四十三庵

蔀の雑記帳

10年間の四十三庵の歴史とオススメ記事(自薦)をまとめました

歴史とオススメ記事をまとめました。
オススメ記事は厳選してもよかったのですが、結構な数になってしまったので、
リストアップした中から、読者の方のアンテナに引っかかったものを読んで頂ければ幸いです。
普通に書いたら、あまりにも長くなったので、要約版を作るかもしれません……

四十三庵の歴史

大雑把にまとめると、2009〜2013年が大学生編で、2014年〜が社会人編です。

2009/3/4

四十三庵をFC2ブログで開設しました。
高校卒業したら、ブログをつくろうとなんとなく思っていました。

2010/8/18

はてなダイアリーに移行。
当時の記事は、移行機能を使って取り込みました。
改行の仕様がFC2とはてなで違うみたいで、改行が死んでるものが多いです。

2010年以前

読む価値がある記事は、手作業で体裁整えていますが、この時期の記事は今読むとうーん、という感じです。
ただ20歳になる前の自分が何を感じていて、何を発信していたかがわかるものなので、残しています。
真面目に突かれると炎上しかねないネタもあるので、問題になったら消します。

基本的には家と大学の往復をしつつ、読んだ本とか気になったまとめサイトのニュースとかの感想を書いてるのが多いですかね。
あとは一人暮らし半年したときのエピソードとか、都内近郊をブラついた話とか。
今と比べると、文章がタチの悪いネット民っぽさがあって、ちょっと嫌。

2011年

アクセス数が増えはじめた時期。
それまで1日2桁台だったアクセス数が、100PVは安定して超えるようになる。
二十歳になって、証券口座が開設できるようになったので、FXもはじめて、投資系の記事が充実しはじめる。

あとブログ的なテクニックで言うと、はてな記法をだんだん習得したっぽい。
あと2010年の終わりにGoogle Analyticsを入れたみたい。
(FC2時代はFC2のサービスでアクセス解析があったので、それを見ていたが、当時のはてなダイアリーはアクセス解析が有料だった)

書くスタイルも結構変わっていて、見出しを「◯タイトル」で記載していたり、 はてな記法の箇条書きスタイルで書いていたり、まちまちですね。
記事の途中に広告入れようとしたときに、これだと章立てを解析できないので、ちゃんとした見出しを使ってほしかったですね……

今調べたら、2010年に233記事、2011年に367記事書いてるんで、
間違えなくこの時期が四十三庵の一番頑張っていた時期ですね。
1日1,000PVを安定的に出せるようになったので、さらなる拡大のためにはてなブックマークやTwitterを頑張ろうとしていたみたいです。

2012年

就職活動が上手くいかず、ブログの更新どころじゃなかった時期。
この年にはじめてスマホ(iPhone)買いました。
ブログの宣伝アカウントとしてはじめたTwitterにハマって、ブログに長文書かなくなったのが、記事数減少につながったかと。

就活上手くいかなかった時期の鬱屈とした気持ちを書いた記事は、
自分自身では辛くなるので、今も読み返そうとはあまり思わないのですが、敢えて非公開にはしていません。

2013年

内定得たあとも、更新頻度は増えませんでしたね……
今思うと、就活関連の記事書いておけばよかったんですが、一切書いてないですね。

Amazonアフィリエイトでハアハア言いながら6000円稼いだみたいです。
今色々いじった結果、過去のAmazonアフィリエイトのリンクが軒並み切れちゃったんで、Amazonアフィの収入はゼロですが、
当時は6000円とはいえ、そこそこ感動だった気がします。
「好き勝手書いてただけのブログが金生んだ!」みたいな。

2014年

SEとして働き始めました。
この辺から経済ネタの感度がガクッと落ちますが、
その分ITリテラシーは高まってきたので、それでトントンという感じですかね。

この時期は「ブログの更新時間」というのを気にしていたみたいで、
なるべく早く、クオリティの高い記事を書けるよう努力していたみたいです。
ブログの終わりに(了)と書き始めたのも、この辺からだと思います。

2015年

ブログ記事からは確認できないですが、2015/1/25にはてなダイアリーからはてなブログへ移行しました。
はてなの移行サービスが優秀だったので、ほとんど問題なく移行できましたが、
このタイミングでGoogle Analyticsの過去データが消滅したようで、はてなダイアリー時代の四十三庵のアクセスが今となってはわからなくなりました。

