四十三庵

蔀の雑記帳

朝会がどうしても苦手なので朝会がどうあるべきか考えてみた

[Advertisement]

朝会(あさかい)。
f:id:st43:20191225111422p:plain
今いる開発チームだと、こんな感じで運用している。

  • 9:30から朝会開始
  • 全チームの全体情報共有から始まる
  • その後個別チームに分かれたら、「今日やるタスク」を宣言する
  • あとなにか困ってることがあれば相談
  • 立ったまま
  • 全体で10分くらい
  • たまに突っ込んだ話になるが、あまり長くなると打ち切って個別に話す
  • 9:30に間に合わなかった人は特に参加しない
  • 宣言したタスクは議事録係が記録して、Slackで展開

朝会っつーかこの運用に問題があるんじゃないかとかそういう話もあるんだろうけど、
すごく上手く行っているわけでもなく、すごくムダなわけでもなく、まあまあ標準くらいで運用されていると思う。

このブログを読んでいる人がIT系の仕事しているとは限らないので補足しておくと、
アジャイルという開発手法があって、その中でダラダラした定例会をやるのではなく、
ショートに朝会という会議体を設けて、メンバーの時間の節約をしつつ、チームの情報共有も測ることが奨励されている。
朝会自体は、アジャイル関係なく、昔からあるものだと思うし、
アジャイルの文脈とは違う形で運用している組織もあるんだろうけど、そういうところでも本記事が役立つかはわからない。

なぜ僕は朝会が苦手なのか

朝会をやる意義はわかっているつもりで、転職前はむしろこういうのやったら生産性あがるんじゃないかと思っている方だったが、
いざやってみるとどうしても苦手だった。
不満を列挙してみる。

朝の集中時間を切られる

僕は午前中の方が集中力を発揮できる朝型タイプで、
基本的には出社した瞬間が生産性のピークで、あとは下がっていく一方というタイプだ。
たかが10分程度の会議体でも、毎日突っ込まれるとかなり邪魔くさい。
朝会で仕事をするリズムをつくる、とかいう謎の主張があるが、これに至ってはもう完全に謎。
お前のリズムつくるためにチーム巻き込むなや、しかない。

毎日仕事してるアピールをしなければならない

正直タスクには波があるので、めちゃくちゃ忙しい日もあれば、「今日やることねーな」みたいな日もある。
やることない日はないなりに、落ちてるタスク拾うなり何なりするのだが、
朝会でタスク共有するタイプだと、何かしらタスクを発表しなければならない。
繁忙期なら毎日これやります、あれやりますと勢いよく言えるのだが、
閑散期でかつ転職してJoinしたばっかだと、「今日めちゃ暇です……」と正直に言うわけにもいかず、何か言わないといけない。

もちろんマネジメント的には、「各自で自律的にタスクを見つけて、宣言させる」という目的があるので、
僕がプレッシャーを感じるのは、仕組み的には正しいのかもしれない。
まあただ感情的な面で、ちょっと嫌な感じがする、というだけ。
立場的な問題でもあんのかもしれない。

人のタスク聞いてもあまり広がりがない

理想は、
「こういうタスクをやろうとしています。こういう手法で行こうと思います」
「そのタスクなら、その手法より、こっちの手法の方が楽じゃない?」
「あ、その方法は知りませんでした。試してみます」
みたいな広がりが生まれることなんだろうけど、朝会の粒度だと、そこまで広がらない。

全体的に、朝の貴重な時間使ってまでやることかこれ、というのが僕の感想。

朝会の基本

「アジャイルサムライ」では、第10章でミーティングについて書かれている。
その中で、「デイリースタンドアップミーティング」として、
必須ではないが、チームの情報共有を促進させるグッドプラクティスとして紹介されている。
そこで個々人が報告すべきことは、

  • 昨日やったこと
  • 今日やること
  • チームの開発速度を下げてしまうことがあれば何でも

の3つとされている。
これはちょっと堅苦しい表現方法で、アジャイルっぽい表現になおすと、

  • 昨日、世界をどう変えたのか
  • 今日は何をぶちかますつもりか
  • 不運にも自分の行く手を阻んでしまったばかりに、あえなく吹き飛ばされるさだめとなった難問がどんな末路をたどるのか

となる。
僕の今のチームだと昨日やったことは省略されている。

そもそも朝会ってなんでやんだ

「朝会って必要ですか?」と聴くと、色んな意見が出てくる。
「絶対必要ではないが、やった方がいい」という人と、「ムダじゃね?」という人とにわかれる。
絶対必要・絶対不要とも言い切れないところがある。
論点については、下記のQiita記事でよくまとめられている。

「朝会」といってもどうやら流派が存在するらしいので整理してみた

  • 情報共有をするのが目的
  • 問題発見解決をするのが目的
  • 一日のリズムを作るのが目的

「一日のリズムを作る」派はホントにやめてほしい。
実際のところ、コミュニケーションの場になっているパターンもあり、
情報共有にも問題解決にもなっていないが、とりあえずチームで何となく話す場になっているのでヨシ、みたいな現場もあるだろう。

メタ認知と共有が足りない

結局今の現場で問題なのが、チームメンバー内で朝会をする目的についての共有ができていないところなのかな〜と思う。
なんかふわ〜と朝会して、情報共有&コミュニケーションで終わっとるな、という感じ。
メタ認知的に自分らの日々のタスクを検討して、目的を明確にして、後から入ってきた人にも共有できる形で残しておくとよいのか。。。
(ドキュメントになんのかな)
(了)