四十三庵

蔀の雑記帳

プロ野球12球団の本拠地格付け2013

2009年から応援し続けてきた楽天が遂に日本一になった。
2013年シーズンは、僕自身がほとんど大学行かなくてよかったというのもあって、12球団の本拠地をすべて制覇した。
楽天が日本一になって、僕の中で何か一つ大きなものに決着がついたような気がする。
マスコミでは「東北の復興のための楽天優勝」みたいな扱われ方してるけども、
僕にとって楽天は「弱者が知恵と努力で強者に打ち勝っていく姿」を見せてくれるのでファンになった。
大学時代の僕の気持ちを、楽天という弱小チームに重ねていたのは間違えないだろう。

まあ前置きはそんなもんにして、12球団の本拠地の「格付け」をしてみようと思う。
思い出した順に書くので、順番には特に意味がないです。

12球団の本拠地レビュー

◯セ・リーグ編
1.東京ドーム(巨人)

アクセス:★★★★★
飯:★★☆
雰囲気:★★★☆
見やすさ:★★☆

大正義軍団、巨人の本拠地。
アクセスのよさは12球団でも1、2を争う。
東京メトロ丸ノ内線後楽園駅で池袋や東京駅から来るもよし、JR総武線で新宿・千葉から水道橋駅に来てもよし。
都営大江戸線で春日駅という選択肢もある。
遠征なら東京ドームホテルに泊まってもよし。

今日日、野球のチケットなんて通常シーズンであればだいたい当日券でどこの席でもとれるんだけど、巨人戦のチケットはちょいちょいとれない場合があるので注意。
やはり腐っても巨人。
観客動員数は12球団で1番多い。
そして球場内の飯の高さも12球団1。
ビール800円(中身は500mlくらい)という暴利っぷり。
ただ売り子の女の子は全員レベル高いので、一回買ってみてもいいかも。
売り子目当てで野球見に来てる客もちらほら。

見やすさに関しては普通。

日本の野球場を象徴する東京ドームだけど、基本的にはドーム球場はクソなので、あまり期待してはいけない。
僕は、ドーム球場の中なら、一番東京ドームが好き。


2.神宮球場(ヤクルト)

アクセス:★★★★★
飯:★★★☆
雰囲気:★★★★☆
見やすさ:★★★★☆

ヤクルトの本拠地。
あんまり目立たないが、実は東京ドームよりも立地はよくて、
都内でも表参道の近くのシャレオツな雰囲気の中にある。
遊園地やホテル、ゲーセン、競馬場(WINS)なんかがある東京ドーム周辺とは違い、
神宮外苑は静かな公園で、駅から球場までちょっと歩く距離があるんだけども、いい感じの雰囲気。
最寄り駅はJR信濃町駅または地下鉄だと青山一丁目駅とか表参道駅とか。

飯はまあまあ美味くて、値段も球場にしては良心的。
ソーセージ盛りが人気とか。(僕は食ったことないけど)

この球場は、野外球場で晴れた日は特に気持ちがいい。
夏のナイターもだんだん日が落ちて涼しくなってくるのがいい。
狭い球場なので、観客席とグラウンドが近く、内野席に行くとブルペンで投げてるピッチャーがほとんど目の前で投げてる。

大好きな球場。
東京オリンピックの絡みでもしかしたら改装されてしまうかもしれないんだけど、あんまり変えないで欲しい。

3.横浜スタジアム(DeNAベイス)

アクセス:★★★★★
飯:★★★☆
雰囲気:★★★★☆
見やすさ:★★★★

横浜のJR関大駅から徒歩数分という抜群のアクセスのよさ。
更には横浜中華街も歩いてすぐなので、デイゲームなら中華を楽しんでから野球というルートもアリ。
びっくりするくらい横浜の市街地のど真ん中にあるスタジアム。
これでチームが強かったら最高の球場なんだろうけど…
ちなみに僕が今年見たDeNAと中日の試合は先発が3回で当たり前のように降りて、中継ぎ四人をつぎ込んでた。

飯は球場の中で食ったことないんだけど、評判は割といい。
夏場に食うみかん氷が美味い。

雰囲気はすごくいいし、親会社がDeNAになってからファンサービスがよくなった。
球場も狭いので見やすい。
神宮と並ぶくらい好きな球場。

4.ナゴヤドーム(中日)

アクセス:★★☆
飯:★
雰囲気:★
見やすさ:☆
電車で行くなら、名城線という名古屋の地下鉄版山手線みたいなやつで
「ナゴヤドーム前矢田駅」という駅で降りて、そこから徒歩10分くらい。
なぜナゴヤドームの専用駅で降りたのにこんなに歩かされるのか謎だし、歩いている途中は本当に殺風景な歩道が続くだけだった。
名古屋駅からはそんなに遠くない。
名古屋は車社会なんで、車だとまたアクセスの評価変わるだろう。

チケットは内野席買ったのに、ほとんど外野の隣みたいな場所で、外野席並に試合が見えなかった。
セリーグで一番デカイ球場なので、基本的にどの席からもグラウンドが遠い。
五階席まであったけれど、ガラガラだった。

