四十三庵

蔀の雑記帳

小説家はGitを使うべきか?

こんなQiita記事を見た。

qiita.com

これ、僕も前に考えていたことで、
バージョン管理システムはエンジニア以外でも使うメリットはデカい。
(ブロックチェーン云々はちょっと意味がわからないが……)

しかし結論として、gitで作家が文書管理すんのはキツいだろな。。。と思うに至った。
その理由とかを書く。

* Gitは難しい
バージョン管理、という考え方自体は理解するのがさほど難しいものではない。

文章を書いて、「文章ver1.txt」というファイルをつくったとする。
そのあとで、推敲した結果、いろいろ変更して、「文章ver2txt」というファイルをつくった。
でも、あとで「やっぱ前の版のほうがよかったな……」と思うかもしれないので、「文章ver1.txt」も残しておく。
これが最も原始的なバージョン管理です。

この管理方法の問題は、人間がバージョンを管理していることだ。
よくSIerのファイルサーバで発生しているドキュメント管理は、こんな感じになっている。

【☓☓編集中!】作業手順書v0.30(◯◯部追記).xlsx
【確定版】作業手順書v1.00.xlsx
【確定版】作業手順書v1.00(以後修正する際は修正履歴を更新することを徹底してください!).xlsx
作業手順書v0.1.xlsx
作業手順書v0.11.xlsx
作業手順書v0.20.xlsx
作業手順書v0.30(◯◯部追記).xlsx
作業手順書v1.20.xlsx
作業手順書雛形.xlsx

馬鹿みたいだが、本人たちは至って真面目にやっている。本当に怖い。
で、ドキュメントなら頑張ればまだなんとかなりそうだが、
ソースコードの管理で同じ状況になるとキツい。

そういうわけで、バージョン管理システムが誕生した。
Gitは分散型バージョン管理システムと呼ばれるタイプで、
Linuxをつくったリーナス・トーバルズが、既存のバージョン管理システムが使いづらすぎてムカついたので、10日くらいでつくった

そういう経緯から、基本的にはオープンソースソフトウェア開発を想定して、Gitの機能は作られた。
現状一番使いやすいバージョン管理システムであることは間違いないが、
単純に難しくて、学習コスト高いとも思っている。
エンジニアが「Gitくらいわかるだろ」みたいな態度なのも、開発を通じて利用経験があるからで、
一番最初に触っていきなり使えた、ということはないと思う。

最初のファイル名の末尾に「v1.0」とかつけて、バージョン管理してく方法なら、
パソコン使える人間であれば、ほとんどの人間ができるだろう。
それに比べて、Git使えるようになるまでは、結構学習コストが高い。
特に非エンジニアだと厳しい。

文章作成能力があって、Git使う情報リテラシーが両方ある作家や編集者というのは、現実問題そんなに多くないはずだ。

むしろそういう人が簡単にGitを操作できる文書作成ツールがあるといいのに……とずっと思っている。

Wordが文章書きづらすぎる

Wordが異常に文章書きづらいんですよね。
それがすべての諸悪の根源のような気がしている。

Wordって長文書くためのツールじゃないんじゃないかと最近は思っている。
2〜3頁くらいのドキュメントつくるためのツールとして設計されて、今に至っているのではないか。
最初Wordつくった人も、ポスターつくるとか、ちょっとした社内文書書くとか、そういうイメージだったんじゃないの?
100ページ超えるような長文管理できるようなツールになってない気がする。

最初に引用したGit押しのSF作家の人に対して、
「いやWordにもバージョン管理あるんだが?」
ってはてなブックマークで言ってる人がいるが、お前マジでWordのバージョン管理機能使ったことある?と言いたい。
書式変更のたびに変な吹き出しが出たり、長文になると異常な重さになったり。
Wordの校閲機能なんてろくに使えたもんじゃない。
というかWordでまともな文書なんて書けない。
そのせいでExcel方眼紙問題とかが出てきたんだと最近は思っている。
明らかにExcelの進化に比べて、Wordは何も進化していない気がする。
逆に一太郎とか使うといいのか?

