読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

財布にGPS機能をつける方法

僕はモノをなくすことが多い。
働きはじめてから携帯を二回なくしている。
結局二回とも、iPhoneを探す機能を使って、店にあることを突き止めて、回収した。
GPS機能のすごさを改めて知った。

携帯はいいとして、財布をなくすのは困る。
財布をなくすと打つ手はない。
心のきれいな人が拾って、届けてくれることを祈るくらいしかできない。

クレジットカードくらいのものに、GPS装置をつけて、
売ったら需要あるんじゃないか、と思って、調べてみた。
僕が知らないだけで、実はもうカード型GPS装置は売られていた。

PROTAG Elite

アメリカに「PROTAG Elite」という、カード式のGPS装置があるらしい。

PROTAG

80ドルなので、今なら日本円で9,600円くらいか。
今、在庫切れとなっている。
KickStarterというクラウドファンディングサイトで金を集めたプロジェクトのようだ。

日本でも、かなり胡散臭い株式会社落し物ドットコムというベンチャーが輸入して販売していた。

こちらはCAMPFIREというクラウドファンディングサイトでのプロジェクト。

僕も導入しようかなあと思ったんだけど、まず在庫切れになっていたし、
Amazonレビューを見る限り、性能として微妙っぽい。


(29 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。)
少しは役に立つと思う
(投稿者 プログラマ 投稿日 2014/4/26)

財布を落として絶望したので、二度とそんなことは起こさないようにと、また起きてもリカバーできるようになんとかできないかと思っていたところ、このような商品を見つけたので購入し、色々と試してみました。
環境はiPhone5sと共に利用しています。

これと似たような商品はいくつかありますが、なぜこの商品を選んだのかというと、一つはカード型であるということ。お財布に入れる以上、他の分厚い五百円玉みたいなタイプとか、キーホルダーのようなものでは駄目です。その意味で、カード型であるというのは重要でした。
実際に買ってみて、財布に入れるといくら薄いといってもカード3枚分くらいはありますので、ぎっちぎちになります。カードを沢山詰め込むと他のカードとの干渉もあるのでパンパンです。なので、カード入れの部分にこだわらずに薄型の特性を生かして余裕のある場所へしまっています。長財布なのでしまう場所がいろいろありますからいいですが、小さい財布の人はカードの量を減らすとかしないと、厳しいかと思います。

第二に落とした時のアラーム機能
このprotag eliteとペアリングしたスマートフォンがある一定以上はなれるとアラームがなり落としたことを教えてくれる機能です。またそれとあわせて、bluetoothの機能である一定以上落としたprotag eliteに近づくとなんとなく距離がわかるレーダー機能があるので、あわせて探すことができます。これが完璧なら(スマホも一緒に落とさない限り)かなり有効なものだろうと思いました。
で、実際にこの機能が使えるのかどうなのかなのですが、確かに使えますし、誤動作もしません。ただ、バッテリーを長持ちさせるためなのか、それともiPhone側の制約なのかなんなのかはわかりませんが、落としたことを検知する(bluetoothが切れた、または一定以上の距離になった)サイクルが長すぎる気がします。具体的には1分から2分に一度くらいの感覚でポーリングしているのではないかと思います。
なのである一定以上離れても、タイミングによっては1,2分アラームが鳴らず、ただ待ってるとなりはじめる、といった具合です。
これがアプリ側の制御であるならアプリの改良によって今後もっと高頻度でチェックするようにすることもできるでしょうが、protag elite側かつ、ポーリング間隔が変更できないような内部的な仕様だったとすると、ちょっと通知が遅いです。財布を落とした時は即座に知りたいので、バッテリーの消費が10倍になってもいいので、10倍の頻度でポーリングするようなモードをつけてもらいたいです(仕様として可能なのかどうなのかはわかりませんが)。むしろそのための再充電可能なリチウム電池じゃないのかと思います。一度充電したら一年持つとありますが、一年なんてもたなくていい、一ヶ月でいいから、再充電できるなら性能を上げるほうに電力をつかって欲しいです。
加えて、レーダーで探す機能も同じような感じらしく、bluetoothが届く範囲にいても反応しないことが多々あります。そして、1,2分たつと急に反応するようになる、ということがあるので(一度反応すると、そこそこの精度でわかるようになる)、ポーリングの速度をよりはやくしてもらわないと見過ごしてしまう可能性があります。
一度反応すると、その後は継続的に距離をレーダーで捕縛することができることから、普段のポーリング間隔をprotag elite側で変更、制御するのは可能なのではないかと思っています。