飯に関しては高くてマズイことで名高い。
ナゴヤドームの唯一のいいところは駅降りて歩く途中にデカイイオンが併設されてるので、そこで飯を買い込んで持ち込める。

雰囲気に関しても悪い。
観客もなんかそこはかとなく柄悪いし、売店の店員もなんか無愛想だし、不気味な感じだった。

12球団の本拠地の中でもぶっちぎりのクソ球場だった。

5.甲子園(阪神)

アクセス:★★★
飯:★★★
雰囲気:★★★★★
見やすさ:★★☆
梅田駅から阪神電車使って急行で15分くらい。バスでも行ける模様。

この球場に関しては本当にただただ阪神ファンの熱気を感じる場所、という感じ。


6.マツダスタジアム(広島)

アクセス:★★★★☆
飯:★★★
雰囲気:★★★★
見やすさ:★★★★

JR広島駅から徒歩10分という好立地。
飯は普通な印象。
メジャーリーグを参考にしたという球場は、外野席がキャッチャーの後ろにある独特の構造をしている。
僕は単純に外野席買ったけど、寝そべりシートとか飲み放題つきシートとか、野球以外にも客を楽しませるために色々な工夫をしてる。

どうでもいい話なんだけど、マツダスタジアムの券売所はなぜかおばちゃんで固められてて、なんでなんだろうなと思った。

◯パ・リーグ編
7.札幌ドーム(日ハム)

アクセス:★★★☆
飯:★★
雰囲気:★★★★
見やすさ:★★☆

車社会北海道らしく、駐車スペースも広かった。
電車だと地下鉄東豊線でさっぽろ駅から福住駅へ13分くらい。

福住駅から結構歩かされる。
途中の歩道には誘導員がいて、交通整理している。

飯はかなりマズイ。
珍しく球場で飯を食おうと思って、苦肉の策でモスバーガー食ったらピークタイムに買ってしまったのもあってポテトがボロボロだった。

かなり大きい球場なので、グラウンドからの距離は遠い。

球場スペースと売店スペースがはっきりわかれてたり、ビジター専用ゾーンがあったりした。

8.Kスタ(楽天)

アクセス:★★★☆
飯:★★★★
雰囲気:★★★★
見やすさ:★★★★

JRで仙台駅から宮城野原駅というトコまで行って、徒歩五分くらい。
仙台からも徒歩20分。
球団設立当初は食い物の画像ネットにあげられて叩かれてたけど、近年はだいぶ改善されていて、普通に美味しく良心的なレベルになってると感じた。

雰囲気的には東北の家族連れが多くて、年寄りや子どもが多いので、独特な雰囲気を醸し出している。
夏の終わりくらいに、羽虫がグラウンド上で大量発生したり、シーズン終わりになると気温10℃くらいまで下がったり、問題が多い球場でもある。
観客収容数が12球団でもダントツに少ない(2万人ちょいしか入らない)ため、危うく日本シリーズの会場に使えないところだった。

9.西武ドーム(西武)

アクセス:★
飯:★★★★★
雰囲気:★★☆
見やすさ:★★★★★

西武鉄道のつくった陸の孤島。
一応埼玉県にあるが、西武鉄道を使わないとたどり着けないようになっている。
埼玉から行っても東京から行っても遠い。
西武新宿線所沢駅から西武狭山線という路線に乗って、西武球場前駅という駅まで行く。
そこまでたどりつけば、後は駅からおりてすぐに西武ドームが見える。
ドームなのになぜか半分野外になっていて、ドームの側面は吹き抜けになっている。
そのため空調がちゃんと管理できないので、夏暑く、冬寒いというすげー頭の悪い作りになっている。

ただ試合は見やすいし、いつもガラガラなのでいい席がとれるし、
ブルペンが観客席から見えるタイプなので、中継ぎの投球練習も見れる。
西武ドームは飯が美味いことで定評がある。

ファンサービスも近年頑張っていて、
ファンクラブに入ると年会費3000円でユニフォーム+一試合分の内野席チケットの引換券という特典があるので、
僕も西武ファンでは全くないけど西武のファンクラブ入ってしまった。

アクセスはクソ悪いし、夏はクソ暑いし、帰りの電車はめちゃくちゃ混むんだけども、
野球場としては満足度が高い、割と好きな球場。


10.マリンスタジアム(ロッテ)

アクセス:★☆
飯:★★★★
雰囲気:★★★★
見やすさ:★★★☆

首都圏にありながら西武ドームと双璧をなすアクセスの悪さ。
京葉線海浜幕張駅から徒歩15分か、千葉の周辺駅から出てるバスを利用するか。
海浜幕張から歩くのは、天気がいい日だと浜風が心地いいので、わりとオススメする。

この球場は行ったのが3年くらい前で、あんまり細かいことは記憶に残っていない。
とにかく海に近いので、浜風の強さが特徴である。

11.福岡ドーム(ソフトバンク)