Evernoteプレミアムが最適解と思っていたが…

僕も色々文書書く上で、バージョン管理するツールを探していて、僕は結局Evernoteのプレミアムに落ち着いた。
Evernoteは無料会員とプレミアム会員の違いが微妙なんだけども、
バージョン管理ができると聞いて、僕はプレミアム会員になった。
help.evernote.com
年7,200円かかるので、心理的なハードルはそれなりにあるだろう。
OneMoteとか使うとたぶんタダなんだろうけど、
でもMSのサービスに組み込まれるくらいなら、年7,200円払うか……という気持ち。

僕の文書作成活動としては、Evernoteで十分だったが、
最初のQiita記事読んで思ったが、Evernoteはdiffができないということに気づいた。
差分はとりたい気がする。
色々調べたけど、Evernoteで差分をとる機能はないので、
比較したいバージョンをテキストファイルかなんかにコピペして、diffをとるしかなさそう。

まとめ

誰か誰にでも使えるバージョン管理システムつくってください。
(了)

2018年に刺さったサブカルチャー

2018年に僕が読んだ漫画とか、聞いた音楽とか。
去年は漫画たくさん読んだので、それだけで記事書いてた。
2017年、刺さったマンガの感想を真剣に書く - 四十三庵
今年はそんな漫画読まなかったかなあ……
2016年はなぜか音楽だけで書いたらしい。
2016年ハマった音楽 - 四十三庵
今年はもう娯楽全体をひとまとめにして、一年間こんなん摂取してましたよ、という書き方にしてしまおうかと。

村田沙耶香「地球星人」


「コンビニ人間」の作者の最新作。
自分をポハピピンポボピア星人と信じる女の子が、人間工場である地球で生き延びるために奮闘する話。
終盤かなり荒唐無稽な話になるが、よく考えたら「コンビニ人間」の終わり方も力技だった気がする。
村田沙耶香の小説を読み過ぎると、人間社会に適応できなくなるかもしれない、と思った。
今の日本の生きづらさがどうのこうの言ってる人は、ハマるんじゃないでしょうか。
僕は単純に面白かったです。

押見修造「血の轍」


まだ4巻しか出ていないが、既に押見修造の最高傑作になることが決定づけられている漫画。
この漫画については、下記で詳しく書いた。
blog.stm43.com
家というのは本来子供を守る場所だけれど、その家から逃げる話になっていくのか?というのが第4巻の終わり方だったが、
中学生の主人公にとって、生まれた家から逃げる方法なんてないし、
母親も別に虐待してるってわけでもなく、精神的に息子を支配しようとしてるってだけで、
客観的に子供に悪いことしてるかっていうと、そうではないので、児童養護施設に行くとか親戚の家に行くとか、そういう方向も厳しい。

赤坂アカ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」


アニメはコケそうなにおいがプンプンしてますが、漫画は10巻超えても全力で面白い。
登場するキャラが全員いい感じのキャラなのがすごい。
正確に言うと去年から読み始めてるけど、今年になってますます面白いので、リストアップした。

筒井大志「ぼくたちは勉強ができない」


ジャンプでやってる漫画なので、紹介するまでもないだろう。
ハンターハンターが連載再開した瞬間だけジャンプを買うんだけど、その中で一緒に読んでたらハマってしまった。
かぐや様といい、最近は真面目に勉強する主人公を囲むラブコメがちょいちょいある。
昔は読者が感情移入しやすいように、勉強もスポーツもルックスもイマイチだけど、
女の子に対する優しさだけでなんかモテるみたいな主人公しかラブコメをやってはいけないという不文律があったはずなのだが。

この漫画には、3人のヒロインがいて、
国語の天才だけど理系に進みたい女の子・数学の天才だけど文系に進みたい女の子・水泳の天才だけど英語の成績良くしたい女の子の
3人が主人公を争うのが主軸なんだけど、途中から出てきた真冬先生が強すぎて、
人気投票やったらヒロインを差し置いて、先生が1位になるという始末。
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/huwahuwa014/20180502/20180502062449.jpg
正直これが一番面白い。
sakihuwahuwa.hatenablog.com

