読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

近況報告

ライフ

このところ書くことがないので、近況を書きます。

  • 勉強してること

相変わらず情報系の勉強をしてるわけなんですが、言語で言うと、

アセンブラ*1
Visual BasicVBA,VBS)
JavaScript

あたりを書いています。
仕事ではWindows環境なので、Visual Basicで作ったツールが仕事で使えるので、色々役立つ。
JavaScriptに関しては完全に趣味でやってるけれど、
オブジェクト指向をPrototypeベースでやってたり、色々独特なところがあるなあ、という感じ。

プログラミングではないけれど、
コマンドプロンプト・シェルの操作に結構習熟してきた感があります。
CUI操作で色々出来るようになってきました。

  • お仕事

詳しいことはあんま書けないんですが、ミドルウェアをやっています。
クライアントからサーバーに入ってきたデータを、アプリケーションが無事に使えるよね?みたいなことをずっとやってます。
TCP/IP接続とか、ポート設定とか、どのファイルに書き込むかとか、なんかそんなことをやってます。

人間関係に恵まれた部署にいて、尊敬できる先輩とかも居るんですけど、
仕事内容に関しては「基本的に前例の踏襲してればいい」みたいなスタンスが辛いなあと感じています。

去年ぐらいは、労働時間・内容の辛さはあまりなかったけれど、
自分のやってることの非生産性がキツいなあと思っていた。
けれど、客観的によく考えてみると、今の生活が割合満ち足りたものであることも事実だった。
「会社行くのが嫌だ」という感覚を、実際のところ僕は感じたことがないし、
職場にいる時もほとんどストレスを感じていない。

最近は大型案件に関わっているので、やりがいのなさはある程度解消されて、
一年目に感じてたむなしさは薄れてる気もする。

  • 今後

IT業界に入るにあたって、ざっくりしたキャリアプランを決めていた。
1年目で情報系の基礎を身につけて、
2年目にちょっとしたアプリを作れるようになって、
3年目には公私ともに成果を残せるようになる感じだった。

今のところ、1年目の基礎固めについては、順調に行ってる気がするけども、2年目で壁を感じてきている。
職場で出来る先輩とかは、障害が起きたときに瞬発力で対応する感があって、
仕事できるようになるには、自分が知っている領域の外で何か起こった時
そしてそれに対応できるのは今自分しか居ないときにどう対応すっかが重要になる感じがある。
そういうアドリブ対応で、地力が出る。

地力を高めるためには、ひたすら手を動かして、自分の中で蓄積していくしかない。
本読んだりしても、なかなかその辺のアドリブ力は高まっていかない。
手ェ動かすのを、もっと頑張らないとなあと思っています。
(了)

*1:察して