四十三庵

蔀の雑記帳

仕事ができる人ほど投資で損する理由

周りを見ての印象なんだけども、会社で仕事できる人ほど、投資で損しがちな気がする。
その理由を考えてみると、投資で必要とされる素質と、会社で求められる素質が真逆なことにあるのではないかと思った。

投資向きの性格とは

相場というのは、全員が買うとひたすら値段が上がっていく。
ではその波に乗って一緒に買って、みんなが売るときに一緒に売るとどうなるだろうか?
みんなが買っているのをあなたが見つけた時点で、相当の部分まで値段はあがっている。
そこで買うので、実は割高になっている。
そしてみんなが売るときというのは、どういうときだろうか、というと、けしてベストな売り時ではない。
商品の値段が下がってきて、みんな狼狽して売りに出して、値段が下がり、更に皆損失を少しでも減らそうとして急いで売る。

「人の行く裏道に道あり花の山」という相場格言があるように、
みんなが買って値段が上がっているときが売りのチャンスで、
みんなが売って値段が下がっているときが買いのチャンスなのだ。

つまり投資家向きの性格というのは、大衆と真逆のことができる人間ということになる。
みんなが右に行っているときに左、左へ行っているときに右に行けること。
優れた投資家は、性格がひねくれていたり、社会性がなかったりする場合が多いのはそういうわけなのだろう。
ニートが株投資はじめて個人投資家として大成するのも、理由がないわけではない。

周りがどう動いていようと、自分の相場観を信じて金を張れることが重要となる。

会社員向きの性格とは

反対に、会社員として評価が高い人というのは、みんなが右に行くことに理由付けをしようとする。
そして自分も右に行けばいいと考えがちだ。
人生でそういうヒューリスティックを使って生きて、これまで成功してきた経験があるはずだ。
それはもう習性になっていて、意識してもなかなか抜けない。
皆が買って、値段がぐんぐん上がっているのに乗り遅れている自分を客観的に見てしまう。
取り残されたような気持ちになる。
追いかけなきゃ、と思う。

旅行に行くと、とりあえず行列ができているスポットには並んでしまう。
行列は人気の証拠で、人気は実力の証拠だというのが、今までの人生だったから。

そういう行動をしていれば、会社が潰れるとか、国全体が滅ぶとか、
組織全体がダメにならない限りは、組織の中で活躍ができる。
けれど投資では勝てない。

もちろん会社でも評価されるし、投資も勝ってる人もいるが、そういう人は切り替えが上手いんだろう。
(了)