真鍋昌平「闇金ウシジマくん」


これも説明不要だろう。
最終章に入って、いつだれが死ぬかわからない緊張感がある。
沖縄に逃亡していたウシジマくんが、滑川の天下になった新宿に戻ってきて、
闇金を再開したら、案の定滑川と揉めて……という展開。
なんで新宿戻ってきたの?バカなの?という疑問は尽きないが、ウシジマは新宿が好きだから……ということで。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」

全然見る気なかったが、映画好きの奴に誘われたので見に行った。
ヒゲ面のおっさん同士がキスしまくる映画*1
映画自体はそれなりによかったが、なんか自分の中でしっくりこないもんがあった。
toyokeizai.net
↑この記事読んで、違和感の正体がすこしわかったような気がした。
結局この映画は普通のロックスターの成功と苦悩を描いている映画で、
そのロックスターのテンプレを、フレディマーキュリーにあてはめようとしてるのがなんか違和感あるんだなと思うに至った。
フレディとかQUEENとかって、もっと異質なバンドなんじゃないか?と。
(別にQUEENそんな追ったわけではないので、偉そうなことは言えないけども)

音楽について

そんな新しいミュージシャンを開拓はしなかった。
チャットモンチー、平井堅、サザン、サカナクション、水曜日のカンパネラあたりを聴いた。
Apple musicがJ-POP黄金期くらいのミュージシャンとか、70〜80年代のポップ・ミュージックとかも配信しはじめたので、結構捗るようになった。
井上陽水なんか全アルバム聴けるようになった。

そんな感じでゆるく昔のミュージシャン聴いてた感じなんだけど、
特に言及したいミュージシャンが3つあるので、書いていきます。

Suchmos

僕はSuchmosが好きだ。
というのを割と音楽好きな知り合いとかに言ったら、
「蔀くんとか絶対Suchmosとか馬鹿にしてるタイプだと思ってた」
と言われたことがある。

僕が20歳前後だった頃のバンドシーンは、
guatarro.hatenablog.com
この記事で言うところの、00年代後半「メガネ」にあたる。
くるりとかナンバガとか、多少聴いたことはあるが、ハマるには至らなかった。
僕はバンドにスター性を求めているタイプらしい。
Suchmosのロックスターであろうとする姿勢が、好きだった。
「カッコいいバンド」が出てきた感じがした。

ただワールドカップのタイアップがついた「VOLT-AGE」が多少コケたのは否めない。
「THE BAY」と「THE KIDS」まではマジで非の打ち所がないくらいよかったし、
どのメディア見てもSuchmosを大絶賛してるのしか見なかった。
で、次のアルバムいつ出んのかな〜と楽しみにしてたら、「THE ASHTRAY」が出た。

これがちょっと微妙だった。
「808」と「FUNNY GOLD」はよかったけど、他の曲がなんか微妙。

www.youtube.com
www.youtube.com

PVの見せ方とかは相変わらずめちゃくちゃカッコいい。

米津玄師

世の中で米津玄師が売れまくってることはさすがに知っていたけど、積極的に聞こうとは思わなかった。
ただいきものがかりのボーカルのカバーアルバムで「アイネクライネ」カバーしてる曲を聴いて、
「あれ、普通に米津玄師の曲よくね?」となり、代表的なシングル曲は全部聴いた。
普通にめちゃくちゃよかった。
完全な食わず嫌いしてたが、こういう音楽が売れるのはいいことだ。
J-POPも最悪期を抜け出して、普通にいいミュージシャンがたくさん出てきてる気がする。

ヨルシカ「負け犬にアンコールはいらない」

12月にこのアルバム知ってから、ほぼ毎日こればっか聴いてた気がする。
Tik Tok見てたら、「ヒッチコック」の歌詞使って遊ぶムービーがあって、それからこのバンドを知った。
www.youtube.com

「先生、人生相談です。
この先どうなら楽ですか。
そんなの誰もわかりはしないよなんて言われますか。 ほら、
苦しさなんて欲しいわけない。
何もしないで生きていたい。
青空だけが見たいのは我儘ですか。」

