四十三庵

蔀の雑記帳

EvernoteからNotionに移行したのでやったことと感想書きます

f:id:st43:20200605180443p:plain

EvernoteはEvernoteでいいツールでしたが、Notionに乗り換えました。

目次

移行作業でやったこと

EvernoteからNotionに乗り換えたら、離れられなくなった話|のぐちひろき|note ここを見ながら移行しました。
簡単なので、見る必要もなかったかも。

  • インポートボタン押しただけで、ほぼなし(!)
  • Databaseのアイコンを変更
  • テンプレートを編集
  • タグづけ

Evernoteのノートとの互換性はほぼ100%とれているみたいで、
表のレイアウトが崩れるのはさすがにありましたが、大きな崩れはそのぐらいでした。

……データの中身は完璧だったのですが、
EvernoteのAPIのせいなのか、Notionのせいなのかは不明ですが、
古いノートが取得漏れる、というのがありました。
2015年より前の作成日のノートはとれなさそうで、必要なものだけ手動でサルベージしました。
⇒これよく調べてみたら、2015年で切れているわけではなく、
 そのノートブックでは日経のサイトの記事をEvernoteに保存したノートがあったんですが、
 これでインポートが終わっていたみたいです。
 (他のノートブック見たら2013年頃のノートちゃんと移行できてた)

いいとこ

とりあえず何も考えずお試しで触っていただければすぐに「このアプリは違う」というのが感覚的にわかると思います。
芸術的で、直感的に使える素晴らしいツールです。
ソフトウェアを使って久しぶりに感動しました。

細かいメリットを箇条書きしていくと、

なんといってもカンバンでも見れる柔軟なView

f:id:st43:20200606120819p:plain
僕がNotionが気になったきっかけが、このカンバン方式で見られるViewです。
Evernoteのノートブックは、Notionだとデータベースという概念で扱われます。
Evernoteの方がノートの集合体として直感的ではあるんですが、
Notionはデータベースなので、様々なViewで見ることが可能です。

表で見ることもできる、カード表示にすることもできる、カレンダーでも、カンバンでもOK。
最初ちょっと難しいなと思ったんですが、慣れるとものすごい可能性に気付きました。

Notion – The all-in-one workspace for your notes, tasks, wikis, and databases.

このテンプレートギャラリーの表現力を見てください。
wikiにもなる、チェックリストにもなる、表にもなる、ブログみたいにも書ける、カンバンでも出せる……

なんというか、人間の思考を拡張してくれるツール、という感じがしませんか?

アイコンやカバーを設定することを想定したUI

テンプレートを見てもらうとすぐ気づくと思うんですが、
Notionはタイトルに絵文字が入るので、パッと見でわかりやすいんですよね。

Evernoteでももちろん自主的に同じことはできると思うんですが、
Notionはそれを文化的にユーザーに薦めているので、面白い。
アートへの意識が強い会社らしく、カバーのテンプレートにも印象派の絵や宇宙の写真があって、めちゃくちゃ美しいです。

この辺りのアートとソフトウェアの融合感は、Appleに近いものがありますね。

Markdownが効く

これが嬉しいですね。
コピペもできるので、たとえばNotionで書いたMarkdownを、
はてなブログにコピペしたら、それがそのままMarkdownとして読まれます。

複数ウィンドウで開く

これ、Evernoteではできないと思っていたんですが、いじっていたら、Evernoteでもできました……
最初タブになるからできないのかと思ってました。

悪いとこ

気になったところをいくつか。

ショートカットがない→Favoriteがほぼそれ

Evernoteのショートカット(任意のノートをサイドバーに表示するやつ)は便利だったんですが、
Notionだとそれに相当するのがFavoriteになります。

データのダウンロードは不可

Evernoteの有料プランだと可能だったんですが、Notionだと明確に不可です。
ノート数が多かったので、ちょっともたつく感じがします。
オフラインで見たいようなものってそんなにないので、必要があれば別ツールに保存する運用がいいのかと。

テンプレートでノートをつくれない

テンプレートをどう使いこなすかが、Notionを使いこなす鍵だと思うんですけど、
僕はイマイチ使いづらさを感じています。
というのも、テンプレートを使ってデータベースをつくることはできるんですが、
ノートをつくるときにテンプレートが選択できないからです。

Start with a template

f:id:st43:20200606120025p:plain
何を言ってるのかというと、↑これができないんです。
いや正確にいうと、Evernoteから移行したデータベースでノートをつくるとできません。
テンプレートからデータベースを作成すると、画像のように選択ができます。

Evernoteの感覚だと、ノートをつくるときに使うのがテンプレートなんですが、
Notionだとノートブック単位でテンプレートがあって、更にノートブックの中にテンプレートをつくる感じになります。

ノート数/文字数がわからない

Word数は見れます。
昔はブロック数?というのが見れたらしいのですが、
無料ユーザーへのノート作成量の上限撤廃のタイミングで見られなくなっています。

検索機能が(Evernoteに比べると)弱い→対応済?

本文中検索できない と書かれてたけど、今やってみたらできた。

日本語対応がイマイチ

直感的に使えるのでそんなには困らないのでは、と思うものの。

Apple Pencilが使えない

EvernoteだとApple Pencilで書ける機能があったんですけど、Notionは非対応。

Evernoteへの不満

Evernoteもいいツールで、何年も課金してでも使ってきたので、それなりに愛着もありました。
けどここ数年、進化が止まってしまっている感じはしていました。

有料会員の退会で、使えなくなる機能一覧を見せられたんですが、
f:id:st43:20200605180633p:plain
正直この中で嬉しいのってオフラインで使用できるところだけでした。
ノート履歴見られるのも昔は嬉しいと思ってたんですが、
結局履歴見てなんかするってあんまりなかったです。
(もちろん見れた方がいいとは思うんですが……)

正直お金払ってる理由が端末二台までしか同期できない縛りの解消と、
「ソフトウェアに関わる人間として、いいプロダクトにはちゃんと金出して育てていこう」みたいな精神だったので、
なんかずっと不満はありました。

まとめ

そんなわけで、Notionへの移行記事でした。
(了)