四十三庵

蔀の雑記帳

iPhone XsからPixel 3aへ機種変更しました

掲題の件、感想を書く。
もし同じ移行をしようとしている人がいれば、参考になったら嬉しい。

なぜ機種変更したか

僕はここ数年、新型iPhoneが出るたびに、現行のiPhone端末を売って、
常に最新機種に格安SIMを刺して使い続けるという運用にしている。

去年iPhoneX→iPhoneXsの移行をした際に、新型が発売されて、新しい端末が購入可能になったあたりで、
iPhoneXの売り値が1〜2万くらい下がる、という経験をした。
そのときふと思った。
「これ、新型発表前にパッと端末売るのが賢いんじゃないか?」

今年は偶然僕の手元にはPixel 3aがあった。
f:id:st43:20190910220725p:plain
「あ、これに移行したらいいんじゃない?」
そう考えた。

iPhone Xsを売った顛末

f:id:st43:20190910220810p:plain
早めに移行しようと思った理由のもう1つに、iPhone Xsの画面を割ってしまっていたこともある。
Apple Careは入っていなかった。
3万かかってもいいから修理したろ! と思ったら、端末自体が曲がっていて、修理できません……と言われる。
本体交換となると、6万ぐらいになるので、じゃあさすがに新端末買いますわ、となった。
画面割れと言っても、気にしなければスマホとしての使用は問題ないレベルだったので、しばらく我慢して使った。

8月末くらいで、メルカリを見ると、スペックにもよるが、だいたい9万円台が相場だった。
買値が13〜15万くらいだと思うので、9万で売り抜けられれば、かなりいい。

ただ画面割れ、というのは、相当大変だった。
まずドスパラ、じゃんぱらに持っていったが、

ドスパラ:買取不可
じゃんぱら:1万8000円

というなかなかの査定だった。

結局相場マイナス2万くらいで売れたが、画面割れがここまで響くとは想像外だった。

データ移行自体は簡単

Pixel 3aはiPhoneからの移行層を狙っているので、iOSからのデータ移行は簡単だった。
Lightning↔USB-Cの変換プラグがついているので、これでiPhoneとPixelを直つなぎしてやって、データ移行。
音楽、写真、アプリなどがPC不要で、簡単に移行可能。
これはすごいと思った。

ただ僕の場合、iPhoneの方が256GBの容量あって、Pixelが64GBなので、全部は移行できず。
仕方ないので音楽だけは移行させることにして、写真は捨てた。
それでも残り1GBを切るくらいになって、移行時間は20分くらい? だった。

ただ、苦しんだのが、SuicaとLINE。

モバイルSuicaが一番手間取った

モバイルSuicaは本気で最悪だった。
まずJR公式の仕様で、iOS⇔Android間の移行を保証していない。

下記の手順を踏むことになった。

  1. iPhoneからモバイルSuica払戻処理をする(手数料200円。これも腹立つ)
  2. Android(Google PayまたはモバイルSuicaアプリ)からモバイルSuica発行手続き
  3. ただし手順2の際に、1と同じ日に行うと、クレジットカード情報やメールアドレスがJR側の基幹系システムに反映されないらしく、登録がエラーになる。
  4. ここでPixel 3aを床に叩きつけそうになる手をおさえる! 悪いのはGoogleではなくJRだ。
  5. 深夜帯に反映されるっぽいので、翌日また手続きを行う。もしViewカードとメールアドレスを2つ持っているなら、そちらで即日手続きが可能。

LINEはトーク履歴移行諦めた

LINEについては、アカウント引き継ぎは簡単だが、トーク履歴の引き継ぎができない。
これはiOSだとiCloudにトーク履歴バックアップして、AndroidだとGoogle Driveで、
互いを行き来する手段がないことに起因する。

特定のトークをテキスト形式などで出力することはできる。
ただトークルーム単位になるので、正直やりたくない……

僕の場合、一時的な移行で、どうせiPhoneに戻るので、
Pixel 3aにいるときの会話データは消えてもいいか、という判断をした。

Google Photoが無制限ではない

Pixelシリーズのウリが、Google Photoが無制限になることらしい。
(知らずに購入した)
ただPixel 3aは、ミドルレンジということもあり、無制限の対象外。

以上が移行で嬉しかったこと・困ったことで、ここからはAndroidについての感想。

ウィジェットは言うほど便利じゃない

Androidのウィジェットが便利、とよく聞いていたが、実際使ってみると、
正直アプリで便利なウィジェットを提供してくれているかに依存しており、
僕が求めている機能ドンピシャのウィジェットがあまりなく、思ったより自由度が低かった。

Apple Musicが使える!

てっきりApple MusicはiOS専用だと思っていたら、Androidでもアプリ入れると使えた。
嬉しいことに、iOSで作っていたプレイリストもそのまま引き継げる。

USB-Cの充電が早い!

充電が早いのが嬉しい。
iPhoneも早くUSB-C化して欲しい。

通知が来ない&タイムラグがあることがある

僕の設定が悪いのか、メールやSMSの通知が来ないことがある。
あとタイムラグがあるときがある。

QUICPayが使いやすい

iPhoneだとQUICPay使うとき、スタートボタンを2回押して、Walletアプリを起動する必要があるけど、
Androidだとスリープ状態で反応するんで、これはこっちの方が使いやすい。

Android特有のジェスチャー

スマホ起動して、すぐカメラ開くのが長らくできないのかと思っていたら、
どうやらスタートボタン2度押しでカメラ起動、更に2度押すとフロント/リアのカメラ切替。

まとめ

雑に書いてきたが、全体的にはPixel 3aでもスマホとして十分な機能はあるかな。
5万円台のスマホでこれだけ使えれば、相当コスパはいい。

iPhoneが高すぎると感じる人の移行先としては、十分アリではないでしょうか。
僕のように端末売るためのつなぎ端末として使うのであれば、素直に中古のiPhone7か8買った方がいいかな……
(了)