もうこういう歌詞に感情移入する年じゃないんだろうけど、こういうの好きなんすよね。
完全に好き。

絶体絶命都市のゲーム実況

あとこれはYoutubeの動画なんだけど、年の後半の娯楽はもっぱらゲーム実況だった。
牛沢っていう実況者がお気に入り。
ゲームによって動画の面白さの差がデカい気がする。
www.youtube.com

最新のシリーズは絶体絶命都市4で、最近エンディングを迎えた。

・絶体絶命都市4
www.youtube.com

絶体絶命都市4自体は、なんか悪人がそのまま野放しになって、
善人が痛い目を見るストーリーになってて、なんだかカタルシスがないゲームになっていた。
1〜3の方がバカゲーっぽくてよかったかな……

あとパチプロ風雲録も面白かった。

・パチプロ風雲録4
www.youtube.com

まとめ

そんなわけで、2018年に僕が経験した小説・漫画・映画・音楽・Youtube動画でした。
こうしてみると、本当に面白ければなんでもいいんだな俺……という感じがしてきますね。
列挙した中で、一番面白かったのが絶体絶命都市のゲーム実況だったので、
まだ見てない方は年末年始やることないなら、見てみてもいいのではないでしょうか。
(了)

*1:嘘ではない

2018年のふりかえり

年末年始くらいしかまとまった時間がとれず、ブログ更新ができない結果、
この2年くらいは年の瀬にふりかえるだけのブログと化してる感じもするが、ふりかえります。
blog.stm43.com

どんな一年だったか

社会人になってからの最悪期が、2016年だった。
別に何か失敗したとかではないが、精神的に結構辛い時期だった。
2017年はそこから立ち直るために色々もがいた感じがあった。
2018年は、仕事的にはストレスが溜まる1年だったが、ただ精神的に追い込まれるような感じにはならなかった。
わりと精神的には好調に1年を過ごした。
(まあ別に2年前も追い込まれていたわけでもないが、説明しづらい辛さがあった)
周囲にはひたすらムカついていたが、結局自分で仕事をコントロールできていたので、
いざとなれば俺がすげー残業して終わらせればいいじゃん精神でやって、それで一年乗り切った。
正直、この働き方すんなら、この会社じゃない方がいいな、という気持ちにもなった。

休みの日も月イチくらいでゴルフ行ってたり、充実はしていた。
やれおっさんと仕事して、やれ休日はおっさんとゴルフ行って、
やれ部屋ではおっさんのお笑い芸人の動画見て……という生活を送っていた。

とにかく、「働く自分」というのを受け入れて、楽しく過ごした1年だった。

ブログ

ほとんど更新しなかったし、しても小粒の記事しか書けなかった。
2018年は13個の記事を書いたらしい。
正直書きたいネタはあるのだが、あんまり文章執筆に向き合う余裕がない。
書かないまま寝かせてしまうと、自分の中の鮮度が落ちて、書かなくていいいか……となってしまう。

アクセスも右肩下がりになっており、23.8万PV/年だった。
新しいヒット記事をつくらないとなかなか厳しい。
アクセス数は欲しいが、変なバズり方して、炎上みたいになるのもなあ……と思ってしまう。

・アフィリエイト
Google Adsenseの収益は2.6万円/年。
Amazonアフィリエイトは3,000円/年。
というか先程気付いたが、はてなブログSSL化(https化)したときに、Amazonアフィのリンク軒並み全部切れてることに気づいた。
これ、過去記事全部手動でつけかえるしかないのか?

