四十三庵

蔀の雑記帳

ポケモンGOと他人の行動を規制できると考えている日本人の傾向について

7月22日にポケモンGOが日本でも配信が始まった。
近所の公園とかマクドナルドとかにスマホ片手にした老若男女が集まっている。
歩きスマホが懸念されているが、実際は不自然な位置に立ち止まってスマホをじっと弄る奴が大量発生している。
都内のレアポケモンが出るスポットでは、こんな光景が発生した。
(ちょっとサイバーパンクっぽい雰囲気だ)



今後予想されること

ちょっとした社会現象になっているが、一部では懸念があがっている。
www3.nhk.or.jp

多分日本で最初に配信されてたら、もっと批判は大きかっただろうけど、
アメリカで一度流行らせてから日本に輸入されてきたので、まだそんなに批判されていないような印象だ。
ただこれだけ社会現象になると、批判し始める人も増えてくるだろう。

他人の行動を規制できると考えている日本人の傾向について

なぜ日本人は何か問題が起きると、すぐに規制しろと訴えるのだろうか。
何かを規制するというのは、よっぽどの理由がないといけないと僕は思う。
我々は憲法が国民の自由を保証している国に生きているはずで、
殺人や人身売買など、犯罪行為でなければ、基本的には何をしてもいいはずだ。
時代によっては、酒やら貿易やらも規制がかかっていた。
最近ではドローンが規制されたが、日本という国は何か問題があるとすぐに規制をかけることで対応しようとする。

なんで日本人がこんなにすぐ規制をかけたがるのかについて、いくつか理由を考えてみた。


1.元々自由権が欧米から輸入した概念で、歴史を通じて培ったものではないから
 江戸時代はガチガチの相互監視の元に社会が成り立っていた。
 明治維新で、大日本帝国憲法が出来たが、日本人の精神は陰湿な村社会のままなのではないか。

2.人口密度が高いから
 土地が狭くて、人口が密集しているので、他人の行動が気になるのかもしれない。

3.メリットとデメリットを比較する文化がなく、空気で物事が決まりがちだから
 何かを議論するときに、メリット/デメリットをちゃんと検討して、
 デメリットがこれだけ上回っていて、規制する以外にいい手段がないので、仕方ないから規制をかけよう、というのではなく、
 「こんなヤバいことが起きてるんです! これはもう規制しないと世論が納得しません!」みたいに強硬に主張する人がいて、
 その人に賛同者がたくさんいて、規制すべきじゃないかという空気になると、それだけで規制がかかってしまう。
 (これはどちらかというと政治の問題なのかもしれない)

まとめ

日本は何か問題があるとすぐに規制かけようとする傾向があるけども、
1.歴史的理由
2.地理的理由
3.政治的理由
の3つがあるのではないか。
何にせよ、ポケモンGOを規制する流れになるのであれば、全力で反対です。*1
(了)

*1:Ingressはどうだったのか。ユーザーが少なかったからいいのか