そして第三にGPS機能
protag elite自体がGPSを持っているわけではなく、スマートフォンGPS情報を定期的に記録しているだけですが、それでも基本的には財布とスマホは常に一緒に持ち歩いているので十分、なはずなのですが更新のタイミングが悪いです。私は会社と家が徒歩圏内にありますが、家に帰ってきてるのに財布は会社にあって、スマホは家にあるような表示をしばしば見ます。財布のポジションを更新していないのだと思いますが、これではいざという時に本当におおざっぱな位置しかわかりません。まあGPS情報はいつでも正確なわけではないので、ずれることがあるのも承知の上ですが、しかし更新時間(が表示される)が、半日前とかなのに、まだ財布が会社にあることになってたりすると、ちょっとこれどうなのよ、という感じになります。ここら辺もう少し改良の余地があるのではないでしょうか。
蛇足ですが、GPS機能はアラーム機能とは関係なく独立した機能なので、地図上で離れていてもカードとスマホbluetooth接続により距離が近ければアラームがなることはありません。

改良の余地が多々ありますが、無いよりは合ったほうが明らかに良いと思います。
現時点では☆3にしたかったのですが、しかしちょっとした改善で劇的に良くなる可能性を秘めているので、今後のアップデートに期待をして今回の評価を付けさせていただきました。

2014/5/20 追記
しばらく使っていましたが、いくつか問題点があるので追記しておきます。
まず、周期は不定ですが、だいたい一週間から二週間に一度、勝手にペアリングが切断されて、すぐ近くにあるのに無いことになってアラームが鳴り響くことがあります。
そしてこの現象が起こると、アラームを止めても再度「ある」状態には戻らず、ずっと無い状態のままです。これを普及させるためには一度アプリから登録してるデバイスを削除して、再度最初からペアリング操作をしなければなりません。
これは大変面倒です。最初のペアリングをする時は針のような細いものが必要なのですが、それがいつでもあるとは限りません。
これは早急に解決されるべき問題であると思います。正直、夜中にいきなりアラームが鳴り出したりすると(マナーモードでも音が出る)それが誤作動だった時にかなり腹が立ちます。

また、インターネットに接続されていない場所での利用に難があります。このprotag eliteをもって海外旅行に行きましたが、iPhoneのモバイルデータ通信はオフにしておきました。(海外からの通信はWiFi以外高いから)
一度アプリを終了し、再度立ち上げると、このアプリにログインしろといわれるのですが、ネットにそもそも繋がってないのでログインできません。ログインできないので使えません。(使う方法あるんでしょうか?)
これはかなりの問題だと思いました。bluetoothでやるアラーム機能に関してはネットなんて繋がっていようが、繋がっていまいが関係ないのだからそもそも使える状態になったうえで、追加的にログインし、GPS情報の保存等をネット上にアップロードするようにするべきです。しかし現状そうなっていないように思います。

この追記の件を鑑みて評価を少し落とします。
改善が見られたらまた評価を変えます。

カードそのものがGPS機能をついている訳ではなくて、スマホとのBluetooth連携らしい。
僕のイメージしていたものとはちょっと違う。

カードにGPSはつけられないのか

僕はGPS機能って、発信機くらいのイメージだったので、
GPS衛星の電波か何かを受信できれば自分の位置がわかると思ってたんだけども、
Wikipediaの解説を見ると、どうも違うらしい。

グローバル・ポジショニング・システム - Wikipedia
GPS衛星の位置座標(X,Y,Z)と、端末の位置座標(x,y,z)があって、
それぞれの変数の差の2乗を足すと、距離rの2乗が算出できるらしい。
距離rは衛星の送信時刻と端末の受信時刻の差と、光の速度を使えば出せるので、既知。
端末の時間が正確であれば、連立方程式が三本あれば、端末の位置座標が出せる。
しかし実際は端末の持っている時間が、厳密な意味で正確とは言えんので、
誤差を計測するために方程式がもう何本か必要になる。

↑そんな計算処理を受信端末の方で行う必要があるので、
GPS受信端末はがっつり計算処理能力が必要となる。
PROTAGがスマホから位置情報をもらうだけにしていたのも、
おそらくカードそのものに計算能力をもたせられなかったためだろう。

そんな訳で、クレジットカードくらいのサイズで、GPS機能つけた装置、未だに見つかってません。
(了)