四十三庵

蔀の雑記帳

何も準備しないまま中国に行ったらGoogle/LINEが一切使えなかったので急遽VPN環境を用意した方法

先日中国に行った。
特に何の準備もしないで行ったら、Google関連のWEBサイトがファイアウォール規制でアクセスできず、
ネット環境につないでも、Gmail/Google検索/Youtube(まあYoutubeは見れなくてもだが)あとLINEが使えず、結構困った。 

中国国内からVPNへつないだので、その方法をメモする。
三つ方法を紹介するが、中国国内にもう来てしまった人は、二番目の方法を試してほしい。 

VPNとは

Virtual Private Networkの略で、本来公開されているネットワーク上を、
私的な空間みたいに使える技術のことで、実現方法はいくつかのプロトコルがある。 

VPNという単語自体で調べてしまうと、たぶんインターネットVPNではなく、
閉域網の話からはじまるので、ちょっと混乱すると思う。
VPN自体は別に海外政府が、インターネットのアクセス規制をしている国の監視をかいくぐるためにつくられた技術ではなく、
純粋に他人と共有しているネットワーク上で、あたかも専用線みたいに通信したい!という目的のために考えられた技術なので、
説明しようとするとそういう説明になる。 

筑波大学の無料VPNを使う

一つ目の方法は、筑波大学が学術実験でやっているVPNサーバを使う方法。
お金がかからないのがいいところ。 

VPN Gate 筑波大学による公開 VPN 中継サーバープロジェクト

ただし日本国内で準備しないと、中国からこのサイト自体にアクセスできなかった。

インターリンクVPNを使う

インターリンクがセカイVPNってサービスをやってるので、これを契約しましょう。
二ヶ月無料期間があるので、一発目だったらお金はかからない。

セカイVPN いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス- INTERLINK

契約するにはクレジットカード情報がいる。
あとGmail以外のメールアドレス。
これを契約して、メールに書かれた方法で設定してやる。
iPhone/iPadであれば、専用アプリがあるので、ユーザーIDとパスワードを入れれば、設定してくれる。

で、下記の画面が出たらVPN接続成功。おめでとう!
f:id:st43:20181223094728j:plain

一契約で三台同時アクセスが可能。
ただ速度が出ないので、そこだけはストレスだった。

自前でVPNサーバを立てる

この方法は自分でサーバいじれる人向けなんだけど、実はそんなに難易度は高くなさそう。
中国国内からでも構築できないことはないだろうが、ちょっと厳しいかと。

さくらVPSとかを契約しているのであれば、フリーソフトをいれて、
そのサーバ経由のVPN環境を構築する。

myenigma.hatenablog.com
↑とかを見ながらやれば、わりかし簡単にできそう。

速度は4〜5倍になるらしい。
滞在が長いのであれば、こっちの方がよさそう。

余裕があったらVPNを使うとなぜ政府のファイアウォールをすり抜けられるのかとか加筆したい
(了)