はてなブログに移行したついでに、サイトデザインを大幅に変更して、 独自CSSを入れ込みました。
ブログのデザインをいじりました - 四十三庵 微調整はしていますが、今の赤タイルのデザインになったのがここからです。

この辺から世間的にもモバイルシフトが進んでいって、PCよりもスマホでブログを見る人の割合が多くなるという現象が発生しました。

2016年

Google Adsenseを導入したのがこの年。
独自ドメインとらなきゃいけなかったり、そのためにはてなブログの有料プラン入らなきゃいけなかったり、Googleの審査あったり、
それなりに大変だったんですが、今はやってよかったと思っています。

就職してから一貫して仕事は順調でしたが、メンタル面では不調でした。
メンタルヘルスを発症するような追い詰められ方ではなかったんですが、上手く言葉で説明できない不快感がずっとつきまとっていました。
仕事以外で文章を書こうという気持ちにあまりならなかったですし、ブログもブログで身バレが怖くなってきたので、あまりバズりたくもなかったです。
個人情報は極力出していないので、ネット→個人特定という流れはほぼ無理だと思うんですが、
知ってる人がブログ読む→個人特定というパターンはありえるし、実際周りにそういう人がいて、怖いなあと思っていました。
(別にバレてマズい内容もないんですが)

2017〜2018年

年間20記事以下まで更新数が減りました。
ほとんどバズる新記事もなく、というかまともに時間かけて書いた記事が、年末の一年の振り返り記事くらいになっていました。
2018/6/13にSSL化(URLがhttpsからはじまるようになった)しました。
正確な時期は覚えていないですが、2017年くらいにモバイル用のデザインを入れました。
f:id:st43:20190609140004p:plain
これです。

2015年くらいから、スマホで読みやすい記事というのは意識していたのですが、
デザイン的な面だと対応できていなかったので、ググって出てきたソースコードを使わせていただきました。
さすがに1000PV/日は保てなくなり、500〜1000PV/日でだんだん下がっていった感じです。
記事の更新もほとんどしていないですし、twitterアカウントも消したので、
Google検索とTwitterがなくても見てくれている一部の熱心な読者くらいしか見ていない状態でした。

2019年

さすがに昔の記事も古くなりすぎて、アクセス数が200PV/日まで落ち込んでいます。
最近はMarkdown形式で書いてます。

プライベートでは、転職をしました。
それを機に、自分の中のブログの位置づけを整理したところ、
たかが個人ブログですし、今見ると納得いかない内容もあるけれど、曲がりなりにも自分が10年間発信してきた記事の集まりであって、
大切にしたいと思うようになりました。
そもそもこの四十三庵自体のまとめ記事を書こうと思ったのも、そういう意識から来ています。

2019/06/08

今に至る。
今年は40記事超えを目標にしようと思っています。
あとnoteにもうちょいtwitterとブログの中間ぐらいの、バズりを狙った記事を書こうかなと考えています。
1000PV復活を目標に頑張っていきます。

オススメ記事

10年間書いた中で、オススメ記事とその概要についてまとめていきます。 各ジャンルの中で、時系列順に紹介します。
四十三庵のジャンルわけは雑なので、分類しづらいものは論考のカテゴリに突っ込んでいます。
このジャンルわけは、ノンジャンルブログで書いている以上、きれいに分類するのは難しいですね……

マネー・経済

学生時代はこのジャンルがほとんどです。

物価・金利・為替をよりよく理解するための小話(2011)

blog.stm43.com もともとは購買力平価説と金利平価説を説明したくて、
そのためのたとえ話として、ブラジルの通貨を持ってきました。
社会人になってから、50代くらいの人が新興国向け投信バンバン買って、バンバン損失出してるの見たので、味わい深いですね。

金と幸せ(2011)

blog.stm43.com この頃からぼんやりと考えてはいたみたいですが、結局社会人になってからより具体的に悩むことになりました。
何のために金を稼ぐのか(2018)

いまさらきけない欧州債務問題(2011)

blog.stm43.com 欧州債務問題なんて、相当今更ですが……

富と権力(2011)

blog.stm43.com 高校時代は歴史好きだったんですが、大学で経済学をやって、
「人類の歴史を富と権力の独占という視点から解釈したらどうだろうか」とふと思ったところから書いた大作。
アクセス数は全くないですが、内容としては独自の視点で書かれていて、よいかなと思っています。
これ書いたあとに経済史とか経済学史とかそういうジャンルの本を読んで、だいたい同じようなことが書いてありました。