・アクセス数トップ10
ちなみにアクセス数上位十傑は下記。
カッコ内の%は全体アクセスに対する割合。

1 少子高齢化の根本原因、そして対策不可能であること、更にどういう影響があるか - 四十三庵 23,604(9.90%)
2 炭焼きレストランさわやか攻略法を考える - 四十三庵 21,427(8.98%)
3 Mac OS Xの再インストールに失敗したのでトラブルシューティングの経過 - 四十三庵 17,094(7.17%)
4 四十三庵 12,253(5.14%)
5 猿でもわかる視聴率の出し方 - 四十三庵 8,802(3.69%)
6 共産主義がなぜ失敗したのか - 四十三庵 8,514(3.57%)
7 vbsのスクリプト内のファイルパスを相対パスで指定する方法 - 四十三庵 8,278(3.47%)
8 プロ野球12球団の本拠地格付け2013 - 四十三庵 7,352(3.08%)
9 大学一年生のためのアルバイトガイド - 四十三庵 3,906(1.64%)
10 ソフトバンク内川の畜生発言集 - 四十三庵 3,617(1.52%)

いつの記事だよこれ、みたいなやつが多い。
さわやかとMac OS Xのインストール記事は去年のやつなので、比較的新しい。

10位の内川の畜生発言集見て思い出したが、僕はこっちの記事のほうが好きだったりする。
blog.stm43.com
野球ネタとIT業界ネタ両方知ってる人じゃないと面白くないと思うが。

Twitterを消したことで、ブログに行くかな〜と思ったが、そんなことはなかった。
公開する以上は多少なりとも人に理解できる文章で書かないといけないとか、
要点を整理しないといけないとか、内容的に叩かれるものがあってはいけないとか、
色々添削する時間が必要で、そういうのがめんどくさいので、EverNoteに書いて終わりになってしまう。

2018年の目標として、こんなことを書いた。

ブログに心の記事を書く 今までこの「四十三庵」というブログは、白黒はっきりつけられる話題を扱おうという傾向があった。 なるべく定量的なデータを見つつ、客観的な記述をして、何かの記事を書いた。 映画の感想とか音楽の感想とかはさすがにデータもクソもないので、感じたことを書いた記事もあったけど、メインではなかった。 高校生ぐらいから、「何かを議論するとき、多少国語力があれば、基本的には賛否どっちでも主張できるな」と気づいた。 そこで本当に正しい選択をするためには、統計データのようなエビデンスがないとダメだなと思ったのだった。 「ごちゃごちゃなんか書いてるけど、これは主張にすらなっていない」というのは世の中けっこうある。 ロジカルに議論する際は、感情というのは排除すべきだ。これは正しい。 ただ生きることにおいて、感情を排除することは不可能だ。 そこを勘違いしているつもりはなかったが、掘り下げは足らなかったと思う。 「ごちゃごちゃなんか書いてある」部分に、重要な点がある。 基本的には自分の心が抱えている問題について、つらつら書こうと思っている。

2018年の目標 - 四十三庵

結局これは実現できなかった。
書かなかった、というのは事実と違っていて、
EverNoteにいろいろ書いたが、ブログ上に公開しなかった。
読みたい人はそれなりにいるのかもしれないけれど、単純に恥ずかしかった。

投資について

今年は大損だった。
3月の頭にFXで人生で一番巨額の損切をした。
そこからもう冷静にポディションを持てないだろうと思って、ポディションをとっていない。
結果論で言うと、ホールドし続けてれば、回復したんだけども、
ただそこまでホールドできるキャッシュがなかったので、途中でロスカットされていただろう。

反省としては、利益確定のタイミングをミスったこと。
損切自体は順当だった。
2017年末で利益確定すべきだったドル円ロングを持ち越してしまった。

好景気もさすがにそろそろ終わるだろうと思っているが、タイミングが難しい。
落ちる・落ちるとみんな思ってるが、金融緩和が長いので、なぜか落ちない不思議な相場が続いている。

FXはやっぱ水モノだなあと改めて思った年だった。
長期的に安定した利益は出せない気がする。
特にあまり相場を見れていないので、今の相場感が全然なくなっている。
来年また参入するかは微妙。

欲しいものはだいたい買えていて、それ以上のお金をFXで……となると、
結構なリスクをとることになり、今後の為替レートが全然予想できないので、そこに金つっこむのは無理だな、と思った。

去年立てた目標はどうだったか

2018年の目標として、こんなことを書いた。

2018年の目標 来年は、色んなものを統合する年にしたい。 文章を書く自分と、投資する自分と、働く自分とが、一人の人間として説明可能なようにしたい。

2017年のふりかえり - 四十三庵

明確に言語化はできないけど、自分の中で折り合いをつけられるようにはなってきた。
言語化できていない時点で、説明可能にはなっていないか……
去年まではもっと自分が分裂している感覚があった。
別人格を使い分けているような気持ち悪さがあった。
その感覚はだんだん薄れてきた。

