど。(了)

*1:「すさまじい」にこめた侮蔑的なニュアンスを感じて欲しいところ

*2:泥岩の一種で、薄片状に剥がれる特徴が本の頁をめくるのに似ていることからこの名前が