リーマン・ショックとはなんだったのか(2011)

blog.stm43.com 経済学部に進んだ一つの動機として、リーマンショックを理解したいというのがありました。
サブプライムローンとはなんだったのか、証券化とはなにか、投資銀行とはなにかを書きました。

平均年収の罠〜○○ホールディングスに気をつけろ〜(2012)

blog.stm43.com 四季報見るときに、持株会社の平均年収の見方は注意しないと相当高めに出るよ、という話。

共産主義がなぜ失敗したのか(2013)

blog.stm43.com 経済学部に進んだ動機その2。
基本的に経済観点から書いています。

証券会社とはなんだったのか(「会社が何故消滅したか 山一證券役員たちの背信」を読んで考えたこと)(2013)

blog.stm43.com 「会社が何故消滅したか 山一證券役員たちの背信」を読んだ読書感想文。

IT

テクノロジーはある。問題はそれをどう使うか。(2011)

blog.stm43.com 書いた当初はまさか自分がIT業界に入るとは思っていなかったですが、
書いている問題意識は今も同じように思っています。

携帯の2年縛りの解約金の正当性についての裁判(2013)

blog.stm43.com 約1万円の解約金が正当化されたことに、未だに納得いってないですが……
今はMVNOがあるので、多少状況はマシになりましたか。

ソフトウェア運用が属人化する一番の理由(2014)

blog.stm43.com 「属人化する理由はエンジニアに引継ぎドキュメント作るインセンティブがないから」という話。

メモ:仕事をはじめてからよく使うショートカット(2014)

blog.stm43.com 今では当たり前にショートカット使うので、メモを見ることもしなくなりましたが、当時はこんなの書いてたんですね。
SEに限らず、パソコン使う機会が多い仕事に着く方々は、この記事に出てくるショートカットキーは使えたほうがいいと思います。
人生トータルで見たときの生産性が相当変わると思います。

SIer(受託開発)がダメな構造的理由(2014)

blog.stm43.com SIに入って考えたこと。
(僕のいた会社はまたちょっと違う状況で、この記事ではSIの一般論をしていますが)

43個の電子書籍サービスを試して感じたこと(2014)

blog.stm43.com 今となってはKindleしか使ってないです。
ジャンプ+、LINE漫画は無料マンガ読むためにいれてます。

モバイル時代が来た(2015)

blog.stm43.com ブログのアクセス解析から、明確にモバイルシフトを感じた回。

Excelに代わるプロジェクト管理ツールを求めて(2016)

blog.stm43.com まあまあバズった記事。
SIerでプロジェクト管理ツールの導入を考えている方は是非ご一読ください。

ドキュメントに関する考えの変遷(2017)

blog.stm43.com 3年間SIerにいて、ドキュメントに対する考えが変わっていった軌跡。

プログラミングを勉強する前に知って欲しいアプリが動く仕組み(2017)

blog.stm43.com 大学の友達にスマホアプリつくりたいって言われて、裏にサーバとかいるんだよ、という話をしたくて書いた記事。

Excelのピポットが使えるようになった瞬間に、世界に光が満ちて、病気が治って、会社の業績が三倍になった(2017)

blog.stm43.com ピボットをピポットって書いてますが、ピボットの使い方を書きました。

文学

三島由紀夫の文章技法(2010)

blog.stm43.com 三島由紀夫の文章について分析した記事。
まだ文学っぽい。

三島由紀夫「豊饒の海」(2014)

blog.stm43.com 読書感想文。

サブカルチャー

最近読んだ小説の感想(2015)

blog.stm43.com 「教団X」とか「狭小邸宅」とかの感想です。

銀杏BOYZとSyrup16g、両ファンの相容れなさについての考察(2016)

blog.stm43.com 銀杏のファンと話していたら、ふと思ったことを書きました。

2016年ハマった音楽(2016)

blog.stm43.com 精神的に最悪だった時期を支えてくれた音楽たち。
[Alexandros]とかゲスの極み乙女。とかEminemとか。

2017年、刺さったマンガの感想を真剣に書く(2017)

blog.stm43.com 「プリンセスメゾン」とか、浅野いにおの「零落」とかの感想を真面目に書きました。

2018年、最近見ている動画の話(2018)

blog.stm43.com 「将来見たときに、「2018年って俺こんなん見てたんやー」と思うための記事です」と書いたとおり、
このとき見ていたYoutuberとかテレビとかを列挙しただけの記事です。

