四十三庵

蔀の雑記帳

2020/3のコロナショックをまとめる(〜2020/03/13)

当初はリーマンショックの日足を振り返る記事を書こうと思っていたんだけど、
どうも10年前の日足がきれいに見れるようなサービスというのがないようで。
後から振り返るときに困るので、コロナ(covid-19)関連も残しとこうかなと思いました。

ざっくり時系列

日時 できごと
2020/1/30 中国・武漢で新型肺炎の流行が報道され始める
2020/2/1 武漢市からチャーター便で帰国した日本人の中から、新たに3人の感染が確認される
2020/2/16 東京マラソンの一般参加中止など、各種イベントが中止になる
2020/2/27 日本政府が、今後2週間のスポーツ・文化イベント、中止や延期を要請
小中高の臨時休校が決定
2020/3/11 アメリカ政府が、欧州からの入国制限を決定。
※欧州からの入国禁止措置は米東部時間13日深夜(日本時間14日午後)から30日間で、適切な検査を受けた米国人は対象外

詳しくは、
【2月まとめ】新型コロナウイルスの感染者・ニュースを時系列で振り返り

中国、日本、ヨーロッパ、アメリカで感染拡大の時系列がズレており、
アジアでは2月の時点で感染拡大は終わっている印象だけど、
欧米では3月入ってから一気に感染拡大が来たような印象。

感染者数/死者数の推移

以下Bloombergがソース。

f:id:st43:20200315103009p:plain

f:id:st43:20200315102314p:plain

米株

f:id:st43:20200315101454p:plain

最高値が29,568ドルで、最安が21,154ドルなので、30%くらい消し飛んだ計算になる。

日経平均

f:id:st43:20200315105359p:plain

|日時 |できごと |

日付 終値 前日比
2020年3月13日 17,431 -1,129 -6.08
2020年3月12日 18,560 -856 -4.41
2020年3月11日 19,416 -451 -2.27
2020年3月10日 19,867 168 0.85
2020年3月9日 19,699 -1,051 -5.07
2020年3月6日 20,750 -579 -2.72
2020年3月5日 21,329 229 1.09
2020年3月4日 21,100 17 0.08
2020年3月3日 21,083 -261 -1.22
2020年3月2日 21,344 201 0.95
2020年2月28日 21,143 -805 -3.67
2020年2月27日 21,948 -478 -2.13
2020年2月26日 22,426 -179 -0.79
2020年2月25日 22,605 -781 -3.34
2020年2月21日 23,387 -92 -0.39
2020年2月20日 23,479 78 0.34
2020年2月19日 23,401 207 0.89
2020年2月18日 23,194 -329 -1.40
2020年2月17日 23,523 -164 -0.69
2020年2月14日 23,688 0 0

為替

f:id:st43:20200315105929p:plain
f:id:st43:20200315110014p:plain 為替は円高が進んだっちゃ進んだのだが、株に比べるとそこまで激しくなかった印象。
株が急激に下がった後、ゆっくり為替が反応する感じ。

その他

WTI原油が32.97ドル
金が1,529ドル
ビットコインが56万円くらい

原油が下がったのは別件だったけども、今回の暴落はヘッジするものがあんまなかったのが特徴ですかねえ。
全般的に下がった印象があります。

学び

今回の暴落では僕はポディションを持たないで過ごしたので、痛手は負わなかった。
トレンドの転換点が一番キツいので、そこから逃げられたのはよかったと思う。

僕個人の学びとしては、2018〜2019年の「根拠のない上げ相場」の方がキツかった。
僕から見れば上がる理由がなく見える相場だったが、予想を裏切ってグイグイ上値を伸ばしていった。
今振り返ってみると、米欧日と超緩和政策を継続していて、
米経済も絶好調だったので、むしろ下げる理由がなければ上がる、と思うべきだった。

投資をし始めたのが、2011年からで、思えばアベノミクス(2013年)から2020年は、
僕がはじめて経験する好景気相場だった。
相場が堅調に上昇する、というのが感覚的に馴染まないらしかった。

年スパンの上昇トレンド・下降トレンドをうまく判断しないと、
常に下目線でいると、トレンドが反転した瞬間に損失出すなと感じた。

トレンドの転換を読む、というのは多分一番難しいところで、
特に僕は別に学生時代みたいに相場に集中できるわけではないし、
相場に張り付いていたとしても読み間違える可能性は高い。

今の僕の考えだと、金は本業で稼いで、投資はあくまでサブなので、
こういう暴落を避けつつ、上手いことトレンドに乗って年利10%くらいを保って行けたらと思っている。

コロナは正直完全に最初過小評価していたが、
それは多分大半の相場参加者も同じだったのだろう。
大規模イベントに一ヶ月程度影響が出るが、3月末くらいには完全に終息して、
「あれ何だったんだろうな」と振り返るくらいになると思っていた。

後付けで考えるなら、
感染流行対策で渡航禁止令が出たり、学校休みになったり、実体経済への影響が出始めたのが二月末くらいなので、
その時点で暴落が来ることを予想しておくべきだった。

ただやはり危機というのは、いつも少しずつ違う形で来るので、過去の歴史から学んでいるだけだと、
その少しの違いで大きな判断ミスを犯すことになる、と感じた。

関連

blog.stm43.com