読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十三庵

蔀の雑記帳

ブログを生活のために書く奴のせいで息苦しい

cild.hatenablog.com
という記事を見て、やっぱ今のブログ界隈には違和感があるなと思ったので書く。

「今日はブログ書きます」と宣言して書かない人

Twitter見てると、「今日はブログ書きます」って宣言して、書かない奴が結構いる。
別にそれ自体はいい。
書こうと思ったけど結局眠くなって寝て、書かなかったよー。以上終了。
けどなんでそもそも「ブログ書く」なんて宣言するんだろう。
宣言する意味ある?
書きたければ書けばいいし、書きたくなければ書かなければよくない?
そんなにブログ書くの、立派なことではないよ?
会社に行って一日働くとか、大学の講義行ってちゃんと物事を考えたとか、
実家帰って親を温泉連れてったとか、そういう方が立派だと思うが、
ブログ書くことはそれと同ランクか、と言われるとそうではないだろう。

アフィリエイトの存在

2017年のインターネットがなんでこんな最悪な感じになったかというと、間違えなくアフィリエイトがそれなりに収益稼げるようになってきたからだろう。
「ブログで食う!」みたいなのは眉唾としても、
アフィリエイトで短期的に収益出すのは、昔に比べてすごい簡単になった。

僕自身は金儲け否定派ではないので、全体としてブログの質が上がっていって、
その結果優良ブロガーが金儲けて、それだけでメシ食えるレベルの収入になってもアリだと思っている。

WEBの質めちゃくちゃ下がってない?

DeNAのキュレーションの件でも思ったのだが、
単純にGoogle検索でヒットする情報の質は、ここ数年でものすごく下がったと思う。
ちなみにDeNAのキュレーション問題の第三者報告書↓
http://v3.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1450400&code=2432&ln=ja&disp=simple

何か特定のワードで検索すると、Googleの1ページ目にヒットするのは、
「◯◯(検索ワード)という言葉が近年流行っています。◯◯とはなんなのでしょう? ◯◯とは、(他サイト)によればこのように説明されています。
(中略)
最後まで読んで頂き、ありがとうございました!」

集合知は結局衆愚に収束するのか

僕が大人になってしまっただけなのかもしれないけれど、
昔のインターネットはそれなりの集合知だった。
少なくとも集合知に近いものだった。
けど今は、衆愚そのものな気がする。
やっぱスマホなんだろうなとは思う。
大衆化そのものはいいけれど、それによって、これまで良質なコンテンツを提供してくれていた諸々が、
どんどんテレビみたいな、衆愚そのものに収束していくのが悲しい。
とても悲しい。
(了)