押見修造「血の轍」の不可解なシーンを解釈する(2018)

blog.stm43.com 「血の轍」が3巻までしか出ていなかったときに、ストーリーの解釈を試みた記事です。

2018年に刺さったサブカルチャー(2018)

blog.stm43.com 2018年はもう小説・マンガ・映画・動画をひとまとめにしています。
しかし、こう年ごとに追ってみると、働きはじめてから、露骨に思考レベルが低下していっている感じしますね……

宗教

諸宗教に通底する根本理念について(2010)

blog.stm43.com 大学生の頃に宗教学という講義を受けたので、その際に出したレポートをブログにも公開しました。
かなり長いので、読むときは腰を据えて読んでほしいですが、
「宗教の根本理念=現世の苦しみからの救済」であって、メジャー宗教から新興宗教(オウム・幸福の科学)が、
各々の教義でどのように表現しているかを書いています。

マジメに考えたこと

論理の方向性を左右するものは感情である(2010)

blog.stm43.com 当時ニュースサイトを毎日更新していた、まなめはうすのまなめさんから誉められた記事。 当時は「そんな大したこと書いてないけどなあ……」と思っていましたが、
就職してから、所謂高学歴の人々の中に、少なからぬ人が、
「俺は論理的に正しいものを常に見極められている。少なくとも見極めようとしている。
だから俺は感情の影響をほとんど受けていない」みたいな考え方を持っている、ちょっと危ない人がいたので、そういうのを経験すると感じるものがあるのかなあと思います。

少子高齢化が当面の日本最大の問題であること(2011)

少子高齢化の根本原因、そして対策不可能であること、更にどういう影響があるか(2011)

blog.stm43.com blog.stm43.com かつてのブログのGoogle検索アクセス数でずっとトップだった記事。
あまりちゃんと確認してませんでしたが、コメント欄結構盛り上がっていたんですね。

知識を頭に保存しない危険性(2012)

blog.stm43.com 大学時代から、「思考の整理学」とか茂木健一郎の本とかを読んで、
記憶をほとんどしないスタイルに切り替えたのですが、そのリスクを書きました。

理性と感性の相克について(2014)

blog.stm43.com 元々自分は感性で生きている人間だと思っていたが、大学卒業して就職するにあたり、
理性の世界にどんどん絡め取られていっている不快感があって、書きました。

思ってることをそのまま書けなくなる問題(2015)

blog.stm43.com ブログの初期はホントに好き勝手書いていたブログだったけれど、
だんだんブログの読者ができたり、twitterのアカウントの人間関係ができたり、
角が立つようなことをそう簡単には書けなくなった。

ポジティブな発言の難しさ(2017)

blog.stm43.com 仕事しながら、ポジティブな発言をしないといけなくなって、悩んで書いた記事。
日本の文化的に、ポジティブ発言ってちょっと嘘くさくなりますよね。

生き方・ライフハック

いかにして余は自意識過剰を抜けだして生きやすい自我を手に入れたか(2012)

blog.stm43.com 「中二病と言われることを恐れる自分」からいかにして抜け出したかを書きました。

僕の読書法(2013)

blog.stm43.com 読書方法について書いた記事。

自分中心に生きることを強いられている社会(2014)

blog.stm43.com 就職したての時期に考えたこと。

最強の自宅環境を構築した話(2016)

blog.stm43.com 今見ると、そんなに最強か? という感じですが、今もまだこの机と椅子使い続けています。

炭焼きレストランさわやか攻略法を考える(2017)

blog.stm43.com 御殿場のさわやかに行ったら120時間待ちと言われて、驚いて書いた記事。
地味にアクセス数があります。

エモい記事

理想が人を殺すとき(2016)

blog.stm43.com

左足壊死ニキと遭遇した話と彼の死について(2017)

blog.stm43.com ホームレスを見て思ったこと。
コメントで「左足壊死ニキは死んでいない」という指摘を受けましたが、死亡したというのは下記の情報を元にしています。
【変死】左足壊死ニキ死去…死因切なすぎだろ…(画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ
「足をビニール袋に入れて歩くホームレス」は、僕が会った中でも2人いるので、多分複数人いるんだと思っています。