アクセス:★★☆
飯:★★☆
雰囲気:★★★★
見やすさ:★★☆

博多から地下鉄で唐人町駅まで行って、そこから徒歩だがここもまた結構歩く。
「玄界灘の潮風」を感じながら歩いて欲しい。
親会社がソフトバンクのせいで、球場にケータイショップが併設されているのは苦笑した。
ドームのすぐ裏が海になっていて、ただまあドームだから風は関係ないのだけど、ドーム周辺を歩いていると浜風を感じる。

飯はあまりパッとしない。
球場をぐるっと回ったけど、チェーン店が多かった。
ホークスタウンの中にスーパーがあるので、そこで買い出ししてもよい。

雰囲気的には実は甲子園に近くて、ホークスを応援するファンにとっては心地いい空間づくりになっている。
デカイ球場なので見やすいかというと…

12.大阪ドーム(オリックス)

アクセス:★★★★★
飯:★★☆
雰囲気:☆
見やすさ:☆

交通ルートは鉄道だけで四つある。

■地下鉄
  長堀鶴見緑地線「ドーム前千代崎駅」より 徒歩すぐ
  中央線「九条駅」より 徒歩約9分
■JR
  JR大阪環状線「大正駅」より 徒歩約7分
■阪神電車
  阪神なんば線「ドーム前駅」より 徒歩すぐ

大阪のかなり真ん中にあるので、アクセスに関しては文句なし。

ただし外観のドームの変な形から分かる通り、球場の中もだいぶおかしなつくりをしている。
欠陥球場であると言ってもいいかもしれない。
外野席の2階部分が飯食いながら試合を見る席になっており、ホームランがそこに入ると看板ではねかえるようになっている。
そもそも外野席にいると、目の前の外野の守備が死角になってほとんど見えない。
なので、外野フライなのか、看板にはねかえったホームランなのか、フェンス直撃なのか、内野席の反応を見ないとわからない。

飯に関しては「いてまえドッグ」という、ただただデカイホットドッグがあって、それが美味かった。

これで600円は、球場飯にしては良心的。

雰囲気的には、大阪の暗部を一気に集めたみたいな雰囲気で、応援もなんか怖かった。
最近はオリックス色々ファンサービスに力を入れているので、それは楽しいと思う。
ただ、ファンが少なくて、観客動員数も12球団最低なので、
チケット代や飲み食いで稼げないために、広告入れて儲けようとしているところがあって、
攻守交代のたびにスクリーンモニタにしつっこく広告ムービーが流れたり、
誰も入らない上階席を一面企業広告に使っちゃったりと、ビジネスチックなところがちらほら見られた。

で、以上で12球団の本拠地全部紹介した…のだけど、実は後一つ球場が残っている。
それは「ほっともっとフィールド神戸」。
その昔近鉄バッファローズとオリックス・ブルーウェーブが合併して、今のオリックス・バファローズが出来た。
本拠地は近鉄が使っていた大阪ドームだが、オリックス・ブルーウェーブの本拠地だったほっともっとフィールド神戸(旧グリーンスタジアム神戸)も、1シーズンに何試合か使っている。

13.ほっともっとフィールド神戸(オリックスのサブ球場)

アクセス:★☆
飯:★★★
雰囲気:★★★★★
見やすさ:★★★★★

ほもフィー、素晴らしい球場なんだけども、いかんせんアクセスが悪い。
神戸市営地下鉄総合運動公園駅が唯一の最寄り。
三宮駅から総合運動公園駅まで21分程。

この球場、僕は外野席で観戦したんだけども、まあとにかく試合が見やすい。
どの席からも試合が見やすいように設計されたらしく、大阪ドームという欠陥球場の翌日だったので、尚更感動してしまった。
天然芝もキレイだったし、ものすごく雰囲気のいい球場だった。

僕が一番好きな球場は、このほっともっとフィールド神戸だ。

球場ベスト3とワースト3

まずはベスト3から。

1位 ほっともっとフィールド神戸
2位 神宮球場
3位 横浜スタジアム

楽天ファンなのにKスタ選ばないんすかと言われてしまいそうだけど、純粋に球場の魅力だけで言ったらこういうランキングになった。
基本的に屋外球場好きで、グラウンドと客席の距離感が近い球場が好きっぽい。

ワースト3。

1位 ナゴヤドーム
2位 大阪ドーム
3位 東京ドーム

日本の三大都市の誇るドーム球場がワースト3を独占という形になった。
本当にアクセスしか誇るところのない球場だし、ナゴド・大阪ドームに至っては席によってまともな観戦ができない。
3位は東京ドーム、札幌ドーム、福岡ドームそんなに僕の中で差はないんだけど、
札幌福岡は旅の思い出補正があってちょっと評価が甘くなってる感はある。

参考

◯各球団 ビール価格表
東京ドーム800円
ナゴヤドーム750円
大阪ドーム700円
西武ドーム700円
神宮球場700円
ヤフードーム700円
マツダスタジアム700円
Kスタ宮城650円
横浜スタジアム650円
札幌ドーム600円
甲子園球場600円
千葉マリンスタジアム600円