他人に説明できないのは、自分のロールモデルみたいな人がいないからだと思う。
なんか色んなことがそれなりのレベルでできる、高度な器用貧乏みたいな。

究極のところ、僕は家族とか職業とか組織とか国とかにアイデンティティーを見いだせない人間なんだと思う。
それができれば、もっと楽なんだろうけど……
じゃあ自分が何に意味を見出しているか、何をもって自分を自分として独自性を持つのか、というと、
それは「何を創ったか」「何を残したか」というのが重要らしい。

それを突き詰めていくと、人間の心を揺さぶることを重視しているんだと思う。
人間自体はそんなに好きじゃない気がするので、どうしてそんなに感受性を重視しているのか、
自分でも長年不思議だったが、結局のところ、僕は人間を愛しているのだと思うに至った。

セミだって花だって悲しいと思える人間の感性を自分は愛している
Syrup16g「ハミングバード」

社会人になって何を創ったか?

来年の3月がくれば、僕は5年間働いたことになる。
その間に、何を創り、何か残せたか? というと、社内的には重要なものをそれなりに残した。
ドキュメント類とか、ソースコードだとか、手順書だとか、そのたぐい。

多くの文系卒が行くように、営業や経理のような仕事をしていたら、たぶんこういう仕事はできなかっただろう。
SEという仕事には感謝している。
ただやっぱ本音の部分をごまかしている。
自分が本当は価値のないものを創っている、という思いを、ごまかしている。

blog.stm43.com
2018年に、↑こんな記事を書いた。
今の仕事をずっと続けていったとして、やりたいことをやっている感覚は永遠に得られないだろう。
そこがこれからの課題だと思う。
もちろん何もかも望み通りなんていう仕事なんてないだろうが、
だからといって仕事の内容は諦めて、趣味に生きがいを見出す、なんていう人生は嫌だなと思った。
そういう生き方を模索しようとした時期もあった。
仕事はそこそこやって、楽しく遊べてれば人生それでいいじゃん、みたいな考え方をしようとした。

けど労働者にとって、仕事は人生そのものだなと思った。
最低でも8時間×5日は働く。
その週40時間は自分にとって意味のない時間で、休日の遊ぶ時間だけが意味がある、というのは倒錯している。
ごまかしでしかない。

なぜ何も創れなかったのか?

社会人2年目くらいのときは、別に仕事で何してようが、
プライベートでWEBサービス作成したらええやん、と思っていた。

でもできなかった。
忙しい、というのもあったが、単純に実力が足らなかった
知識もなかったし、その勉強に割くリソースもなかった。
いくら今やってる仕事がくだらない、なんて言ったって、なんやかんやと勉強する必要はある。
(今年なんて特に、業務時間以外で勉強したことはなかった)

思ってることとやってることが違うじゃねーか、と傍からは見えそうだけど、その通りだ。
ただ僕にとって、仕事は「自分にできることの中で、一番お金もらえる仕事」という尺度で選んだ。
なんで金が大事だったのかを色々考えていくと、結局は色んな創作物を買いたいからだった。
高校生の頃、自転車で30分や1時間かけて、ブックオフまで行って、何時間も立ち読みして、
1000円で5枚のTSUTAYAのCD借りて、パソコンに落として、iPodに入れて聞いていた。
社会人になって、ちょっと高いが、KindleやiTunesで好きなだけ買っている。
blog.stm43.com
そのへんの感覚は↑で書いた。
けど、やっぱ消費者である自分に、情けなさを感じる。
僕も何かを創る側に回りたい。
映画や音楽は現実的でないとしても、ITで何かを残すことは、現実的にできるはずだ。

そういうわけで

2019年以降の目標は、評価されるものを創ること、でいきます。
なお2018年にハマった小説・漫画・音楽・映画あたりのサブカルはまた別記事で。
(了)