一人でいること(2018)

blog.stm43.com 学生の頃、「一人でいること」はとてつもなく恥ずかしいことでした。
社会人になって、その「一人でいること」に対してどう思っているかを書きました。

3333人フォロワーがいたTwitterアカウントを消して生活が一変した(2018)

blog.stm43.com タイトルの通りです。
Twitterの蔀アカウントは、当時それなりの発信力は残っていたけれど、惰性感がありました。
人生を何か変えたい、と思っていたときに、とりあえずTwitterとFacebookを消すところからはじめました。
インターネット人格を消して、現実での自分を育てようと思いました。
今思うとこの選択は正解でした。
結局1年ほど考えたあと、純粋なブログ宣伝アカウントとして復活させました。

退屈との戦い(2018)

blog.stm43.com 安定した企業に勤めながら、これでいいのかなあと思っている記事です。

SEとエンジニアの間(2019)

blog.stm43.com 5年間やったSEという仕事に対する思い。

「何もかもができるとしたら、あなたは何がしたいですか?」という問いに対する答え(2019)

blog.stm43.com りっすんブログコンテストに応募した記事。
とあるベンチャー社長から、「本当にやりたいこと」を昔質問されて、答えられなかったけれど、今ならこんな風に答えたい、という話。

ブログ論

あなたの文章は数字を使うと驚くほど読まれなくなる(2012)

blog.stm43.com 今はもうブログ書くときにデータを重視しなくなりましたが、2011年頃は絶対に数字を載せるようにしていました。
「正しく物事を判断する」上では大事なことではありますが、たくさんの読者を得るためにはあまり向いてないよ、という話。

一年以上かけてアフィリエイトで6000円稼いだけどプロブロガーとか無謀だからやめたほうがいいと思った(2013)

blog.stm43.com Google Adsenseが本格的にブイブイ言わせる前は、アフィリエイトは稼ぎづらかった記憶があります。
体感では、10分の1くらいの利益でした。

まず、時間をかければいいものができるという発想を捨てよ(2014)

blog.stm43.com これは今となっては完全に間違えです。
いい記事書くにはそれなりの時間が要るな、と今では思います。

インプットが減るとアウトプットも出せなくなる(2015)

blog.stm43.com 学生時代からやっているブログを、社会人になっても継続して起こったこと。
「まず、時間をかければいいものができるという発想を捨てよ」という記事へのアンサーでもあります。

個人がインターネットで金を稼げる仕組みが求められている(2014)

blog.stm43.com この記事を書いたときを考えると、noteって成長したなと思いますね。

金儲けとインターネットが組み合わさったときクソコンテンツが生まれた(2015)

blog.stm43.com 上の記事への1年後のアンサー。
この頃はNaverまとめが問題になっていましたが、
このあとDeNAのキュレーション問題が騒ぎになったり、Google検索がアフィリエイトブログで汚染されたりというのがあって、
「クソコンテンツ」は無限に増殖した印象があります。

インターネットがつまらなくなった人と、Facebookで楽しそうな人(2015)

blog.stm43.com Facebookの登場で、インターネットの匿名文化が浄化されていって、空気が変わったのを感じている記事。

「バズる」と「炎上する」の境目がどんどん曖昧になってる気がする(2016)

blog.stm43.com 世の中に苦言を呈した記事。

ブログを生活のために書く奴のせいで息苦しい(2017)

blog.stm43.com 上述した、「クソコンテンツ」の増殖について書いた記事です。
こう見るとめちゃくちゃブログ論語ってますね……

個人ブログは死ぬのか(2017)

blog.stm43.com 「昔はインターネットに公開したら一生残るなんて言われたが、実際は情報の海にどんどん消えていく。」

ネタ・煽り

処女厨を論破する文豪芥川龍之介(2011)

blog.stm43.com 「なんで処女じゃないんですか!?」
地味にコメント数一番多い記事かもしれないです。

ソフトバンク内川の畜生発言集(2011)

blog.stm43.com マジで大好き。
この頃と比べたら、横浜DeNAの雰囲気格段によくなりましたね。

原価厨につける薬(原価計算)(2012)

blog.stm43.com 知り合いに原価厨がいたので、彼に読ませるつもりで書きました。

もしも内川聖一がSIerからWeb系企業に転職したら(2014)

blog.stm43.com これも大好きです。
四十三庵の記事で一番好きまであります。
(了)